えぞキリシタン


Highslide JS

えぞキリシタン [永田富智著]

福島町に立ち寄った際に遠くからでも見えるのかなと期待をしていた大千軒岳ですが、山は朝からの雨で靄に包まれまったく見ることはできません。

大千軒岳は道南の霊場として知られる、松前郡の松前町と福島町、そして桧山郡上ノ国町との境界にある標高1,071.6mの山です。

その千軒金山の大惨劇。
日本のキリシタンにとって蝦夷(北海道)は逃亡の地の果てでした。

そのことを知った書籍がこの永田富智(ながた・とみさと)著「えぞキリシタン」です。
砂金堀に紛れてエゾ地へやってきた数多くのキリシタン。彼らの史実を克明に調査・研究された同氏ライフワークの集大成で「えぞキリシタン」研究に於ける日本を代表する著作となりました。

永田富智氏の著作は、アイヌ語地名の山田秀三氏とともに興味深く、地図を広げて読むのが空き時間の楽しみでもあります。
好きなものに巡り合え打ち込み続けたご本人の努力はもちろんのこと、家族の理解、そしてその好きで好きでたまらなく続けてきた努力が質の高い調査・研究となり、また質の高い周りの方々との良き巡り合いを生み輪を広げて行きます。

巡り合いが、プラスに作用するかマイナスに作用するかは日頃からの自分自身の行動次第。いい加減な日々を送っていれば、似かよった者同士しか集まらないし、集まりもしない。

現在は絶版になっていますので、古書店で。
一読をお勧めします。
雨のち晴れ09:30 気温/20℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 北国のガーデニング知識検定2013年4月12日 北国のガーデニング知識検定 スノードロップ:この冬の積雪でかなり痛めつけられています。 毎年どんどん株が増えて行きます。 庭先は先日日本列島を襲った暴風・大雨の影響でこちらでも木々の枝が飛び散り未だにひどい有様ですが、反面雪解けは速まり、今朝も名残の雪が降り続くなか、やっとスノードロッ […]
  • 屯田作家 板東三百[ばんどう みつお]2013年4月19日 屯田作家 板東三百[ばんどう みつお] 最後の雪となるのか朝起きると、またうっすらと雪化粧。気温はちょうど0度。 上空に寒気が入り寒くなりました。 昨夜、古書店で入手しそのまま「積ん読」状態に置かれていた「屯田作家 板東三百・人と作品 / […]
  • アイヌ民族の歴史  榎森 進(著) 他2017年11月9日 アイヌ民族の歴史 榎森 進(著) 他 アイヌ民族の歴史 榎森 進(著) 「アイヌ! と只一言が何よりの、悔辱となって憤怒に燃ゆ - 言葉本来の意味は久しく忘れられて、ナンたる悔辱の代名詞になってゐることであらう」  *違星北斗 […]
  • 霧の女神 【フクジュソウ】2015年3月21日 霧の女神 【フクジュソウ】 例年より雪解けが進んでいます。 先週の暴風雪で庭先には木々の枝が飛び散り、未だ荒れ放題のまま。 先週の暴風雪で荒れた庭先 その中で陽当たりの良い場所では雪も無くなり、早春を告げるフクジュソウが開花。 庭先の一番花:福寿草 フクジュソウは霧の […]
  • いっしょうけんめい2013年11月21日 いっしょうけんめい 午前6時55分:気温3℃ […]
  • ガンガン寺2012年7月21日 ガンガン寺 午前4時30分:気温12.5℃ 午後4時05分:気温24.3℃ まずまずの晴天の土曜日ですが、十勝岳連峰は雲に覆われ全く姿は見えません。 庭先ではサマーソング(鉢植え)の2番花が開き始め、通路脇のザ・ピルグリムは6月下旬に咲き始めて未だに咲き続けています。 […]
  • 坂の上の雲2009年12月14日 坂の上の雲 元禄15年12月14日(1703年1月30日)夜、江戸本所松坂町の吉良義央(きらよしなか)邸に赤穂義士が討ち入り、主君の仇を報いた日。 今日は朝から小雪の降るドンヨリとした曇り空。 ところで、昨夜の「坂の上の雲」 […]
2 comments to “えぞキリシタン”
  1. こちらこそ永田富智さんのご家族よりお便りがいただけるなどとは、大変恐縮しております。
    どれだけお父様から影響を受け、貴重な教えをいただいたことも数知れずで、私にとっての大切な一冊となっています。

    今年も機会があれば道南の歴史をじっくりと歩いてみたいと思っています。
    この度はご丁寧にありがとうございました。
    心より御礼申し上げます。

  2. はじめまして、永田と申します。父永田富智で検索しておりましたら、こちらで父の著書「えぞキリシタン」についてのご紹介を発見いたしました。
    父に代わりまして御礼申し上げます。

コメントを残す