追記) 陸軍水道跡

「陸軍水道跡」て何ですか・・・?


Highslide JS

ドーム型のコンクリート建造物(水道貯水槽)

美馬牛周辺のフルスクリーンパノラマ映像内の「陸軍水道跡」についてお問い合わせをいただきました。

   美馬牛周辺 フルスクリーンパノラマ
※ 右上地球儀アイコンで地図開閉:地図内青色ボタンでパノラマ切替

実はあまり詳しく記載されているものがなく、町史など一部資料の抜粋です。

 
【陸軍水道跡】
◎戦争史跡
◎所在地:美瑛町立美馬牛小学校裏 (注:個人の所有地)
 
現JR富良野線の東側はかって第七師団演習地であったところで、駅周辺には兵舎があり、またこのあたりは主として軍馬が飼育されており、それぞれの水利用として作られたのがこのドーム型のコンクリート建造物(水道貯水槽)。
水源地は下方の沢(美馬牛川)から引いてきた。
(美瑛町戦争史跡より)

3基あるそうですが1基はほとんど確認できません。

自宅のあるパノラマロードの水沢-三愛-新星-美馬牛地区は旧陸軍の演習地であったところです。

水道跡や監的壕(※下記参照)などに関しては、今では地元の方々に聞いても存在すら知らない方々ばかりで、旭川市春光の北鎮記念館(ほくちんきねんかん)あたりに行かないと詳しくは分からないようです。
機会があれば訪れ、事後報告をさせていただきます。

※ 参照 → 監的壕

コチラの記事も!

  • 旧陸軍第七師団美瑛演習場2008年7月10日 旧陸軍第七師団美瑛演習場 昨夜皆さんとの会話のなかで、美瑛のトーチカの話がでました。 小高い丘の上にある鉄筋コンクリート造りの建築物「監的所」のことです。 地元では「監的壕」と呼んでおり久しぶりに見に行くことにしました。(注:個人の所有地) 道路反対方向から見た茂み(個人の所有地) […]
  • 美瑛町の戦争史跡2009年4月22日 美瑛町の戦争史跡 雪解け後、木々の新緑が芽吹く前の寒々としたびえいの丘は何も覆い隠すものが無く実によく見通しが利きます。 三愛の丘からは少し離れた小高い丘の上(橋立山)に、夏場茂みに隠れて姿を見ることができない監的壕(かんてきごう)もこの時期はすぐに確認ができます。 ふと監的壕を見て。 […]
  • シダレヤナギ2008年7月16日 シダレヤナギ 皆さんよくご存知の、セブンスターの木、ケンとメリーの木、哲学の木 ・・・ […]
  • シャマイクルチセ [丸山公園]2008年6月28日 シャマイクルチセ [丸山公園] JR美瑛駅正面から一直線に延びる丸山通を直進すること約1㎞、交差点左手奥に鬱そうとした茂みの小山が見えてきます。 丸山公園(シャマイクルチセ)です。 丸山公園 アイヌ名で「シャマイクル(文化神)のチセ(家)」と呼ばれていた美しい小山で、神の居場所として崇高された処が […]
  • 北鎮記念館 [旭川市]2011年7月23日 北鎮記念館 [旭川市] 今年一番のシャラの花が咲きました。 今日は朝から半袖では肌寒いほどのひんやりとした清々しい風が吹き抜けています。 庭先に清々しい風が吹き抜けています。 風に揺れる秋明菊 昨日出先の帰りに少し時間があったので、平成19(2007)年6月に、国道40号沿にリ […]
  • 江差町 [江戸の歴史と文化を伝える]2008年8月2日 江差町 [江戸の歴史と文化を伝える] NHKの大河ドラマ篤姫もいよいよ面白くなってきましたが、松前町を後にして悲運の徳川幕府軍艦「開陽丸」を目指し江差町へ向かいます。 江差町は北海道の南西部に位置し、北海道文化発祥の地ともいわれ、江戸期のニシン漁最盛期には「江差の五月は江戸にもない」といわれるほどの繁栄を極め […]
  • 上富良野町開拓記念館2008年7月22日 上富良野町開拓記念館 本州では猛暑の続くなか、連休後半から北海道では愚図ついた雨模様の天候となり、今週末まで晴れ間が期待できそうもありません。 今日は先日19日(土):昼の空き時間に訪れた「上富良野町開拓記念館」をご紹介します。 QTVR作成をしている時間が無く今日まで延びてしましまいた。 […]

コメントを残す