旧神居古潭駅舎[きゅうかむいこたんえきしゃ]

旧神居古潭駅舎

旭川への買い物帰り:
3年ぶりに紅葉時期の神居古潭へ寄り道をしてみました。
紅葉もピークを少し過ぎたあたりで、久しぶりの晴れ間に木々も生き生きとしてます。

旧神居古潭駅舎
ここは神居古潭にある【旧神居古潭駅舎:きゅうかむいこたんえきしゃ】です。
昭和44年9月30日、函館本線の納内~伊納駅間がトンネル化されたことにより、この神居古潭駅は廃駅となりましたが、明治期の数少ない貴重な駅舎建築の姿を残しており、平成元年に廃駅時の姿形をもとに復元されました。
当時走っていたSLも保存されており、SLマニアにもお勧めの地です。

旭川市指定文化財にもなっており、典型的な小規模駅舎建築であると同時に、明治期における西洋建築意匠導入時の特徴を残す数少ない現存例となっています。


(1926年(大15)の様子:「北海道大観」 港湾協会北海道支部)

現在駅舎は旭川サイクリングロードの休憩所にもなっており、渓谷沿いの約15㎞のサイクリングコースは旭川中心部の常磐公園まで繋がっています。

住所) 〒078-0185 旭川市神居町神居古潭

旧神居古潭駅舎 QTVR映像[4.6MB]
保存されているSL QTVR映像[3.6MB]
神居古潭スライドショー [2004年10月8日]

 
【カムイコタン】 アイヌ語地名
  カムイ・コタン = 神の・居所
 
カムイコタンはだいたいは人間の寄りつきにくい処にあった。
人間が不躾(ぶしつけ)にそこに踏み込んだら、お怒りに触れるのは当たり前である。そう言う意味で危険な場所にあった。
(「アイヌ語地名の輪郭」 山田秀三著 より)

晴れ12:40 気温/14℃

コチラの記事も!

  • 神居古潭2007年1月3日 神居古潭 (神居古潭 image:biei.info) 札幌へ行く途中、神居古潭に立ち寄りました。 積雪量の少ないこの冬ですが、古潭周辺も例年よりかなり少ない。 冬場で橋の手前で通行止めになっており、訪れる人もなくシーンと静まり返っていました。 ※ […]
  • 神の住む里 「神居古潭」2004年9月23日 神の住む里 「神居古潭」 (神居古潭.image: […]
  • 上川神社 [パワースポット]2011年1月12日 上川神社 [パワースポット] 道内各所で毎日のように今期一番の寒さを更新しています。 それにしても今朝も寒い。 凍てつく庭先 今日はやっと自由な時間がとれる日で、昨年末から上川神社(旭川市神楽岡公園)へお参りに行く予定をたてていた当日で、地元「美瑛神社」へは3日(月)の空き時間に初詣を済ませて […]
  • 上富良野町開拓記念館2008年7月22日 上富良野町開拓記念館 本州では猛暑の続くなか、連休後半から北海道では愚図ついた雨模様の天候となり、今週末まで晴れ間が期待できそうもありません。 今日は先日19日(土):昼の空き時間に訪れた「上富良野町開拓記念館」をご紹介します。 QTVR作成をしている時間が無く今日まで延びてしましまいた。 […]
  • 木綿屋男山本家 男山株式会社2007年1月4日 木綿屋男山本家 男山株式会社 (男山酒造り資料館 image:biei.info) 粕汁の大好きな我が家。 定期的に「板粕」を買いに男山さんに出かけます。 300年以上の歴史と文化を継承し、日本を代表する北海道旭川市の酒造メーカーです。 当日はVR撮影をさせていただきました。 → […]
  • 緑の相談所 [ロマンチック街道]2008年9月7日 緑の相談所 [ロマンチック街道] プラタナスの並木から神楽岡公園内へと歩き始めました。 旭川市内には、大小合わせて約400ヶ所もの公園があり、市民の憩いの場として、またスポーツやレクリエーションの場として広く親しまれています。 ここ神楽岡公園は、市内中心部にある常磐公園が平坦地であることに対比し、丘 […]
  • 北鎮記念館 [旭川市]2011年7月23日 北鎮記念館 [旭川市] 今年一番のシャラの花が咲きました。 今日は朝から半袖では肌寒いほどのひんやりとした清々しい風が吹き抜けています。 庭先に清々しい風が吹き抜けています。 風に揺れる秋明菊 昨日出先の帰りに少し時間があったので、平成19(2007)年6月に、国道40号沿にリ […]
One Comment
  1. Pingback: シャマイクルチセ [丸山公園] | 美瑛町360日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*