アイヌ語地名を理解するには

空き時間は他のことが山積みで今月はほとんどブログに手をつけていませんが、久しぶりに!

午前5時30分:気温11℃
朝焼けをバックに十勝岳が快晴の空に映えたのもつかの間、お日様が顔を出し始めると景色は一変。10m先も確認できないほどの濃霧にあっと言う間に覆われたました。
ところが30分もすればまた快晴の青空が姿を現し、何とも目まぐるしい朝方です。


Highslide JS

日の出と同時に濃霧に包まれる!

庭先では朝日に輝いた秋明菊(しゅうめいぎく)が今を盛りに美しく風に揺れています。


Highslide JS

今を盛りの「秋明菊」

今日は昼間の3時間ほどの空き時間で旭川市中央図書館へ出かけました。
日頃はネットばかりで調べ物をしているのですが、図書館の雰囲気が恋しくなると出かけてしまいます。


Highslide JS

旭川市中央図書館正面

常磐公園内の図書館近くには石狩川牛朱別川の合流する地点に架けられた旭川のシンボル橋でもある北海道遺産指定の「旭橋(あさひばし)」があります。


Highslide JS

石狩川と牛朱別川の合流する地点に架かる旭橋

資料のコピーをとり、約40分ほどでとんぼ返り。
帰路途中にもう一ヶ所:川の合流する地点があるので少し脇道を入り立ち寄ってみました。

ここは辺別川美瑛川が合流する「寿橋」。(この先からは美瑛川)
写真では分かり難いですが、微妙に川の色が違います。


Highslide JS

辺別川と美瑛川の合流地点

ここ「寿橋」から旭川よりの「新開橋」間の美瑛川堤防沿いの歩道を周回する自然散策路として「西神楽フットパスコース」が整備されています。(距離:約7㎞、所要時間:約170分)

川の合流地点を2ヶ所ご紹介しましたが、アイヌ民族の言語学者、知里真志保(一九〇九~一九六一年)は、「アイヌ語地名解のはじめに」に於いて、

 
川はまた人間同様に眠りもする。それで川底を「ナイ・イニタラ」(川の枕)とも云うのである。川はまた生物であるから死にもする。それで古川を「ライ・ペッ」(死んだ川)ともいうのである。川はまた生物でもあるから生殖行為をも営む。
 
二つの川が合流しているのを「ウトマム・ペッ」(同衾している川)とか、「オウコッ・ナイ」(交合している川)とかいつて各地にその地名がある。
そのような行為の当然の結果として、川はまた子を生み、親子連れで山野を歩くと考えられている。
 
          ・
          ・
          ・
 
従来これらを「大きい川」「小さい川」或いは「本流」「支流」と訳しつけているのであるが、それは全く古代人の考え方を無視した誤訳だったのである。


Highslide JS

 

『知里真志保著作集 第三巻』

※ 『知里真志保著作集 第三巻』 平凡社より
 
* アイヌ語地名リスト[環境生活部アイヌ政策推進室]

真志保は、アイヌ語で何よりも著しく目立つのは、地形地物に対する古代の人びとの考え方で、古代の人びとは、山でも川でも木でも岩でも、すべて自分たちを同じような生き物と考えていたと述べ、

川一つとっても、アイヌ民族はもともと川は「海から上陸して村のそばを通り、村のうしろの山奥へ入って行く生物」と考えていたと説明し、われわれが川は山の源流から流れ来て海へ入るものとする考え方では、アイヌ語地名の正しい理解・解釈をすることは到底不可能であると。

「山でも川でも沼でも木でも岩でも、いつさいの地形地物は生物なのであり、そういう点をしつかりとつかんだ上でなければ」アイヌ語地名の真の理解はできないと記述しています。

晴れ16:05 気温/15℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 遠野物語2011年4月5日 遠野物語 遠野物語:柳田國男全集第2巻 久しぶりに柳田國男全集第2巻の遠野物語を開いていると、中から17年前に訪れた岩手県遠野市のメモ書きが出てきました。 今回の地震では、遠野市は幸いにも被害が比較的少なかったようですが、市をあげて避難者の受け入れや被災地の復旧に携わ […]
  • 松前城 [北の小京都]2008年7月29日 松前城 [北の小京都] 28日(月)から2泊3日で道南:渡島・檜山支庁へ出かけました。 函館、松前、江差を駆け足で廻った様子を順不同で紹介をして行きます。 昨日函館へ向け出発。 しかし函館に着く頃にはどしゃ降りの雨となりました。 道北は晴れていても、道南は毎日雨続きの空模様で改めて北海道の […]
  • 旭橋2011年12月28日 旭橋 時折晴れ間も覗くまずまずの天候の28日。 サービス業関連の方々を除けば今日明日が仕事納めのところが大半ではないでしょうか。 前方の塔がロータリのシンボルタワー。 資料の受け渡しで昼前から旭川へ。 日頃ほとんど車で通ることのない旭川常盤ロータリー(あさひかわときわ […]
  • 旭橋 北海道三大名橋2015年12月21日 旭橋 北海道三大名橋 今日も気温が高く、国道に出ると路面にはほとんど雪がない。 ただ日陰や高架橋・橋の下ではブラックアイスバーン状態で危険!スピードは控えめに。 霧に包まれた旭川市内 車を走らせ旭川市に入ると視界が悪くなり、濃い霧に覆われてきた。路面状況だけではなく、この時期は視界もあ […]
  • 第25回 那智・美瑛火祭2013年7月24日 第25回 那智・美瑛火祭 午前6時:きれいな空です! 雨が降らない! 美瑛町も局所的には夕立が発生している箇所もあるようですが、自宅周辺は7月初め以来全く降らない。町道を車が走るたびに砂埃が巻き上げられ周辺はホコリまみれ。 早く一雨欲しい。 今日、24日は「第25回 […]
  • 上川神社 [パワースポット]2011年1月12日 上川神社 [パワースポット] 道内各所で毎日のように今期一番の寒さを更新しています。 それにしても今朝も寒い。 凍てつく庭先 今日はやっと自由な時間がとれる日で、昨年末から上川神社(旭川市神楽岡公園)へお参りに行く予定をたてていた当日で、地元「美瑛神社」へは3日(月)の空き時間に初詣を済ませて […]
  • 霧の女神 【フクジュソウ】2015年3月21日 霧の女神 【フクジュソウ】 例年より雪解けが進んでいます。 先週の暴風雪で庭先には木々の枝が飛び散り、未だ荒れ放題のまま。 先週の暴風雪で荒れた庭先 その中で陽当たりの良い場所では雪も無くなり、早春を告げるフクジュソウが開花。 庭先の一番花:福寿草 フクジュソウは霧の […]

コメントを残す