羽衣の滝 [厳冬期]

今朝は道内枝幸町歌登で-25.5℃を記録するなど冷え込んではいますが、全道的には暖冬傾向のこの冬です。(自宅の外は、午前6時:-10.5℃)

今日は東川町に行く予定があり、以前から寄り道をして厳冬期の羽衣の滝へ向かう計画をしていました。
まずまずの天候に恵まれ、用事を済ませて天人峡温泉へと向かいました。

天人峡トンネルと抜けるとすぐ左手に公共駐車場があります。
ところが到着すると工事が行われており駐車することができません。仕方なくトンネル手前まで引き返し、こちらの駐車場に車を止めトンネル内を歩いて温泉街へ向かいました。

天人峡温泉

 フルスクリーンパノラマ           厳冬期 羽衣の滝スライドショー

シーンと静まりかえった温泉街に、忠別川の流れと、時折走ってくる車の音がやけに大きく響き渡ります。
羽衣の滝へ向かう散策路は、天人峡温泉街の一番端に位置する天人閣の横からスタートします。


Highslide JS

羽衣の滝へ向かいます!

散策路入り口から20mほど靴の足跡がついていましたが、さすがに雪の少ない冬と言えどツボ足ではムリとここまでで引き返したようです。
この日の散策路は通行止めや雪崩に対する注意は出ていません。とは言え原生林の中に入り込む以上は、すべて自己責任で進むことになります。


Highslide JS

積雪が深くなっていました!

四季を通して何度も来ている場所ですが、特に冬場は危険に対して鈍感になってはいけません。散策路を進むにつれ積雪が深くなり、膝まで埋まりながらラッセルして進む箇所も多くありました。
長さ1.3mのストックが挿すところによってはスッポリと沈んでしまいます。
脇には雪に覆われた忠別川の水面が覗いています。

散策路

 フルスクリーンパノラマ

散策路

 フルスクリーンパノラマ            紅葉の頃フルスクリーンパノラマ

途中散策路をふさぐように小山ができています。小さな雪崩の跡です。


Highslide JS

ラッセツをしながら進む

機材を持ちながらラッセルを交代しながら進みます。
間もなく羽衣の滝の見える場所です。

近づくにつれ滝の音が聞こえます。
この冬はまだ完全氷結していないようです。

滝を見るには小さな橋を渡らなければなりません。橋の上に積もった雪をかき分けながら反対側まで進むと冬の羽衣の滝の全貌が現れました。


Highslide JS

厳冬期の羽衣の滝

それにしても滝に着くまでの雪の白さが際だっていました。  
これほど美しい雪景色はここ数年お目にかかったことがありません。

 厳冬期 羽衣の滝スライドショー

羽衣の滝

 フルスクリーンパノラマ            紅葉の頃フルスクリーンパノラマ

   羽衣の滝(Flash) バーチャルツアー

美瑛の丘も素晴らしい。
しかし渓谷沿いの原生林内散策は美瑛の丘以上にわれわれにとっては最高のフィールドなのです。

 
【羽衣の滝】(アイ・シ・ポプ・ナイ)アイヌ語地名
 ay-si-pop-nay = 細流・が本当に・沸騰する(ような)・川
 
旭岳の南斜面約6㎞落差1000mの間を流れ落ち、川尻はポロソ(大滝:羽衣の滝 270m)となって忠別川に注ぐ。 (旭川近郊のアイヌ語地名30 より)

晴れ時々曇り11:50 気温/-8℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 羽衣の滝 [天人峡温泉]2008年6月12日 羽衣の滝 [天人峡温泉] 自宅から片道約32㎞:東川町「天人峡温泉(てんにんきょう ・・)」へ向かいました。 JR美瑛駅前よりひたすら道道213号を走り、西神楽1線 → 志比内(しびない) → […]
  • 羽衣の滝2008年10月8日 羽衣の滝 自宅周辺の紅葉の名所も終盤を迎えています。 土砂崩れで長い間通行を制限されていた天人峡温泉「羽衣の滝(日本の滝百選のひとつ)」までの散策路が先月から通行できるようになり、今日は案内を兼ねて紅葉狩りに出かけました。 旭岳が姿を現し始めました。 明け方は濃い霧に包 […]
  • 森の神様 [胡桃沢(くるみざわ)]2009年1月9日 森の神様 [胡桃沢(くるみざわ)]  フルスクリーンパノラマ この時期は大雪山系のなかでも旭岳周辺と十勝岳温泉方面に出かけることが多く、今日は旭岳への案内を済ませた後、先日に続き天人峡方向へ向かうことに。 旭岳・天人峡の分岐点から天人峡温泉方面(松山林道:道道213号)へ約3.5㎞ほど進むと、「森の神 […]
  • 道内最高峰 [旭岳]2008年9月11日 道内最高峰 [旭岳] 気温は高めですが、快晴の木曜日。 案内を兼ね、北海道の最高峰「旭岳(2,291m)」へ向かいました。 昨日から十勝岳連峰が抜けるように美しく自宅からも姿を見せています 天候にも恵まれ、車で1時間弱のところにある旭岳温泉へ。 走行ルートは、美瑛中心部 → […]
  • 旭岳 [旭岳温泉から登る]2008年9月12日 旭岳 [旭岳温泉から登る] 姿見駅から旭岳の麓に噴煙をあげている爆裂火口の右手に小さな小屋が見えます。 この旭岳石室の前にあるのが姿見の池。 われわれは時間が限られているので、計画書を出し時間の許すまで旭岳山頂近くまで行くこととし、予定時間になれば引き返すことにしました。 登山をせずに、ここ […]
  • 敷島の滝2008年10月13日 敷島の滝 「もう紅葉はあまり期待できないと思います。」 しかしどうしても行ってみたいと、この秋二度面の天人峡温泉へお伴することになりました。 現地に着くとすでに裸木こそ目立ちましたが、名残の紅葉を十分に楽しむことができました。そしてせっかく来たのだから、東洋のナイアガラ「敷島の滝 […]
  • 外国樹種見本林(旭川)2009年1月3日 外国樹種見本林(旭川) 今日は旭川市神楽の美瑛川右岸に位置する国有林「外国樹種見本林」をご案内します。 ここは旭川市民の憩の場でもあり、見本林入り口に隣接された三浦綾子記念文学館があるところとしても知られ、ご存知「氷点」の舞台となったところです。 四季折々に美しく、特に冬場の林内はスノーシ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*