ザ・ウィンザーホテル洞爺

函館(朝市)からは洞爺湖経由で美瑛町に戻ります。

その洞爺湖町には、沖縄県に次ぐサミット会場(主要国首脳会議)として日本全国いや世界中にその名が知れ渡った「ザ・ウィンザーホテル洞爺」があるところで、少し寄り道をして立ち寄ることにしました。


Highslide JS

ザ・ウィンザーホテル洞爺

同ホテルは、洞爺湖と噴火湾を見下ろす標高600メートルの山の上にそびえています。
洞爺湖畔からは一目でその姿が確認でき、ホテルを目差し坂を上り始め、近づくにつれそのまるで要塞のような造りのホテルが眼前に迫ってきました。

サイトの紹介では重厚なエントランや広々としたロビー、贅沢なスパ施設を併設し、ホテル内だけではなく大自然の中に設計されたゴルフ場、乗馬やフィッシング、カヌーなど、多彩なアウトドアが満喫できる国内でも有数のリゾートホテルとして紹介されています。

→ ザ・ウィンザーホテル洞爺 QTVRパノラマ映像

到着後、期待をしつつロビー内へ:


Highslide JS

ザ・ウィンザーホテル洞爺 ロビー

ロビーからの風景はさすがに素晴らしく絶好の撮影スポットです。
一息ついてコーヒーを飲むことにしました。

また当日はわれわれのように宿泊客以外の観光目当ての方々も多く見られ、また時折演奏される生演奏はロビーに響き渡りうるさく感じられた。

サミット開催決定後から立ち寄り観光ツアーが組まれるほどで、ホテル自体が観光資源化しているようで、当日のロビーのスタッフの対応も飛び抜けたものは特になかった。

→ ザ・ウィンザーホテル洞爺 ロビー QTVRパノラマ映像

振り返れば、昨年の道内はサミット会場がどこに決まるのか、高橋知事を筆頭に道民も大きな関心を寄せていました。

そしてついに2007年4月23日北海道「ザ・ウィンザーホテル洞爺」がサミット会場に決定!
翌24日にはTV・ラジオはもちろん新聞各紙でも大きく取り上げられ、なかには、「バブルの舞台に大役」の見出しが踊る紙面もありました。

かつてのバブルの象徴から世界の檜舞台に選ばれた「ザ・ウィンザーホテル洞爺」とはどうようなホテルなのか?

このホテルの前身は「エイペックスリゾート洞爺」。
北海道の建設会社「カブトデコム」の子会社「エイペックス」が、1993年に総工費665億円もの巨額を投じて建設しました。資金の大半は北海道拓殖銀行が融資。

ところがバブルがはじけ日本中が大不況に陥るなかでも、北海道は特にその影響が深刻で大きいものでした。
ホテルのメインバンクだった拓銀は、日本中に大きな波紋を投げかけながら1997年11月に破綻。これに連鎖した形でエイペックスも1998年3月に自己破産を申請。
まさにバブル崩壊の象徴的な建物となりました。

その後、同ホテルは皆さんよくご存知の警備保障会社セコムのグループ会社が買収。そしてその運営を「ザ・ウィンザー・ホテルズ インターナショナル」に任せました。

この会社は、窪山哲雄氏が1997年1月に設立したホテル運営会社で、窪山社長の下で再建が計られることとなりました。
そして2002年6月1日に「ザ・ウィンザー・ホテル洞爺」の看板を掲げ経営が再開。
この時の買い取り価格は50億円ともいわれ、700億円近い投資額に遠く及ばないものでした。TVドラマ「ハゲタカ」の光景が脳裏をかすめます。

サミット会場に選ばれた理由の一つには、何と言っても地理的環境から警備が容易なことがあげられます。しかしバブルの象徴であったホテルが世界の桧舞台として選ばれた最大要因ははたして?

同ホテルのサービスの質へのこだわりなどは勿論言うまでもないことなのでしょうが、われわれ庶民には推し量ることのできない大きな要因が働いたのかもしれません。

函館 → 洞爺湖 → ルスツ → 中山峠 → 定山渓 → 札幌 → 旭川で遅い夕食を取り、午後10時過ぎに無事自宅に戻りました。
2泊3日のトータル走行距離:1,200㎞。 久しぶりに運転の疲れる道南巡りでした。
********************************************************************
【ザ・ウィンザーホテル洞爺  The Windsor Hotel TOYA】
◎住  所:〒049-5722 北海道虻田郡洞爺湖町清水
◎電  話:フリーダイヤル0120-290-500

※ 訪問日:2008年7月30日(水)

晴れ16:00 気温/23℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 江差町 [江戸の歴史と文化を伝える]2008年8月2日 江差町 [江戸の歴史と文化を伝える] NHKの大河ドラマ篤姫もいよいよ面白くなってきましたが、松前町を後にして悲運の徳川幕府軍艦「開陽丸」を目指し江差町へ向かいます。 江差町は北海道の南西部に位置し、北海道文化発祥の地ともいわれ、江戸期のニシン漁最盛期には「江差の五月は江戸にもない」といわれるほどの繁栄を極め […]
  • 松前城 [北の小京都]2008年7月29日 松前城 [北の小京都] 28日(月)から2泊3日で道南:渡島・檜山支庁へ出かけました。 函館、松前、江差を駆け足で廻った様子を順不同で紹介をして行きます。 昨日函館へ向け出発。 しかし函館に着く頃にはどしゃ降りの雨となりました。 道北は晴れていても、道南は毎日雨続きの空模様で改めて北海道の […]
  • 函館朝市2008年8月3日 函館朝市 早いもので今日はもう自宅に戻る日です。 帰路につく前、函館朝市を見学することにしました。 魚介類、野菜、青果、乾物、惣菜まで函館の新鮮な食材が揃い、古くから市民の台所として愛され続ける函館朝市は、はこだて自由市場・中島廉売と共に函館の三大市場です。 函館朝市 […]
  • 遠野物語2011年4月5日 遠野物語 遠野物語:柳田國男全集第2巻 久しぶりに柳田國男全集第2巻の遠野物語を開いていると、中から17年前に訪れた岩手県遠野市のメモ書きが出てきました。 今回の地震では、遠野市は幸いにも被害が比較的少なかったようですが、市をあげて避難者の受け入れや被災地の復旧に携わ […]
  • 夕張 第2弾2007年10月26日 夕張 第2弾 夕張を訪れたもう一つのお目当ては、【夕張シューパロ湖 […]
  • 緑の相談所 [ロマンチック街道]2008年9月7日 緑の相談所 [ロマンチック街道] プラタナスの並木から神楽岡公園内へと歩き始めました。 旭川市内には、大小合わせて約400ヶ所もの公園があり、市民の憩いの場として、またスポーツやレクリエーションの場として広く親しまれています。 ここ神楽岡公園は、市内中心部にある常磐公園が平坦地であることに対比し、丘 […]
  • ロマンチック街道(ロマンティック街道)2008年9月5日 ロマンチック街道(ロマンティック街道) 記録的な寒さをもたらした8月が終わり、9月に入ると今度は一変して毎日30℃近い気温の日が続き、残暑厳しい第一週となっています。 この異常気象がもたらしたのか、今まで見たこともないキノコが昨日ガレージ脇に。 地表を突き破って現れた一本のキノコ。その正体は? 不気味な […]
2 comments to “ザ・ウィンザーホテル洞爺”
  1. 毎日暑い日が続きますね。
    改めて移動に時間のかかる北海道を再認識です。

    どれも腰を据えてじっくりと撮っていませんので、見苦しいところも多くありますが気にしないでください。

  2. おはよう御座います。

    ザ・ウィンザーホテル洞爺に行って来たんですね。
    時期的に、わたしも行ってみたいです。(^-^;
    景色は綺麗そうですね。

    それにしても、QTVR映像が素晴らしいですね。
    写真を超えて芸術的でさえあります。

    素晴らしい景色をありがとう御座います。

コメントを残す