アイヌ民族の昔話 ネット配信開始


(アイヌ民族の昔話)

 
今から20~30年前には、まだアイヌの物語をたくさん知っているおばあさんがいて、「後の時代にひとつでも多くアイヌ語を残したい」と、わたしたちの博物館のテープレコーダーにたくさんのお話を残しました。
その中から7つ、絵本と日本語の朗読をつけてご紹介します。 【アイヌ民族博物館】

と、白老町のアイヌ民族博物館がアイヌ民族の伝承を収録した「デジタル絵本:ふたりのおばあさんが残したアイヌの絵本」のインターネット配信を始めました。

お二人のフチ(おばあさん)の肉声が聞くことができる貴重なサイトです。

 → こちらから (アイヌ民族博物館)

※ 関連記事

 
アイヌ民族の昔話 ネット配信開始 白老の博物館がデジタル絵本に(05/20 08:38)
  
古老のアイヌ語を交え、アイヌ民族の伝承を紹介するデジタル絵本
  
 【白老】胆振管内白老町のアイヌ民族博物館は、道内で語り継がれるアイヌ民族の伝承を収録した「デジタル絵本」のインターネット配信を開始した。既に亡くなった古老の肉声を交え、豊富なイラストでアイヌ文化を分かりやすく伝える内容だ。
 
 和人の女性がアイヌ民族の男性と結ばれ、コタンで幸せに暮らす「お姫様のいれずみ」、シマフクロウの神が人間界を救う「金色のひしゃく銀色のひしゃく」など七編。
 
 伝承や歌など、同館が所蔵する過去三十年分の録音テープの中から七編を選び、伝承を語った古老自身による約三十秒間のアイヌ語の語りと、翻訳した日本語の朗読を収録した。
 
 翻訳やイラストを担当した北原次郎太学芸員(32)は「アイヌ語を日常的に話す人がほとんどいなくなったいま、古老の語りは貴重な資料。絵本を通じてアイヌ民族の世界観に触れてもらえれば」と話す。
 
 独立行政法人・国立青少年教育振興機構の助成を受けて実施。
本年度も五編前後を追加する。                   北海道新聞(05/20)

コチラの記事も!

  • 麦稈(ばっかん)ロール[麦わらロール]2007年7月26日 麦稈(ばっかん)ロール[麦わらロール] ジャガイモのイメージが強い美瑛町ですが、ジャガイモ以上に作付け面積が大きいのが「小麦」です。 今年も先週あたりから秋まき小麦の収穫が始まり、丘のあちこちでロールの姿が見られます。 ※ […]
  • 「ニコン18%標準反射板」デジカメの色補正を簡単にするグレーカードは本当に便利!2016年7月5日 「ニコン18%標準反射板」デジカメの色補正を簡単にするグレーカードは本当に便利! ニコン18%標準反射板 […]
  • [道の駅] びえい 丘のくら オープン2007年5月1日 [道の駅] びえい 丘のくら オープン ([道の駅] びえい 丘のくら image:biei.info) 早いものでもう5月です。 買い物の帰り道、道内で97番目の"道の駅”として美瑛町に先月28日(土) オープンした「びえい […]
  • 白鳥2015年11月25日 白鳥 24日に日付が変わるると雪が激しく降り始めた。 6月下旬早朝、突然自宅で倒れて依頼、何と五ヶ月ぶりのブログ更新。 その間、いろいろメールやお問い合わせをいただきありがとうございます。以前のような本調子の体には、未だ戻ってはいませんが、日常生活は送れるようになりました […]
  • 越境汚染2007年9月1日 越境汚染 一年に一度は必ず美瑛でも黄砂が確認されますが。 今より深刻なのが中国の大気汚染問題。 北京五輪までもう1年しかありません。 その北京五輪では、英国と豪州のオリンピック委員会が早速と大気汚染を理由に「選手は大会直前まで現地入りをしないようが良い」との考えを示すなど、中国 […]
  • 立夏2007年5月6日 立夏 (宿の庭先 image:biei.info) GW最後の日。 久しぶりに強風もいくぶん収まり暖かな五月最初の日曜日となりました。 今日は「立夏」。暦の上ではもう夏です。 宿の庭先では水仙が満開になってきましたが、木々の緑は今にもはじけんばかりに膨らんでいるのですが今一歩。 […]
  • 今年一番のしばれ!2016年1月25日 今年一番のしばれ! つららが成長した。 間もなく月の入り 街灯一つ無い暗闇の空に、月の光が明るい。 昨日は満月で、今日は月齢 […]