積雪荷重 [雪の重さ]

今日は二十四節気のひとつの「大寒
ところが昨夜から気温が氷点下にならずプラスのまま。午後2時の気温は2.8℃とプラス温度の大寒は初めて。

「ドドドド・・・・ 」と午前中から頻繁に周りの建物から落雪音が聞こえてきます。


Highslide JS

亀裂が入り、あっという間の恐ろしい落雪!

毎年道内でも落雪の下敷きになり亡くなる事故が絶えません。

 
午前11時 ~ 午後2時頃、気温が -3℃ ~ +3℃ になるような日は
落雪” や ”つらら落下” の危険が増し要注意です。

それでは積雪荷重はどのくらいあるのか?
まずはお復習いとして小中学校で習う「水の重さ」とは:

 
※ 水 1L (リットル) = 1,000cc (1辺10cmの立方体) = 1㎏
※ 水 1L (リットル) = 10 dL (デシリットル) = 1,000mL (ミリリットル)
※ 水 1,000 L (リットル) = 1,000kg = 1トン
   
 水1立方メートルの重量は、1ton (トン)
 1立方メートル [縦・横・高さが1メートルの体積(容量)]

*********************************************************

【ここで混同し易い 質量と重量 について】
 
・引力の作用の有無にかかわらず存在する「物質のもともとの量」が質量
単位はkg(またはg)水1リットルは1kgの質量
 
・地球が物体を引き付ける力(万有引力)が重量
1kgの質量の物体が、地球から引かれる力の大きさを1kg重
(われわれが日常使う重さは、正確には「・・kg重」と言わなければならないが、地球上では数値が同じになるので一般使用では「重」を省略している。
 
※ 水1,000リットルの質量は1000kg(1トン)で、月でも地球でも変わらない。
この水は地球では1,000kg重の重さですが、月では引力が1/6になるので、166.66・・kg重の重さとなる。
 
質量は物質そのものの量、重量・重さは、その物体にはたらく引力(重力)の大きさなのです。

温度差による誤差は無いものとして、水1立方メートルの重量は1トンもあります。

さて雪の重さは:
建築基準法で決められている積雪の重さは、積雪が1cmの場合1平方メートルあたり、2kg以上と決められています。 (屋根の勾配により緩和規定がある)

そして雪の質によっても違ってきますが、1立方メートルの雪の重さは、『新雪』で 50~150㎏、『しまり雪』の場合は 250 ~ 500㎏ にもなります。

落雪した屋根の雪は、しまって30㎝ほどになっていた。
と言うことは、雪1平方メートルあたりの重さは75 ~ 150㎏ になります。

この屋根の面積が20坪と仮定すると、20坪 = 約66平方メートル。
66平方メートル × (75~150㎏)=4,950 ~ 9,900kg
積雪30㎝程で「約10トン」近いの荷重が屋根全体にかかっていることになります。もちろん風向きなどで屋根全体に均等の厚さで積もることは希で、厚く積もるところや薄いところなどまちまちで、建物にかかる力も一箇所に大きな力がかかっていることの方が多いはずです。

このような雪が加速度をつけて屋根から落ち、下敷きにでもなれば一溜まりもありません。まさに気温の高い日は、滑らないように足下に気をつけつつ、屋根も見ながら歩けです。

豪雪地帯の新潟や東北では同じ積雪量でも、こちらの何倍もの重さになるため、北海道以上に屋根の雪下ろしは欠かせません。
この時期に地震でも起きたら! 考えただけでもゾッとします。

※ 町の表情


Highslide JS

買い物帰り!


Highslide JS

散歩!


Highslide JS

散歩!


Highslide JS

帰り道で!

曇り14:00 気温/2.8℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 篠突く雨 [しのつくあめ]2010年7月24日 篠突く雨 [しのつくあめ] 今日まで7月の日照時間は何時間あっただろうか? ここ数年7月になると毎年のように連日雨が降り続く年が続いています。 本州から美瑛町に移り住む前は、「北海道には梅雨は無いから!」と言われて来たものですが、どっこい『蝦夷梅雨』なるものが存在することを知り、特にここ数年は毎年 […]
  • 代替エネルギー2009年9月4日 代替エネルギー 緑化もエコの大事な要素 今朝は気温が10.5℃まで下がりました。 間もなく朝晩はストーブの出番となりますが、無駄遣いはしないようにしています。 「みんなで止めよう温暖化」 チャレンジ25キャンペーン […]
  • エコタワシ2009年3月23日 エコタワシ 近年叫ばれるC02削減など、地球に環境に優しいエコ生活の実践。 地球上でも大都市に住むわれわれほど地球に傷つけながら生活しているのでしょうね。 エコ生活をしましょう! 私たちの母や祖母の時代は工夫をした生活が常でした。 その今忘れかけられている大切なもの(教えを)を […]
  • 口にタコ!2009年11月11日 口にタコ! よく降りました! 一度融けた雪も、昨夜からの雪で今朝は一面真っ白。 朝方メジャーを差し込むと15㎝ほど隠れてしまいます。 気温は1℃と高めのため、ずっしりと湿気を含んだ重たい雪です。 小雪の降る中、午前10時前に用事で町中まで出かけると、路面は至る所グチャグ […]
  • 地上デジタル放送の受信状況2010年4月5日 地上デジタル放送の受信状況 雪解け進む:庭先の福寿草! 少しずつ雪解けが進み、ブログの更新を忘れかけた頃の新規投稿となりました。 先月(3月)は2月の積雪量を上回るという、3月としては記録的な雪が降りました。 そしてすでに4月に入り、もう入学・始業式。 先月地デジアンテナの訪問販売の話 […]
  • 不快な静電気!2011年12月31日 不快な静電気! 大晦日のJR美瑛駅前 昨夜は風が吹き荒れていましたが、昼前より青空が広がり始め穏やかな大晦日となっています。 さてこの時期は車の乗り降り、ドアノブなどに触れる時、そしてなかでも不愉快になるのが衣類を脱ぐたび、パチパチと発生する静電気の存在。 極寒の北海道で […]
  • 集団同調性バイアス2009年8月28日 集団同調性バイアス 無灯火! 自宅へ戻る黄昏時。 相変わらずこのような状況でも前照灯をつけている車は皆無に近い状態。時折点灯している車にすれ違ってもスモールランプのみ。 私には白系統の車でなければ識別が難しい程の周りの環境ですが(それも近づかない限り)、他のドライバーだけがハッキ […]

コメントを残す