上富良野町開拓記念館

本州では猛暑の続くなか、連休後半から北海道では愚図ついた雨模様の天候となり、今週末まで晴れ間が期待できそうもありません。

今日は先日19日(土):昼の空き時間に訪れた「上富良野町開拓記念館」をご紹介します。
QTVR作成をしている時間が無く今日まで延びてしましまいた。


Highslide JS

上富良野町開拓記念館 館内展示室

 
 上富良野町開拓記念館は、1897年(明治30年)田中常次郎一行が当地に入植以来、開基100年を記念し、建設された。
 この建物は、1926年(大正15年)の十勝岳噴火災害からの復興を成し遂げた当時の村長、吉田貞次郎の住宅を解体復元したもので大正泥流の被害を受けながらも、現在まで残存した建築物として大変貴重なものである。
(上富良野町教育委員会)

当館は上富良野市街の北側に位置する開拓記念館で、同町には町中心部に同様の資料館として「上富良野町郷土館」があります。

ここ開拓記念館では上富良野村長を勤めた吉田貞次郎、及び十勝岳大噴火に関する資料などを中心に展示されており、大災害となった大正泥流や、現在までの噴火の歴史を記録した貴重なVTRは必見です。

記念館前の広場のラベンダーも綺麗に手入れされており見頃を迎えていました。
十勝岳噴火関連の記録等は逐次ご紹介して行きます。

 
十勝岳噴火の歴史
 
紀元前240年頃  グラウンド火口噴火
            火砕流が白金温泉付近まで流下
1670年頃    中央火口丘噴火
           望岳付近まで溶岩が流下
1857年頃    火脈・黒煙(安政4年)
1887年頃    黒煙・降灰(明治20年)
1926年頃    大正泥流発生(大正15年)
          死者・行方不明者144名
1962年頃    中央火口丘南側湯沼付近で噴火(昭和37年)
          死者・行方不明者5名
1988年~89年  小噴火(昭和63年 ~ 平成元年)
           小規模な降灰・泥流発生

 
月影にて出足す。堅雪の上の歩行はどれども、辷(すべ)りてまろぶこと各数度、四つ過(午前10時頃)「ビビ」の麓に出で、ここにて回頭すれば、山半腹にして火煙燃立ちて黒煙天にさし上るをを見る。
 (「石狩日誌五月二十三日」 松浦武四郎
 
※ 安政四年(1857年)五月に武四郎が残した十勝岳噴火の様子が記録として残されている最初のもの: 当時は十勝岳は「ビビ」岳と呼んでいたようです。
************************************
【ピエヌプリ】(十勝岳) アイヌ語地名
 piye-nupuri = 美瑛の・山 (松浦武四郎図)
 
永田地名解によると、「イワウ・ヌプリ」
 iwau-nupuri = 硫黄山
 と書かれており、イワウヌプリの称もあったのであろうか。
 十勝岳のアイヌ時代の名ははっきりとしないものが多い。
(「北海道の地名」 山田 秀三著より)

→ 上富良野町開拓記念館 QTVRパノラマ映像
→ 上富良野町開拓記念館:入り口(受付) QTVRパノラマ映像
→ 上富良野町開拓記念館:館内展示室1 QTVRパノラマ映像
→ 上富良野町開拓記念館:館内展示室2 QTVRパノラマ映像

【上富良野町開拓記念館 ご案内】
◎開館日  : 4月1日 ~ 11月30日 (月曜日、祝祭日:休館)
◎開館時間 : AM9:00 ~ PM4:00
◎入館料  : 無料
◎住所   : 北海道空知郡上富良野町草分
◎電話   : ℡/Fax : (0167)45-6882


     

雨16:10 気温/18℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 遠野物語2011年4月5日 遠野物語 遠野物語:柳田國男全集第2巻 久しぶりに柳田國男全集第2巻の遠野物語を開いていると、中から17年前に訪れた岩手県遠野市のメモ書きが出てきました。 今回の地震では、遠野市は幸いにも被害が比較的少なかったようですが、市をあげて避難者の受け入れや被災地の復旧に携わ […]
  • 江差町 [江戸の歴史と文化を伝える]2008年8月2日 江差町 [江戸の歴史と文化を伝える] NHKの大河ドラマ篤姫もいよいよ面白くなってきましたが、松前町を後にして悲運の徳川幕府軍艦「開陽丸」を目指し江差町へ向かいます。 江差町は北海道の南西部に位置し、北海道文化発祥の地ともいわれ、江戸期のニシン漁最盛期には「江差の五月は江戸にもない」といわれるほどの繁栄を極め […]
  • 上川神社 [パワースポット]2011年1月12日 上川神社 [パワースポット] 道内各所で毎日のように今期一番の寒さを更新しています。 それにしても今朝も寒い。 凍てつく庭先 今日はやっと自由な時間がとれる日で、昨年末から上川神社(旭川市神楽岡公園)へお参りに行く予定をたてていた当日で、地元「美瑛神社」へは3日(月)の空き時間に初詣を済ませて […]
  • 北鎮記念館 [旭川市]2011年7月23日 北鎮記念館 [旭川市] 今年一番のシャラの花が咲きました。 今日は朝から半袖では肌寒いほどのひんやりとした清々しい風が吹き抜けています。 庭先に清々しい風が吹き抜けています。 風に揺れる秋明菊 昨日出先の帰りに少し時間があったので、平成19(2007)年6月に、国道40号沿にリ […]
  • 旧陸軍第七師団美瑛演習場2008年7月10日 旧陸軍第七師団美瑛演習場 昨夜皆さんとの会話のなかで、美瑛のトーチカの話がでました。 小高い丘の上にある鉄筋コンクリート造りの建築物「監的所」のことです。 地元では「監的壕」と呼んでおり久しぶりに見に行くことにしました。(注:個人の所有地) 道路反対方向から見た茂み(個人の所有地) […]
  • チノミシリカムイノミ2008年5月24日 チノミシリカムイノミ アイヌ民族の伝統儀式「チノミシリカムイノミ」(聖なる地でのお祈り)が旭川郊外の嵐山で行われました。 「アイヌ文化の森・伝承のコタン」 嵐山 → 伝承のコタン QTVR映像 → チノミシリカムイノミ […]
  • 追記) 陸軍水道跡2009年4月5日 追記) 陸軍水道跡 「陸軍水道跡」て何ですか・・・? ドーム型のコンクリート建造物(水道貯水槽) 美馬牛周辺のフルスクリーンパノラマ映像内の「陸軍水道跡」についてお問い合わせをいただきました。    美馬牛周辺 フルスクリーンパノラマ ※ […]
One Comment
  1. Pingback: 成人の日 | 美瑛町360日

コメントを残す