イングリッシュローズ


Highslide JS

バラ開花始まる

曇り空の週明けとなりましたが、その分連日の暑さから解放され気持ちの良い風が吹き抜けています。
昨日、巣箱が静かになっているので中を見てみると、シジュウカラの雛たちは無事6月30日に巣立って行ったようです。

庭先のバラは先月下旬から徐々に開花が始まりましたが、栽培バラの中でも一際美しく輝いているのはイングリッシュローズの各品種です。

そのER(イングリッシュローズ)の中でも特にその魅力にとりつかれているのが、クィーン・ビクトリアの孫娘で、一流の造園家でもあるスウェーデンのマリガリータ皇太子妃にちなんで名付けられ「クラウン・プリンセス・マルガリータ(Crown Princess Margareta)」と、ERの記念すべき第1号でもある一季咲きの「コンスタンス・スプライ(Constance Spry)」です。

姿・色・香り ・・・ どれをとっても庭先のバラの中でお気に入りの最高品種なのです。


Highslide JS

クラウン・プリンセス・マルガリータ


Highslide JS

クラウン・プリンセス・マルガリータ


Highslide JS

コンスタンス・スプライ

品種名
コンスタンス・スプライ ( Constance Spry )
育種者 1961年 デビッド・オースチン( David Austin : イギリス)
品種メモ 1961年にイングリッシュローズとして初めてこの世に発表された記念すべき第1号のバラ。
品種名は、フラワーアレンジメントの開祖ならびに庭園デザイナーとして歴史に名を残すスプライ女史に因んで命名された「一季咲き」の品種です。

淡い透き通るようなクリアピンクの美しいバラで、「ミルラ」の香りとしてイングリッシュ・ローズに紹介されています。

庭先で雪解けが始まり、毎年6月下旬を一日千秋で待ち望んでいた開花も1週間ほどであっけなく終わってしましますが、いつまでもその場を離れがたい美しさにがこのバラにはあるのです。

備考 本州ではかなり大型化するようで、見事な壁面開花の素晴らしい栽培をされている方々の写真を見るたびに感嘆の声をあげています。

残念ながら、厳しい越冬と短い生育期間の道北ではムリを思いつつ、どこまでできるかチャレンジして行きたい。

2010年5月:新苗購入の1年目はほとんど花が咲きませんが、2年目からはクリアピンクの美しい姿を堪能できました。

バラづくり (2012年度 道北美瑛町:標高280m)

3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 開花時期 根雪 雪解け * 下旬~上旬 初雪 根雪
 うどん粉病 根雪 雪解け * * 初雪 根雪
 黒点病 根雪 雪解け * 初雪 根雪
 害虫 根雪 雪解け * * 初雪 根雪

 発病・被害無し *
 軽度 1
 中度 2
 重度 3

黒点病、うどん粉病共に強い印象があるが、定期的な薬剤散布をしないとどの程度の発症があるかは確認していない。
すべてのバラにおいて定期的な薬剤散布を基本として栽培している。

芳香 開花 花弁 花色 花形 花径 耐寒性 道北での
おすすめ度
強香 一季咲き 65 クリアピンク カップ 大輪 ★★★

Highslide JS

コンスタンス・スプライのトゲ

 ※ 樹高 約1.5m  * 関東以西の暖地では 3m~
 ※ 日照 午前8時過ぎより日没まで良好 (西日もまともに射す)

こちらは花持ちの悪いのが少々残念ですが、それをカバーするかのような色合いの素晴らしい「ザ・シェパーデス(The Shepherdess)」。


Highslide JS

ザ・シェパーデス

そしてとても華やかなロゼット咲きの「ティー・クリッパー(Tea Clipper)」


Highslide JS

ティー・クリッパー(Tea Clipper)

庭の片隅では涼しげで清楚なハナシノブとギレニア(ミツバシモツケ/三つ葉下野)などが、ひっそりと開花しています。


Highslide JS

ハナシノブ


Highslide JS

ギレニア(ミツバシモツケ/三つ葉下野)

また庭先から東南方向には雲の間から十勝岳が姿を見せています。


Highslide JS

温泉街に緊張の走った十勝岳

昨日は十勝岳大正火口が赤く明るく見える現象が発生したため、住民や観光客が1989年の噴火事以来、町の施設に避難しました。
今のところ噴火は確認されていませんが、今後の活動が気がかりなところです。

曇り15:30 気温/20℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • コンスタンス・スプライ&シジュウカラ2012年6月14日 コンスタンス・スプライ&シジュウカラ 蕾の上がり始めたコンスタンス・スプライ(ER) 2010年5月から育て始めた「コンスタンス・スプライ」の蕾が今年も上がってきました。 来月早々には待ちに待った一季咲きの美しいバラが!言葉では言い表せない幸せな朝が訪れるのです。このERはまだ3年足らずですが(初年度は […]
  • 手間暇のかかるバラ2012年7月13日 手間暇のかかるバラ 記録的な豪雨に見舞われた九州では甚大な被害がでており、その豪雨のニュース映像は凄まじいの一言。あれだけの雨が仮にこの周辺で降れば、このあたりはひとたまりもないなと、改めてその破壊力に恐怖を覚えます。 美瑛町も明け方まで降り続いた雨は一先ず止みホッとしていますが、時折強い風 […]
  • 「コンスタンス・スプライ」満開2014年6月27日 「コンスタンス・スプライ」満開 コンスタンス・スプライ ここ数日、最低気温13℃前後 - […]
  • バラ[ER_花の内部構造]2014年8月22日 バラ[ER_花の内部構造] 雨の多い今年の8月。 日本列島至る所で雨による被害が!なかでも広島土砂災害は大きな爪痕を残し、今なお今後の雨による災害が危惧されます。 オランダ産のあじさい『ボブシェル(Bomb […]
  • ジェフ・ハミルトン [Geoff Hamilton]2014年7月23日 ジェフ・ハミルトン [Geoff Hamilton] 直立性樹形のジェフ・ハミルトン(鉢植え) 今日の日の出:午前4時08分,日の入り:午後7時04分。 昨夜から恵みの雨。 午前5時30分の気温が19℃、少しジメジメした空気が肌に纏わり付く。 玄関前の鉢植えのジェフ・ハミルトン(Geoff […]
  • バラ開花加速!2016年6月30日 バラ開花加速! バラの開花始まる! 昨日から気温が上がり、25℃越え!真夏状態の北海道です。 と同時に、バラの開花も一気に加速! 本州の方々には笑われるかもしれませんが、暑い! 一昨日から10℃以上気温が上がり、体調不良になりそうで、本日は庭先の様子のみ。 気 […]
  • ウィンチェスター・キャシードラル (ER)2015年6月14日 ウィンチェスター・キャシードラル (ER) 雨に打たれて、うなだれるボタン。 6月に入り暑い日が続いたかと思うと、先週は一変して雨続きで低温の日々の連続。 今朝も午前5時過ぎから通り雨で、また咲き始めた庭先の草花が雨に打たれグッタリとうなだれています。 今年は春先の雪解けの早さから、すべての花々に於いて […]