サラ・ブライトマン [坂の上の雲]

NHK「坂の上の雲」のエンディングで、山の坂道を上がった先に太陽の光が降り注いでくる様子をバックに流れるスキャット。

ファンならお馴染みの透き通った伸びやかな歌声が魅力の「※ サラ・ブライトマン」。
「坂の上の雲」では、イギリスのソプラノ歌手サラ・ブライトマンが歌う「スタンド・アローン / Stand Alone」のスキャット版(vocalise)が流れています。

※ 邦画「アマルフィ」では当人役で出演している。 また彼女の歌声は日本のCMソングなどで聴き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

10月21日、NHKから11月から放送される大型ドラマ「坂の上の雲」のメーンテーマ曲はサラ・ブライトマンが歌う「スタンド・アローン」に決まったと発表された時には驚いたものです。 世界でいちばん美しい歌声を持つといわれる彼女が日本のドラマのテーマ曲を。それも日本語で。ファンにとってはたまらない発表でした。
ウ~ン やはりこのドラマは力の入れようが並ではありません。

※ 「坂の上の雲」のオリジナル・サウンドトラック版には日本語で歌う「スタンド・アローン」が収録されている。

      

公式HPでも「世界でいちばん美しい歌がある」と紹介され世界中に多くのファンを持つサラ・ブライトマン。

ドラマで初めて彼女の歌声を耳にした方。是非もっと聞いてみたというあなたへ。
12月20日(日)[15:00~16:20 NHK BS hi] World Premium Live での再放送が間近になりました。
今まで見逃していた方、「坂の上の雲」でその美しい透き通った声に魅了された方も必見・必聴!それも 5.1ch ハイビジョン放送:録画予約をお忘れ無く!

この放送はすでにDVDにもなっており、2008年1月16日にウィーンの聖シュテファン寺院 大聖堂で収録されたコンサートの模様です。
ハブスブルク家ゆかりのゴシック建築教会を舞台にしたライブから、完成直後の作品「神々のシンフォニー」の収録曲などサラの歌唱力・美声が存分に味わえる上に、ゲスト陣も豊富、その上ゴシック建築教会の世界遺産の映像も素晴らしく是非ご覧になってください。

またサラ・ブライトマンのファンが急増すること間違いなしです。


※ Andrea Bocelli & Sarah Brightman – Time To Say Goodbye
(若い頃のふっくらとしたブライトマン)

※ TSarah Brightman & Antonio Banderas – The Phantom Of The Oper

 
【ワールド・プレミアムライブ】
世界で最も支持されている輝けるディーヴァ、サラ・ブライトマンが世界遺産に指定されているウィーン歴史地区にある聖シュテファン寺院 大聖堂で2008年1月16日に行ったスペシャル・コンサート。
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」「ファントム・オブ・ジ・オペラ(オペラ座の怪人)」から「ランニング(ジュピター~栄光の輝き)」までお見逃し無く。
 
Live Program
* PIE JESU
* FLEURS DU MAL
* SYMPHONY
* SANVEAN
* CANTO DELLA TERRA
* SARAI QUI
* ATTESA
* I WILL BE WITH YOU(WHERE THE LOST ONES GO)
* STORIA D’AMORE
* PASION
* RUNNING
* LET IT RAIN
* THE PHANTOM OF THE OPERA
* TIME TO SAY GOODBYE
* AVE MARIA

晴れ07:05 気温/-11℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 日清開戦2009年12月21日 日清開戦 このところ「坂の上の雲」の話題が多くなっていますが。 昨日(20日)放送の第4回「日清開戦」を見た後の何とも言えない複雑な気持。 原作を尊重し映像化するというのはやはり大変難しいことのようです。 明治28(1895)年4月10日、新聞「日本」の記者正岡子規 […]
  • 坂の上の雲2009年12月14日 坂の上の雲 元禄15年12月14日(1703年1月30日)夜、江戸本所松坂町の吉良義央(きらよしなか)邸に赤穂義士が討ち入り、主君の仇を報いた日。 今日は朝から小雪の降るドンヨリとした曇り空。 ところで、昨夜の「坂の上の雲」 […]
  • タングチカ [クレマチス]2005年7月29日 タングチカ [クレマチス] (タングチカ image:biei.info.) 7月に入って咲き出したタングチカ。 今は玄関を覆い尽くすほどの勢いで黄色の花が咲き競っています。 […]
  • 酒粕 VS こぼれ梅2008年2月23日 酒粕 VS こぼれ梅 21日(木曜日)の午後、お客様と旭川市の酒造メーカー【男山】へ出かけました。 私のお目当ては蔵元直売の「酒粕」: 北海道では今まではあまり見向きもされなかった酒粕が、ダイエットブームの波に乗り今では品不足のところまであるとか。変われば変わるものです。 生まれ故郷京都( […]
  • 神居古潭2007年1月3日 神居古潭 (神居古潭 image:biei.info) 札幌へ行く途中、神居古潭に立ち寄りました。 積雪量の少ないこの冬ですが、古潭周辺も例年よりかなり少ない。 冬場で橋の手前で通行止めになっており、訪れる人もなくシーンと静まり返っていました。 ※ […]
  • ミヤマカケス2005年2月26日 ミヤマカケス (ミヤマカケス.image: biei.info.) ジー or ジェー […]
  • 越境汚染2007年9月1日 越境汚染 一年に一度は必ず美瑛でも黄砂が確認されますが。 今より深刻なのが中国の大気汚染問題。 北京五輪までもう1年しかありません。 その北京五輪では、英国と豪州のオリンピック委員会が早速と大気汚染を理由に「選手は大会直前まで現地入りをしないようが良い」との考えを示すなど、中国 […]