華やぐ春_第二弾 【北邦野草園】

旭川市を代表する自然の森として保護されている嵐山公園は近文山(223m)東斜面、及び嵐山(253m)一帯の自然公園です。
その嵐山公園内に北邦野草園(ほっぽうやそうえん)はあります。

場所は旭川市市街地の端に位置し(石狩川とオサラッペ川の合流地点)、旭川市江丹別町嵐山と上川郡鷹栖町にまたがり、野草園の住所は鷹栖町になる。

 
【オ・サラ・ぺ】(オサラッペ川) アイヌ語地名
 オサラッペ
 o-sar-pet = 川尻・葦原・川 (旭川市史地名解)
 
 オ・サラ・ぺ
 o-sar-pe = 川尻・が葦原の・川 又は  o-sara-pet = 川尻・開けている・川
(「旭川市近郊のアイヌ語地名 30」 由良 勇著より)

国道12号線から入り組んだ住宅街を通り抜け、オサラッペ川の河川敷につくられた駐車場に車を止め、川を渡ると目の前が北邦野草園です。

野草園を楽しむ前に、体力のある内にまず標高253mの嵐山の上にある「嵐山展望台」へ:
展望台へは、車で砂利道を登ってゆくルートを使えば早いのですが、今日は山道を楽しむために嵐山公園センター(北邦野草園側)から徒歩で登ることに。

行き交う人もほとんど無く、急傾斜のところも多いため足下に注意しながら木々の間をひたすら頂上へと歩き続けました。

斜面のあちらこちらで、コブシの花が咲き出しています。

→ 展望台へ向けて QTVR映像

嵐山公園センターを始点に展望台まで徒歩で登るルートもいろいろありますが、最短コースを選べば約20分ほど。
今日はのんびりと草木を楽しみ写真を撮りながら、それでもじっとりと汗をかくこと約1時間弱で展望台に到着。

→ 嵐山展望台より旭川市街地を望む QTVR映像

展望台からは旭川市街地が一望でき、市街地から嵐山に向かって流れてくる石狩川などの川の蛇行がまず目につき、広々とした風景が広がります。
また左手方向には道央自動車道。
そして視界が良ければ大雪・十勝岳連峰を望むことができるのですが、今日も靄がかかり全く確認できません。
またここは地元の方々お勧めの旭川市夜景スポットの一つでもあります。

「嵐山」と言えばどうしても生まれ故郷の京都を思い浮かべますが、そう言えば沖縄に行った時にも同名の公園がありました。
当地も明治時代に開拓使がこちらを視察の折、展望台からなどの景色が京都の嵐山に似ていることから命名されたそうです。
道内第二の都市の側に、このような豊かな自然が今なお残されています。

嵐山公園は旭川営林局国有林を無償貸与された地区で、付近は保安林や鳥獣保護区指定地域が多く、1998(平成10)年に旭川市は近文山、嵐山、下半面山の頂上を結ぶ国有林(122ha)を買収し、公園として整備され無料で開放されています。

一汗かき終わったところで展望台を後にして北邦野草園へ。


Highslide JS

北邦野草園

野草園は嵐山公園センターに隣接する斜面一帯につくられており、12.25haの面積に今では約600種類の植物が生育しています。

1972(昭和47)年5月に旭川営林局が開園し、雪どけ4月上旬の春から晩秋まで多種多様な花を咲かせています。特に珍しいのは北方系植物が見られること。
四季折々、切れ目なく咲く北方系植物の集成群落としては国内唯一のものです。

園内は山の斜面でもあり、30分コース、1時間コース、2時間コースの3つの野草観察コースが設けられており、体力と時間の許す限りゆっくりと散策を楽しんでください。

自宅から1時間足らずで行け、花好きの者にはたまらない様々な種類の植栽された野生植物。それらが自然に近い状態で観察できる野生植物園なのです。

自然に見せることがどれだけ大変で日々の手間暇がかかるかを知っているだけに、手づくりを感じさせない園内は見事の一言です。
とうぜん多数の植物を正しく知らなければ不可能なことです。
これほど多くの野草を直接観察できるところは他には見あたらなのでは。

また野草園入口横の嵐山公園センターでは、園内に咲く四季の野草の写真や資料はもとより、パソコンを使って嵐山の植物を見ることもでき、こちらは植物に関する総合資料館。

このようにいつ足を運んでも、自然度の高さがうかがえ植物を調べるにはまたとない生きた博物館。 それが嵐山公園(北邦野草園)です。

北海道旅行で旭川近辺にお越しの際は、森林浴コースなどもあり近年注目を浴びているヘルスツーリズム の旅行メニュー加えられてはいかがでしょうか。
森林浴のフィトンチッド効果により体も心もリフレッシュに。

※ ヘルスツーリズム(Health Tourism)
ヘルスツーリズムとは、自然豊かな土地を訪れ、そこにある自然、温泉や身体に優しい料理を味わい、心身ともに癒され、健康を回復・増進・保持する新しい観光形態であり、医療に近いものからレジャーに近いものまで様々なものが含まれる。
心や体に対してよい効果を与える旅行をさしている。

→ 北邦野草園[嵐山公園] QTVR映像
→ 北邦野草園[嵐山公園] QTVR映像
→ 北邦野草園[嵐山公園] QTVR映像

 
【北邦野草園:嵐山公園内】
◎所在 上川郡鷹栖町嵐山
◎面積 12.25ha
◎沿革 昭和47年5月 旭川営林局で開園。平成10年4月に旭川市の所管となる。
◎コース 園内には、延長約5.2kmにおよぶ遊歩道があり、30分、1時間、2時間のコース設定が設けられている。
◎交 通 車利用→JR旭川駅から北西に約7km。河川沿いに無料駐車場有り。
バス利用→あさでん33番(1条8丁目のりば)から北邦野草園で下車(徒歩約15分)
◎開園期間 4月29日 ~ 10月15日(天候等により変更あり) 
◎開園時間 午前9時~午後4時30分(入園4時まで)
◎休園日 第2・4月曜日(月曜日が祝日の場合は開園し、翌日休園します)
◎入園料 無 料
◎連絡先 開園期間中 → 嵐山公園センター:電話0166-55-9779

晴れ時々曇り11:50 気温/20℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 塔のある小学校2008年5月4日 塔のある小学校 約2時間、案内を兼ね※美馬牛を廻りました。 初めての方には読みづらい地名です。  びばぎゅう:と読んでも不思議ではありませんが、「びばうし」と読みます。考えてみれば 音読と訓読みを混ぜた不思議な当て字をつかった地名です。 ※ 【ビバウシ】 pipa-ush-i […]
  • チノミシリカムイノミ2008年5月24日 チノミシリカムイノミ アイヌ民族の伝統儀式「チノミシリカムイノミ」(聖なる地でのお祈り)が旭川郊外の嵐山で行われました。 「アイヌ文化の森・伝承のコタン」 嵐山 → 伝承のコタン QTVR映像 → チノミシリカムイノミ […]
  • 上川神社 [パワースポット]2011年1月12日 上川神社 [パワースポット] 道内各所で毎日のように今期一番の寒さを更新しています。 それにしても今朝も寒い。 凍てつく庭先 今日はやっと自由な時間がとれる日で、昨年末から上川神社(旭川市神楽岡公園)へお参りに行く予定をたてていた当日で、地元「美瑛神社」へは3日(月)の空き時間に初詣を済ませて […]
  • アイヌ文化の森 【伝承のコタン】2008年4月27日 アイヌ文化の森 【伝承のコタン】 嵐山公園にある「アイヌ文化の森 […]
  • 華やぐ春 【カタクリ原生花園 】2008年4月23日 華やぐ春 【カタクリ原生花園 】 初夏を思わせる日が続いています。 春先のこの時期は毎年強い風が吹き、特に今年は異常気象の暑さも重なり大地は乾燥しきって一日中砂埃が巻き上がっています。 そして春の訪れとともに、旭川市東山にあるカタクリの群落で有名な「男山自然公園」が先日開園しました。  ※ […]
  • 羽衣の滝 [天人峡温泉]2008年6月12日 羽衣の滝 [天人峡温泉] 自宅から片道約32㎞:東川町「天人峡温泉(てんにんきょう ・・)」へ向かいました。 JR美瑛駅前よりひたすら道道213号を走り、西神楽1線 → 志比内(しびない) → […]
  • 旧神居古潭駅舎[きゅうかむいこたんえきしゃ]2007年10月18日 旧神居古潭駅舎[きゅうかむいこたんえきしゃ] 旭川への買い物帰り: 3年ぶりに紅葉時期の神居古潭へ寄り道をしてみました。 紅葉もピークを少し過ぎたあたりで、久しぶりの晴れ間に木々も生き生きとしてます。 ここは神居古潭にある【旧神居古潭駅舎:きゅうかむいこたんえきしゃ】です。 昭和44年9月30日、函館本 […]

コメントを残す