丸山のシダレヤナギ

昨日の予報ほどではありませんが粉雪が舞う寒い日曜日となりました。
今、午後2時30分の気温は2.5℃。

どこへ行っても、ふと目に付き惹かれる木があるとすぐに立ち止まる癖がありあります。昨日の帰り道に撮った丸山公園(正面左手)にあるシダレヤナギの雪解け後の姿からご覧いただきます。
ここは足繁く通うところで、よく見るとまた痛みの激しいところが目立ってきました。


Highslide JS

シダレヤナギ (丸山公園内)

痛みが激しいというと、自宅庭先のサクランボの古木がこのところキツツキに痛めつけられています。


Highslide JS

穴だらけのサクランボの木

ぐるりと一周見て回ると、穴の中から何かが出てきそうな気になります。

古来より木に対する信仰の深い日本人にとって「」はかけがえのない大切な存在でした。
美瑛町には二股神社内(二股共栄)のミズナラの木に彫り込まれた「立木観音(文化財)」と呼ばれる観音様があります。(現在では損傷が著しく姿も判然としない。)

この年になると周りの木々を見る目がガラリと変わっている自分が存在し、そしてごく自然に日本の栄枯盛衰を見守ってきた巨樹巨木に足が向くようになってきました。

町の外れには「森の神様」と呼ばれるカツラの巨木(森の巨人たち100選 / 推定樹齢:900年)があります。

10年ほど前に初めて訪れた時のその圧倒的な存在感。
眼前の視野いっぱいに迫ってくるその姿は、コンパクトカメラで撮影しようとしても全く収まらなかったのが印象的で未だに鮮明な記憶として残っています。
それ以来何度となく訪れるのですが、普段は写真も撮らずに木の周りをただぐるぐると歩くだけ。かなり痛々しいところも神様の体には多く見受けられますが、以来10年が過ぎても堂々たる姿には未だ変わりはありません。

巨木はいざ写真に撮ろうとすると、そのあまりの大きさと枝振りなどでどこから撮って良いものやら素人ながら迷うものです。
撮影するといってもフォトコンテストなどには全く興味のない私ですので、記録として残すだけの写真が撮れればよく、パノラマ写真での保存方法は横着な私には相性的にもまさにピッタリでした。たしかに写真を繋ぎ合わせる手間こそありますが、その時代の一断面だけではなく、周りの空気まで伝わってくるようで今も続けています。

わが家の庭先にも樹齢50年を迎える木々が何本かありますが、このところのキツツキの出没回数には思わず「突くのを止めてくれ!」と言いたくなります。
木々の一本一本に観音様が御座すようで。

 
 運慶が護国寺の山門で仁王を刻んでいると云う評判だから、散歩ながら行って見ると、自分より先にもう大勢集まつて、しきりに下馬評をやつてゐた。
                       ・
                       ・
                       ・
 「能くあゝ無造作に鑿(のみ)を使って、思ふ様な眉や鼻が出来るものだな」と自分はあんまり感心したから独言の様に言つた。
するとさつきの若い男が、 「なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんぢやない。あの通りの眉は鼻が木の中に埋まつてゐるのを、鑿と槌の力で掘り出す迄だ。丸で土の中から石を掘り出す様なものだから決して間違ふ筈はない」と云つた。
 
 自分は此の時始めて彫刻とはそんなものかと思い出した。果たしてそうなら誰にでも出来る事だと思い出した。それで急に自分も仁王が彫つてみたくなつたから見物をやめて早速家へ帰つた。
                       ・
                       ・
                       ・
※ 第六夜 [夢十夜より 夏目漱石]

※ 森の神様 その他美瑛町の(有)名木の一部をパノラマ写真にまとめておきました。
バックに丘の風景を伴わないと相手にもされず、観光マップにも載ることのない丸山公園のシダレヤナギですが、美瑛にお越しの際はぜひご覧になってください。
有名で無くとも名木の一本です。


Highslide JS

シダレヤナギ [丸山公園内]

   美瑛町の(有)名木 フルスクリーンパノラマ
※ 右上地球儀アイコンで地図開閉:地図内青色ボタンでパノラマ切替

雨14:30 気温/2.5℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • シダレヤナギ2008年7月16日 シダレヤナギ 皆さんよくご存知の、セブンスターの木、ケンとメリーの木、哲学の木 ・・・ […]
  • 森の神様 [胡桃沢(くるみざわ)]2009年1月9日 森の神様 [胡桃沢(くるみざわ)]  フルスクリーンパノラマ この時期は大雪山系のなかでも旭岳周辺と十勝岳温泉方面に出かけることが多く、今日は旭岳への案内を済ませた後、先日に続き天人峡方向へ向かうことに。 旭岳・天人峡の分岐点から天人峡温泉方面(松山林道:道道213号)へ約3.5㎞ほど進むと、「森の神 […]
  • シャマイクルチセ [丸山公園]2008年6月28日 シャマイクルチセ [丸山公園] JR美瑛駅正面から一直線に延びる丸山通を直進すること約1㎞、交差点左手奥に鬱そうとした茂みの小山が見えてきます。 丸山公園(シャマイクルチセ)です。 丸山公園 アイヌ名で「シャマイクル(文化神)のチセ(家)」と呼ばれていた美しい小山で、神の居場所として崇高された処が […]
  • 楡の木2011年3月31日 楡の木 歩くとザクザク悲鳴を上げる霜柱! 午前6時:気温マイナス2℃、庭先では雪割りをして地面がむき出しになったところには霜柱が立っています。 庭先 周りが明るくなり出すとグングン気温が上昇。 庭先も雪割り作業でグチャグチャの状態になっています。 24 […]
  • ジャガイモの花 見頃2008年7月3日 ジャガイモの花 見頃 先週末よりジャガイモの花が開花を始めています。 今日の明け方はまだ青空も顔を出していましたが、徐々に雲が広がり今夜からは雨の予報がでているだけに蒸し暑い日となりました。 ジャガイモの花 […]
  • 憩ヶ森公園展望台2008年5月12日 憩ヶ森公園展望台 美瑛町を一望できる展望台: 憩ヶ森公園 […]
  • 雪に埋もれた美瑛町2009年1月17日 雪に埋もれた美瑛町  フルスクリーンパノラマ      フルスクリーンパノラマ:朝:同時点から 昨日からフルピッチで除雪・排雪作業がくり返されています。 除雪・排雪作業フルピッチ 至るところに大型除雪車 朝からJR美瑛駅まで出かけましたが、どこの通りも大雪後の象徴で […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*