アイヌ民族の歴史 榎森 進(著) 他


Highslide JS

アイヌ民族の歴史 榎森 進(著)

「アイヌ! と只一言が何よりの、悔辱となって憤怒に燃ゆ – 言葉本来の意味は久しく忘れられて、ナンたる悔辱の代名詞になってゐることであらう」  *違星北斗 遺稿 コタンより

違星の生きた時代は、「アイヌ」という言葉は、本来の意味から遠くかけ離れ差別用語となっていたが、平成の今、果たして完全に払拭されているだろうか・・・。
各地の集会で小声で耳打ちするように「あの人、アイヌよ ・・・ 」と、未だに時として耳にするその響きからは、程度の差こそあれ不快感を覚える。

小中学校時代に、偏見や差別でつらい思いをしたことがあるだろうか!
それも一時的なものでは無く、教師も含めクラスの大半、いや学校中から来る日の来る日も。

同級生を平気で差別するよな思考は、社会全体の根強い差別感があるからこそ、大人や周りの影響を受け、子供なりの言葉や行動として表れるもので、自らの意思で自然にでるものではない。
いつの時代も、子は大人の行動をよく見ている。


Highslide JS

アイヌ民族の歴史 榎森 進(著)

「北海道には歴史ながない?」
是非、一読を!

違星 北斗(いぼし ほくと、男性、1901年(明治34年) – 1929年(昭和4年)1月26日)はアイヌの歌人・社会運動家。

北海道後志支庁余市町に生まれ、肺結核により満27歳(数え29歳)の若さで病死。アイヌ民族三大歌人の一人で「アイヌの石川啄木」と称される。

アイヌアイヌ民族三大歌人 :

違星 北斗バチェラー八重子(バチェラーやえこ)、森竹竹市(もりたけ たけいち)

ふと子どものことを考えていると、親として心に強く訴えかける詩を思い出し、神谷美恵子著作集を本棚から取り出した。


Highslide JS

子どもについて:Kahlil Gibran詩集

Kahlil Gibran(ハリール・ジブラーン / カリール・ジブラン)詩集「預言者」から、『子どもについて』
佐久間 彪訳も良いのですが、神谷美恵子訳も美しく、特に母親にはズシンと胸に響くのでは。

 

子どもについて

赤ん坊を抱いたひとりの女が言った。

どうぞ子どもたちの話をして下さい。

それで彼は言った。

あなたがたの子どもたちは

あなたがたのものではない。

彼らは生命(いのち)そのものの

あこがれの息子や娘である。

彼らはあなたがたを通して生まれてくるけれども

あなたがたから生じたものではない、

彼らはあなたがたと共にあるけれども

あなたがたの所有物ではない。

あなたがたは彼らに愛情を与えうるが、

あなたがたの考えを与えることはできない、

なぜなら彼らは自分自身の考えを持っているから。

あなたがたは彼らのからだを宿すことはできるが、

彼らの魂(たましい)を宿すことはできない、

なぜなら彼らの魂は明日の家に住んでおり、

あなたがたはその家を夢にさえ訪れられないから。

あなたがたは彼らのようになろうと務めうるが、

彼らに自分のようにならせようとしてはならない。

なぜなら生命はうしろへ退くことはなく

いつまでも昨日のところに

うろうろ ぐずぐず してはいないのだ。

あなたがたは弓のようなもの、

その弓からあなたがたの子どもたちは

生きた矢のように射られて 前へ放たれる。

射る者は永遠の道の上に的(まと)をみさだめて

力いっぱいあなたがたの身をしなわせ

その矢が速く遠くとび行くように力をつくす。

射る者の手によって

身をしなわせられるのをよろこびなさい。

射る者はとび行く矢を愛するのと同じように

じっとしている弓をも愛しているのだから。    (神谷美恵子訳)

何も言わずもがな。
説明などを必要としない、心に染み入る詩です。

雨11:05 気温/5.7℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • ベタ雪によってBS・CSが映らない!2017年11月12日 ベタ雪によってBS・CSが映らない! (受信障害のでたアンテナ.image: […]
  • あいぬ物語2013年12月22日 あいぬ物語 ここ二日ほど朝方の気温が氷点下10℃を下回っています。 今日(冬至)の最高気温予想は-5℃。これから年明け1月の大寒に向けては寒さが最も厳しい厳冬期。 集中して読書などをするフリーな時間は、どうしても外気温がグングン下がり始める午後10時を過ぎてからになる。そこで活躍す […]
  • 霧の女神 【フクジュソウ】2015年3月21日 霧の女神 【フクジュソウ】 例年より雪解けが進んでいます。 先週の暴風雪で庭先には木々の枝が飛び散り、未だ荒れ放題のまま。 先週の暴風雪で荒れた庭先 その中で陽当たりの良い場所では雪も無くなり、早春を告げるフクジュソウが開花。 庭先の一番花:福寿草 フクジュソウは霧の […]
  • 知里幸恵 [ちりゆきえ]2008年5月13日 知里幸恵 [ちりゆきえ] 午前中、旭川市立北門中学校を訪れました。 旭川市立北門中学校 もちろんお目当ては同校の「知里幸恵資料室」「郷土資料室」の見学です。 知里幸恵文学碑 校内に入るとすぐ左手に「知里幸恵文学碑」が目につきます。 → 知里幸恵文学碑 […]
  • ガンガン寺2012年7月21日 ガンガン寺 午前4時30分:気温12.5℃ 午後4時05分:気温24.3℃ まずまずの晴天の土曜日ですが、十勝岳連峰は雲に覆われ全く姿は見えません。 庭先ではサマーソング(鉢植え)の2番花が開き始め、通路脇のザ・ピルグリムは6月下旬に咲き始めて未だに咲き続けています。 […]
  • チノミシリカムイノミ2008年5月24日 チノミシリカムイノミ アイヌ民族の伝統儀式「チノミシリカムイノミ」(聖なる地でのお祈り)が旭川郊外の嵐山で行われました。 「アイヌ文化の森・伝承のコタン」 嵐山 → 伝承のコタン QTVR映像 → チノミシリカムイノミ […]
  • 遠野物語2011年4月5日 遠野物語 遠野物語:柳田國男全集第2巻 久しぶりに柳田國男全集第2巻の遠野物語を開いていると、中から17年前に訪れた岩手県遠野市のメモ書きが出てきました。 今回の地震では、遠野市は幸いにも被害が比較的少なかったようですが、市をあげて避難者の受け入れや被災地の復旧に携わ […]