アイヌ民族の昔話 ネット配信開始


(アイヌ民族の昔話)

 
今から20~30年前には、まだアイヌの物語をたくさん知っているおばあさんがいて、「後の時代にひとつでも多くアイヌ語を残したい」と、わたしたちの博物館のテープレコーダーにたくさんのお話を残しました。
その中から7つ、絵本と日本語の朗読をつけてご紹介します。 【アイヌ民族博物館】

と、白老町のアイヌ民族博物館がアイヌ民族の伝承を収録した「デジタル絵本:ふたりのおばあさんが残したアイヌの絵本」のインターネット配信を始めました。

お二人のフチ(おばあさん)の肉声が聞くことができる貴重なサイトです。

 → こちらから (アイヌ民族博物館)

※ 関連記事

 
アイヌ民族の昔話 ネット配信開始 白老の博物館がデジタル絵本に(05/20 08:38)
  
古老のアイヌ語を交え、アイヌ民族の伝承を紹介するデジタル絵本
  
 【白老】胆振管内白老町のアイヌ民族博物館は、道内で語り継がれるアイヌ民族の伝承を収録した「デジタル絵本」のインターネット配信を開始した。既に亡くなった古老の肉声を交え、豊富なイラストでアイヌ文化を分かりやすく伝える内容だ。
 
 和人の女性がアイヌ民族の男性と結ばれ、コタンで幸せに暮らす「お姫様のいれずみ」、シマフクロウの神が人間界を救う「金色のひしゃく銀色のひしゃく」など七編。
 
 伝承や歌など、同館が所蔵する過去三十年分の録音テープの中から七編を選び、伝承を語った古老自身による約三十秒間のアイヌ語の語りと、翻訳した日本語の朗読を収録した。
 
 翻訳やイラストを担当した北原次郎太学芸員(32)は「アイヌ語を日常的に話す人がほとんどいなくなったいま、古老の語りは貴重な資料。絵本を通じてアイヌ民族の世界観に触れてもらえれば」と話す。
 
 独立行政法人・国立青少年教育振興機構の助成を受けて実施。
本年度も五編前後を追加する。                   北海道新聞(05/20)

コチラの記事も!

  • 近文アイヌ2005年12月31日 近文アイヌ 川村カ子トアイヌ記念館 […]
  • 二風谷ダム[にぶたにダム]2010年2月22日 二風谷ダム[にぶたにダム] まずまずの天候に恵まれ昨日の「第33回 宮様国際スキーマラソン」は終了しました。    第31回大会(QTVR) […]
  • アイヌ民族の歴史  榎森 進(著) 他2017年11月9日 アイヌ民族の歴史 榎森 進(著) 他 アイヌ民族の歴史 榎森 進(著) 「アイヌ! と只一言が何よりの、悔辱となって憤怒に燃ゆ - 言葉本来の意味は久しく忘れられて、ナンたる悔辱の代名詞になってゐることであらう」  *違星北斗 […]
  • 霧の女神 【フクジュソウ】2015年3月21日 霧の女神 【フクジュソウ】 例年より雪解けが進んでいます。 先週の暴風雪で庭先には木々の枝が飛び散り、未だ荒れ放題のまま。 先週の暴風雪で荒れた庭先 その中で陽当たりの良い場所では雪も無くなり、早春を告げるフクジュソウが開花。 庭先の一番花:福寿草 フクジュソウは霧の […]
  • あいぬ物語2013年12月22日 あいぬ物語 ここ二日ほど朝方の気温が氷点下10℃を下回っています。 今日(冬至)の最高気温予想は-5℃。これから年明け1月の大寒に向けては寒さが最も厳しい厳冬期。 集中して読書などをするフリーな時間は、どうしても外気温がグングン下がり始める午後10時を過ぎてからになる。そこで活躍す […]
  • 水無月2009年8月27日 水無月 やっと二日ほど晴れ間が広がったかと思えばもう下り坂に向かい、今日は朝から強風が吹き荒れています。 周期的な天気変化は秋らしいと言えば秋らしいのですが。 明け方の気温も一気に下がり始め、庭先の「水無月」がピンク色を帯び何ともいえない色合いに変化をしてきました。 水無月は […]
  • 旭川市博物館2009年1月29日 旭川市博物館 旭川市博物館は、旭川市大雪クリスタルホール内にあります。 車の点検に旭川日産自動車まで出かけ、点検時間を利用して旭川市博物館へ向かいました。 予てからこの機を利用して、昨年(2008年11月1日)リニューアルオープンした旭川市博物館を見学するのを楽しみにしていま […]