知里幸恵 [ちりゆきえ]

午前中、旭川市立北門中学校を訪れました。


Highslide JS

旭川市立北門中学校

もちろんお目当ては同校の「知里幸恵資料室」「郷土資料室」の見学です。


Highslide JS

知里幸恵文学碑

校内に入るとすぐ左手に「知里幸恵文学碑」が目につきます。

→ 知里幸恵文学碑 QTVR映像


Highslide JS

知里幸恵  知里むつみ所蔵

1903年(明治36年)、登別に生まれた知里幸恵

幸恵は19年という短い生涯のうち、6才から19才までの約13年間を旭川で過ごしました。
その彼女が旭川で生活していた場所が、現在の
旭川市立北門中学校のあるところ。

このことを後世に伝えるために、学校関係者はもとより地域の方々の協力のもと、1990年(平成2年)には校舎前庭に「知里幸恵文学碑」が建立され、1997年(平成9年)には校内の一角に「郷土資料室」が、そして2007年(平成19年)に「知里幸恵資料室」が整備されたとのことです。

予てから楽しみにしていただけに、どの写真や資料を見てもしばし釘付けになります。


→ 知里幸恵資料室 QTVR映像
→ 知里幸恵資料室 QTVR映像

北海道に移り住むまでは、アイヌ関連の本などあまり読まなかったわれわれ夫婦が移住後に出会った一冊の文庫本。
タイトルは「アイヌ神謡集」:もう12年も前のことです。

この神謡集は1922年(大正11年)3月、19歳の幸恵が母語をローマ字で、その翻訳を優麗な日本語で綴り残したのもです。

岩波文庫本は見開き左綴じという装丁で、左ページに母語のローマ字表記、右に日本語訳が掲載されています。
また編訳者の知里幸恵という響きの良い名前が非常にさわやかで新鮮な気分にさせてくれました。

 
「銀の滴(しずく)降る降るまわりに 金の滴降る降るまわりに。」という歌を私は歌いながら流(ながれ)に沿って下り 人間の村の上を通りながら下を眺めると昔の貧乏人が今お金持になっていて 昔のお金持が今の貧乏人になっている様です。
                       ・
                       ・ 

あまりにも有名なアイヌ神謡集冒頭の物語「梟の神の自ら歌った謡」の書き出しです。

しかしそれ以上に感動を呼ばずにおかないのは、その「序」。

 
「その昔この広い北海道は、私たちの先祖の自由の天地でありました。
天真爛漫な稚児の様に、美しい大自然に抱擁されてのんびりと楽しく生活していた彼等は、真に自然の寵児、なんという幸福な人たちであったでしょう。・・・・・」

と、幸恵の怒りと切々と祈るがごとく綴ったその言葉で始まる序文は身震いがします。

※ アイヌ神謡集「序」
※ アイヌ神謡集

このアイヌ神謡集が生まれる転機となったのが、15歳の時に出会った金田一京助

1918年(大正7年)に旭川郊外の近文(ちかぶみ)部落を訪れた金田一京助を泊めた縁から、自ら書き始めた「アイヌ神謡集」の出版の話が進み、1922(大正11)年5月に上京し、金田一家に寄寓しながら校正作業にあたるが、その年9月、心臓病で急死。
享年19歳3ヶ月という若さでした。

また自分の思いを胸が張り裂けんばかりに綴った幸恵の日記。
編集者から、「言わなければ知られずに済むのに、何でアイヌなんて言うのか」との言葉に対して憤慨し反発しています。

 
「(前略)同じ人ではないか。
私はアイヌであったことを喜ぶ。私がもしかシサムであったら、もっと湿ひの無い人間であったかも知れない。アイヌだの、他の哀れな人々だのの存在をすら知らない人であったかも知れない。しかし私は涙を知ってゐる。(後略)」

知里幸恵に関しては多くの学者や評論家など専門家の方々が研究され論表されていますが、我々のようなずぶの素人が惹きつけられる訳は。

自分さえよければが大手を振り、家族ですら崩壊しつつある昨今に於いて、命がけで守るものを私も・あなたもはたして持っているだろうか?
年若きアイヌ女性から学ぶべきことが山積しています。

北海道に移り住み遅ればせながら手にした一冊の文庫本。

その美しい日本語の中に潜んでいる本質や意味を推しはかることができてこそ、今なお続く「アイヌ民族」にかかわる諸問題と向き合うことができるのではないでしょうか。

※ 日記「七月十二日 晴、終日涼」


Highslide JS

知里幸恵

 
【知里幸恵の略歴】:1903年(明治36年) – 1922年(大正11年)
 
大正時代のアイヌ文化伝承者。
北海道幌別生れ。旭川区立女子職業学校卒業。
死後、1923年(大正12年) 「アイヌ神謡集」出版。
北海道幌別のアイヌ村長(コタンコロクル」の家柄。
知里高吉の長女、母はナミでユーカラの語り手金成(かんなり)マツの妹。
知里高央(たかお)・知里真志保(ましほ)の姉。
金田一京助の家に寄寓しているときに急死。
 
1903年 登別に生まれる。
1907年 弟、高央が誕生。この頃、祖母モナシノウクと2人暮らしを始める。
1909年 弟、真志保(アイヌ言語学者)誕生。
       旭川へ転居し、金成マツと祖母と3人暮らしを始める。
1910年 小学校へ入学するが、9月にはアイヌの児童が集まる小学校が開校し、そこに移る。
1917年 旭川区立女子職業学校へ入学。
1918年 金田一京助と出会う。(彼女:15歳の運命の出会い)
1922年 5月、東京の金田一宅に住み始めるが9月に亡くなる。
1923年 没後「アイヌ神謡集」(東京郷土研究社)が出版される。
1975年 東京から登別に改葬される。


(「アイヌ語地名を歩く」 山田秀三著 知里博士との出会いより.image: 北海道新聞社.)


Highslide JS

晩年のマツ(左) 金田一京助(中) 妹ナミ  知里むつみ所蔵

*******************************************************************

そして郷土資料室へ。


Highslide JS

「あいぬの話」序 (金田一京助) : 知里幸恵資料室


Highslide JS

活発な活動を続ける北門中学校 郷土史研究部の皆さん

アイヌ民族の女性で長い間教員を務められた荒井和子さんが寄贈されたものをはじめ、
貴重な写真、資料、生活用具などが多数展示してあります。

また資料室では、旭川市文化奨励賞など数々の受賞歴を誇る同校郷土史研究部の皆さんの熱心な活動ぶりも紹介されていました。

この貴重な写真や資料を一目見るために、日本はもとより海外からも見学者が訪れるとのお話でした。素晴らしい時間をありがとうございました。

→ 郷土資料室 QTVR映像
→ 郷土資料室 QTVR映像
→ 郷土資料室 QTVR映像


晴れ時々曇り10:50 気温/21℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 近文アイヌ2005年12月31日 近文アイヌ 川村カ子トアイヌ記念館 […]
  • 金成(かんなり)マツノート2006年8月12日 金成(かんなり)マツノート アイヌの遺産「※金成マツノート」の翻訳打ち切りへ:    アイヌ民族の英雄叙事詩・ユーカラが大量に書き残され、貴重な遺産とされる「金成(かんなり)マツノート」の翻訳が打ち切りの危機にある。言語学者の故・金田一京助氏と5月に亡くなった萱野茂氏が約40年間に33話を訳した。 […]
  • チノミシリカムイノミ2008年5月24日 チノミシリカムイノミ アイヌ民族の伝統儀式「チノミシリカムイノミ」(聖なる地でのお祈り)が旭川郊外の嵐山で行われました。 「アイヌ文化の森・伝承のコタン」 嵐山 → 伝承のコタン QTVR映像 → チノミシリカムイノミ […]
  • 旭川市博物館2009年1月29日 旭川市博物館 旭川市博物館は、旭川市大雪クリスタルホール内にあります。 車の点検に旭川日産自動車まで出かけ、点検時間を利用して旭川市博物館へ向かいました。 予てからこの機を利用して、昨年(2008年11月1日)リニューアルオープンした旭川市博物館を見学するのを楽しみにしていま […]
  • あいぬ物語2013年12月22日 あいぬ物語 ここ二日ほど朝方の気温が氷点下10℃を下回っています。 今日(冬至)の最高気温予想は-5℃。これから年明け1月の大寒に向けては寒さが最も厳しい厳冬期。 集中して読書などをするフリーな時間は、どうしても外気温がグングン下がり始める午後10時を過ぎてからになる。そこで活躍す […]
  • 霧の女神 【フクジュソウ】2015年3月21日 霧の女神 【フクジュソウ】 例年より雪解けが進んでいます。 先週の暴風雪で庭先には木々の枝が飛び散り、未だ荒れ放題のまま。 先週の暴風雪で荒れた庭先 その中で陽当たりの良い場所では雪も無くなり、早春を告げるフクジュソウが開花。 庭先の一番花:福寿草 フクジュソウは霧の […]
  • 遠野物語2011年4月5日 遠野物語 遠野物語:柳田國男全集第2巻 久しぶりに柳田國男全集第2巻の遠野物語を開いていると、中から17年前に訪れた岩手県遠野市のメモ書きが出てきました。 今回の地震では、遠野市は幸いにも被害が比較的少なかったようですが、市をあげて避難者の受け入れや被災地の復旧に携わ […]
6 Comments
  1. Pingback: 旭川市博物館 | 美瑛町360日

  2. Pingback: 神々のうた 大地にふたたび | 美瑛町360日

  3. ありがとうございます。
    6月6日(金)に旭川市立北門中学校で行われた第18回「銀の滴降る日 集い」には行けなくて残念でした。
    あまり活発に動き回ることはできませんが、専門家で無い者の目で幸恵さんの関連情報も増やして行ければと思っています。

  4. 検索サイトからたどりつきました。
    はじめてコメントを寄せさせていただきます。
    私は、北海道で生まれ育ちましたが、東京に移り住んでから知里幸恵さんのことを詳しく知り、関心を寄せています。
    「郷土資料館」へはまだ行ったことがないため、画像・映像を見せていただき、うれしく思いました。

  5. 人を勇気づけ励ますのも言葉、傷つけるのも言葉。
    まさにkeijiさん言われる「文字の力」
    使い方を誤らないよう私も気を引き締めます。

  6. 文学はからきしダメな私、知里幸恵さん知りませんでした、、、
    その一節を拝見すると、映像では表現出来ない文字の力を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*