また雪!

昨夜から雨が降り出し、深夜には雪へと。


Highslide JS

昨日は雪が無かったのに。1分ほど霰(あられ)が降った後。


Highslide JS

また雪!

せっかく咲き始めた福寿草もまた雪を被りました。
しかし気温は高め(午前5時:+0.2度)なので、午前中には解けるかな?

北国のガーデニングで一番気を遣うのは、やはり越冬が問題となる花木・庭木・宿根草の管理。


Highslide JS

北海道のハーディネスゾーン図 : 写真:北国のガーデニングテキストより

基本は購入苗や苗木が自宅の庭先で冬を乗り切れる品種なのか?をまず知ることで、その指針となるのがハーディネスゾーンナンバー

旭川、美瑛、富良野周辺の「 ハーディネスゾーンナンバー :Plant Hardiness Zone 」は 『 : -28.9度 ~ -23.3度 』で、札幌周辺は『 6b : -20.6度 ~ -17.8度 』で、これらは耐寒性の指標となる数字です。
* 数字が小さいほど寒い地域

植物の耐寒性(生育可能な地域)は、植物図鑑・カタログや販売苗の説明ラベルなどに、ゾーンナンバー「Z5」のよう数値が書かれています。
この場合、Z5より暖かい地方で屋外越冬可能となります。
* 園芸店などに並ぶ苗にはまだまだゾーンナンバーまで記載されているものは少なく、普及すれば購入時にいちいち「この品種は屋外越冬しますか?」などと確認する手間も省けます。

旭川、美瑛のハーディネスゾーンナンバーは「5」なので、Z5または5より数値の小さい植物を選べば屋外越冬可能となります。
しかしあくまでも健全に育っている場合の目安で、陽当たり、土質、水はけなどいろいろな諸条件が絡んできます。
耐寒性は強くとも耐暑性が弱い、越冬限界付近では樹木が育つ・育たないが紙一重というのも珍しくはありません。

美瑛町の年間平均気温を気象庁「気象統計情報」のデータで見てみると:


Highslide JS

昨年度(2012年)の月平均気温:気象庁「気象統計情報」より

美瑛町の年間気温データは、1977年(昭和52)から記録されています。

北国のガーデニングでは自宅庭先の、特に冬場の気象条件をよく理解して、植栽植物の選択をしなければなりません。
厳しかった冬も終わり、今年は木々の折れなどもひどく今現在は荒れ放題の庭先。
これから毎年5月下旬までは庭の大掃除から、剪定・移植など特に忙しい1ヶ月間となるのです。

曇り05:40 気温/0.5℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 小さな主役、脇役たち2016年6月14日 小さな主役、脇役たち ドンヨリした空から小雨が降り続く。 二日おきに晴れと雨の繰り返しで、低温傾向の今年の六月。 その影響で、庭先ではあちこちで普段見ることのないキノコ類が顔を出している。 バラはちらほらと蕾の萼割れが見られるようになった品種もありますが、昨年に比べると開花は遅くな […]
  • 雪解け加速!2011年2月23日 雪解け加速! 昨日以上に暖かな日となり、グングン雪解けが進んでいます。 積雪の高さをマークしておいた庭先にある杭を見てみると、昨日のマーク地点より約3㎝ほど雪面が下降していますので、今日はそれ以上に(5㎝?)雪解けが加速するのは間違い無いでしょう。 3月に入ってからドカ雪になることも […]
  • 色彩計画表2013年5月22日 色彩計画表 少しずつ賑やかになってきた! 厳しかった冬の雪害で大きく痛めつけられた今春の庭先の植物たち。まだまだ殺風景な光景ですが少しずつ彩りが増し賑やかになってきました。 今日は午後から雨! […]
  • ヤマユリ2011年8月13日 ヤマユリ 十勝岳連峰主峰「十勝岳」の火口までがクッキリと見える、何週間ぶりかでの快晴のお盆。 カサブランカ 8月に入りいろいろな種類のユリが咲き始めていますが、極めつけはやはり 『ヤマユリ』 […]
  • 花粉症2011年6月8日 花粉症 今年は例年以上にシラカバ花粉に悩まされ、夜も熟睡出来ません。そろそろ花粉の量もピークは過ぎてはいますが苦しい日々が続いています。 6月は一年で昼間の時間帯が一番長い月で、午前3時頃から小鳥が騒がしく鳴き出し、3時30分を過ぎると周りが明るくなってきます。 ライラック […]
  • 雪化粧2010年9月25日 雪化粧 22日(水)に昨年より13日遅く大雪山系「黒岳(1,984m)」で初雪を観測(平年より2日早い)。 […]
  • 穀雨2010年4月20日 穀雨 今日は穀雨! 気温3℃:どんよりとした曇り空の肌寒い朝を迎えていますが、本州では肌寒いと言うより、真冬並の気温だと思います。 庭先では雪解けが進むごとに花芽や低木木が姿を現してきました。 が、いつもと様子が違う。 毎日のように庭に出て新芽の状態を確認していますが、例 […]