チノミシリカムイノミ

アイヌ民族の伝統儀式「チノミシリカムイノミ」(聖なる地でのお祈り)が旭川郊外の嵐山で行われました。


Highslide JS

「アイヌ文化の森・伝承のコタン」 嵐山

→ 伝承のコタン QTVR映像
→ チノミシリカムイノミ QTVR映像

このカムイノミの儀式は毎年この時期にアイヌ文化への理解を深めてもらおうと、旭川アイヌ協議会などの主催で開かれており、今年は第33回目。

どこのアイヌの村にも必ずチノミシリ「我らが祈る山」があり、旭川では嵐山をチノミシリと言っています。

【チノミシリ】(ci-nomi-sir 「われら・祭る・山」) アイヌ語


Highslide JS

カムイノミ(祈りの儀式)

神聖な雰囲気が漂う新緑の木々で覆われたコタンで静かに儀式が始まり、ポロチセ(poro-chise)の中で、いろりを囲み神酒をイナウ(木幣)にかける儀式に始まり、チセの外へ出て神々に祈りをささげた。
また、クーチンコロとアイヌ民族で旭川木彫り熊の祖と言われる松井梅太郎の顕彰碑にも酒を供えられました。

 
【チセ】(chise)= 家
     → チ(ci)= 我ら、セツ(set)= 寝床
 
  *ポロチセ(poro-chise)
     → ポロ(poro)=大きい、チセ(chise)=家
     コタンを統一する村長の家
 
旭川竜谷高等学校郷土部 近文地方における住居 より) アイヌ語

→ チノミシリカムイノミ儀式 QTVR映像
→ チノミシリカムイノミ儀式 QTVR映像


Highslide JS

ムックリの哭がコタンに木霊します。


Highslide JS

踊りが披露されました。

そして、伝統楽器ムックリの哭がコタンに木霊し、山の神や土地の神に一年の無事を祈る、ツルの舞「チカップウポポ」や動物の霊を送る舞「イヨマンテウポポ」が始まり、踊りと歌声が嵐山に吸い込まれて行きました。
最後に、一般の方々も踊りの輪の中に加わり一つになりました。

→ アイヌ民族 踊り QTVR映像
→ アイヌ民族 踊り QTVR映像

*******************************************************************
そして今年も「アオバズク」が1羽。
「アイヌ文化の森・伝承のコタン」近くのミズナラの巨木を見上げると、枝分かれした新緑の葉陰にアオバズクが一羽。みじろぎもせずに留まっています。


Highslide JS

アオバズク

以前、アイヌ記念館の川村兼一館長のお話で、“フクロウは十数種類いて、アイヌではシマフクロウは「コンタクルカムイ(国をつくった神様、村の守り神、神の鳥など)」と言われていますが、アオバズクは旭川では「アフンラサンペ」、「あの世の化け物」:「アフン」は「あの世」で「ラサンペ」は「低い心」で、昔アイヌに悪いことをしたようです。”と言うお話がありました。
また阿寒湖に生息するマリモは「トーラサンペ」、「湖の魔物」と言う意味だそうです。

毎年このアオバズクの飛び立つ季節になると、羽ばたく瞬間を撮影するためにミズナラの下はカメラマンで埋め尽くされます。

もう戻らねばならない時間が近づいています。

隣の北邦野草園の入り口周辺だけ手短に見て帰ることに。
ところが、あっと言う間に顔から手足を虫に刺されました。
とにかくこの辺りは虫が多く、特にブヨには要注意です。

これからの時期、野草園観察は虫除けスプレーは必携なのですが、必ず効能を確かめてブヨに効くかどうかチェックしてください。
蚊成虫除けのみのスプレーでは全く効果がなく役に立ちません。
もちろん長袖・長ズボンは基本。
更に刺されやすい方・虫刺されで腫れ上がる体質の方は、顔を覆うネット付の帽子なども用意された方が良いでしょう。

 
アオバズク
アオバズクは、渡り鳥で、フクロウの繁殖が終わった5月頃から姿を見せます。
黒褐色の頭巾をかぶせたような頭と黄色の目が特徴的なフクロウ。
フクロウ類の中では最も一般的で、日本へは夏鳥としてほぼ全国的に渡来する。
平地や山地の樹洞に巣をつくり、夜間に飛び回って、昆虫類やカエル、小鳥やコウモリなどを捕食する。
青葉の映える5月ごろから見られることからこの名がある。
鳴き声がフクロウの鳴き声と間違う人も多いが、「ホッホッ、ホッホッ」とアオバズクの鳴き声は、2音づつ区切って鳴くのが特徴。
 
 和名:  アオバズク
 英名:  Brown Hawk Owl
 学名:  Ninox scutulata
 綱 :  鳥綱
 目 :  フクロウ目
 科 :  フクロウ科
 全長:  30センチ前後
 主な体色:  褐色
 鳴き方:  ホッホー
 嘴(くちばし)の形状:  鋭く湾曲
 嘴の色:  黒色
 冠羽:  ない
 脚色:  黄色
 季節:  5月~9月

晴れ11:40 気温/22℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 知里幸恵 [ちりゆきえ]2008年5月13日 知里幸恵 [ちりゆきえ] 午前中、旭川市立北門中学校を訪れました。 旭川市立北門中学校 もちろんお目当ては同校の「知里幸恵資料室」「郷土資料室」の見学です。 知里幸恵文学碑 校内に入るとすぐ左手に「知里幸恵文学碑」が目につきます。 → 知里幸恵文学碑 […]
  • あいぬ物語2013年12月22日 あいぬ物語 ここ二日ほど朝方の気温が氷点下10℃を下回っています。 今日(冬至)の最高気温予想は-5℃。これから年明け1月の大寒に向けては寒さが最も厳しい厳冬期。 集中して読書などをするフリーな時間は、どうしても外気温がグングン下がり始める午後10時を過ぎてからになる。そこで活躍す […]
  • 霧の女神 【フクジュソウ】2015年3月21日 霧の女神 【フクジュソウ】 例年より雪解けが進んでいます。 先週の暴風雪で庭先には木々の枝が飛び散り、未だ荒れ放題のまま。 先週の暴風雪で荒れた庭先 その中で陽当たりの良い場所では雪も無くなり、早春を告げるフクジュソウが開花。 庭先の一番花:福寿草 フクジュソウは霧の […]
  • 遠野物語2011年4月5日 遠野物語 遠野物語:柳田國男全集第2巻 久しぶりに柳田國男全集第2巻の遠野物語を開いていると、中から17年前に訪れた岩手県遠野市のメモ書きが出てきました。 今回の地震では、遠野市は幸いにも被害が比較的少なかったようですが、市をあげて避難者の受け入れや被災地の復旧に携わ […]
  • 上川神社 [パワースポット]2011年1月12日 上川神社 [パワースポット] 道内各所で毎日のように今期一番の寒さを更新しています。 それにしても今朝も寒い。 凍てつく庭先 今日はやっと自由な時間がとれる日で、昨年末から上川神社(旭川市神楽岡公園)へお参りに行く予定をたてていた当日で、地元「美瑛神社」へは3日(月)の空き時間に初詣を済ませて […]
  • ご当地検定合格発表2011年12月15日 ご当地検定合格発表 この1週間はまとまった雪が降り除雪に追われる毎日でしたが、今日も朝一番は雪はねから始まりました。 重たい雪に汗だく! 昼休みのほんの一瞬の晴れ間を見つけ庭先へ飛び出し、2度目の雪はね開始。 昨夜は-1℃と気温が高かったので雪が重たい。サラサラ雪なら楽なのですが、長 […]
  • アイヌ文化の森 【伝承のコタン】2008年4月27日 アイヌ文化の森 【伝承のコタン】 嵐山公園にある「アイヌ文化の森 […]
3 Comments
  1. Pingback: 旭川市博物館 | 美瑛町360日

  2. どうもありがとうございます。

    mariさんの言われるように本当にみんなに知ってもらいたい。
    特に道民の方々に再認識してもらいたいものです。

    また他にも知ってもらいたいところが北海道には多くあります。
    地元の案内で始めたblogも、毎年同じ内容ばかりで代わり映えがしませんが、気長にお付き合いください

  3. 偶然立ち寄らせて頂いたのですが、本当に美しい映像、センスの良いwebに、ついあちこち見させていただきました。地元民です。

    最近旭山動物園で、急に観光客が増えてしまいましたが、こういうところこそ、みんなに知ってもらいたいなと思います。

    書き込み失礼いたしました。

コメントを残す