ノーダルポイント

「パノラマ写真は面白そうですね!」とよくメールをいただきます。
是非、興味を持たれる皆様はトライして楽しんでみてください。不思議な写真の世界へ。

私などは本業ではありませんので、いろいろなご紹介にスナップ写真よりはその場の雰囲気をお伝えできるのではと、パノラマ写真を利用しているだけのことです。
興味のある方はネット上で「パノラマ写真」を検索するだけもで、世界中のパノラマクリエーターの驚くべき作品を自宅で見られる昨今はすごいと言わざると得ません。驚きと刺激がぎっしり詰まっています。

中途半端な知識と技術しか持ち合わせていない私などは、パノラマ写真は常に大いなる謎。「このパノラマ作品はどうして撮ったの?」と驚かされることばかりで、それがまたパノラマの不思議な魅力でもあります。
そして「撮ってみたい!」となれば、やるしかありません。

ただ私のような初心者でも痛切に感じるのは撮影時の「ノーダルポイント」がいかに大切かということです。


Highslide JS

パノラマ撮影の基本はまずノーダルポイントから。

皆さんがごく普通にご覧になるパノラマ写真は大半が円筒パノラマQTVR(Cylinderical QTVR Panorama Movie)です。
このCylindrical Pnoramas(円筒パノラマ)であればそれほど繋ぎ目を気にせずに大雑把に写真撮影をしても立派なパノラマ写真ができあがります。(デジカメを購入すると付属ソフトとして付いてくるメーカーも多く、お馴染みの複数枚の写真を横方向に繋ぎ合わせた横長長方形のパノラマ写真のこと)

ところが天地を含むCubicVR用の撮影となるとそうはいきません。
厳密さが要求されるのです。
その厳密さの正体こそが「ノーダルポイント」の存在なのです。撮影時の露出などその他多くの要素が絡むのは勿論のことですが。

しかしこの一番大切なノーダルポイントの位置は、殆んどのカメラ・レンズメーカで公表していません。
そこで自分でテストをしながら探し出すのはちょっとという方には、ネット上にある、日本・世界で活躍されているプロ・クリエイターの方々によるノーダルポイントの見つけ方や、主要各レンズのノーダルポイントをまとめたサイトなどはまさに救世主となります。

※「来る来る神戸」を運営されている山道さんのサイト:
素晴らしいパノラマ画像は勿論のこと、QTVRの作成からノーダルポイントの解説など、これからパノラマを始めたい方にとってはまさにバイブルとなりうるサイトです。

■ review: 来る来る神戸 【QTVRの制作へのいざない

そしてこのノーダルポイントを出すための道具はといえば、位置を固定するための「パノラマ雲台」です。
これは各社より多種なパノラマ雲台が発売されていますが、価格も高く私はあり合わせの部品を組み合わせて自作品で代用しています。
ここさえおさえておけば、当サイトで掲載している程度のパノラマ画像であればすぐに作成できます。あとは皆さんの好みでどのような見せ方をさせるかなどの加工をすれば良いだけです。

近年はFlashの進化が加速して、3年程前から Flash によるパノラマVR制作環境が出始めるようになると、あれよあれよと今では多くの制作環境が登場してきました。
私もお恐れながら、商用Flashパノラマの業界標準と言われている「Flash Panorama Player」を使ってはいますが、当然フルに使いこなせる技量などは全くありません。奥が深すぎて!
ただ Cubic VR がQuickTime に実装されている Apple社 のバーチャルリアリティ技術の一つである以上、私などのようにWindows pc での制作環境はやはり不利で、未だMac の独壇場であることには変わりはありません。

いずれにしても、CubicVR は大変面白いものです。
ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。楽しむことでハリもでてきます。

しかしどの世界にも、上には上があるものです。 まさに「天の上には天がある!」

 
ノーダルポイント
ノーダルポイント(Nodal Point)とは、光学レンズの設計上、入射瞳(Entrance Pupil)と射出瞳(Exit Pupil)のうちもこの入射瞳(Entrance Pupil)位置のことををノーダルポイント(Nodal Point)と言う。
 
※ Node(ノード)= 結節点 / 結像点
 
※ 入射瞳 ( ニュウシャヒトミ : entrance pupil )
レンズを物体側から見たときの開口絞りの像。
つまり、開口絞りの前にあるすべての光学素子によって物体空間中に形成された開口絞りの像。
この用語は、光学系内に有限の絞りが無い場合、対物レンズの口径そのものを表す言葉としても使われる。
 
※ 射出瞳 ( シャシュツヒトミ : exit pupil )
像空間から見た光学系の入射瞳の像、即ち像から見たときの開口絞りの像。
望遠鏡や顕微鏡では、接眼レンズの後方から離れて見たときに、これは光の小さな円として見える。一度に全視野を見るために目を置かなければならない場所でもある。
 
* 光用語技術辞典より

雨時々曇り13:05 気温/19℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • Skin2009年11月12日 Skin 今朝の気温はマイナス11.6℃ 道内では、美瑛町が一番気温が下がったようです。 凍り付いた庭先 「パノラマ写真を見てもいろいろなパターンや操作パネルがごちゃ混ぜで分かりづらいぞ。」 知人からのメールです。 ご尤もです。痛いほどよく分かります。 「作っている当人 […]
  • xml ファイル2009年3月8日 xml ファイル 一昨日の夜は今年初めての雨となりました。 春近しです。 それにしてもこの冬は道内各地の冬のイベントが終わって(2月下旬)からよく雪が降ります。今朝も昨日から降り続いた雪の除雪作業から一日が始まりました。 日中の気温がプラスになり出すと朝晩の寒暖の差が大きくなり、屋 […]
  • パノラマ写真を撮りませんか!2007年7月5日 パノラマ写真を撮りませんか! 至ってシンプルなパノラマ撮影機材 最近多いお問い合せが、「いつ写真を撮っているのですか?」 買い物に出かけるときには常にデジカメを持ち歩き、行き帰りの途中での撮影が大半(90%)です。走っている車の中からは家内が、車を止めれば二人で撮る。 と、こんな感じで […]
  • 拓真館2006年10月28日 拓真館 (拓真館 image:biei.info) 前田真三氏のフォトギャラリーです。 この時期はひっそりとたたずみ時折ツアーのバスがやって来ます。 → 拓真館 […]
  • 快晴 [深山峠 観覧車:パノラマ]2010年1月17日 快晴 [深山峠 観覧車:パノラマ] この冬初めてマイナス20℃を下回る! […]
  • 冬景色2011年8月3日 冬景色 午後1時:気温26.5℃、湿度33% 太陽の日射しは強いものの湿度が低く過ごしやすい午後となっています。 湿度が低い分、紫外線の強さが身にしみます! ここのところ昆虫の数が増えて、特に咲き始めの花や開花直後の花々に群がり痛めつけるため毎日捕獲するのが一苦労です。 […]
  • 道東 峠巡り2007年8月25日 道東 峠巡り 今日は以前から計画していた【津別峠】まで、往復約 550㎞ […]
4 Comments
  1. 山道様
     わざわざのご連絡ありがとうございます。
    今年はなぜかバタバタしながら花の季節も過ぎ、もう初雪の降る頃となってしまいました。花々のパノラマも掲載できずに本当に申し訳ありません。

    今後ともますますのご活躍を!
    北海道からエールを送らせていただきます。

  2. 山道様

    常にお手本とさせていただいている山道さんと地元札幌のkeijiさんのサイト。
    その山道さんからコメントをいただきまして、本当に恐縮しています。

    パノラマを始める切っ掛けとなり、0の知識からどうにか格好だけでもつくようになってきたのも、山道さんのサイトのまさにかゆいところに手の届く、素晴らしい解説のおかげです。

    仕事の合間の片手間でのパノラマづくりは試行錯誤の連続ですが、疑問にぶち当たると何時も山道さんのサイトには明確な回答が用意されていて、まさにバイブルです。
    今後ともご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
    また、機会がございましたら美瑛にもぜひお立ち寄りください。

  3. ご紹介いただいた山道です。
     あなたのサイトを見つけ、12年前に家族4人で北海道小樽から美唄、富良野、美瑛、旭川、北見、阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖、釧路、池田、帯広、日高、札幌と中部を車で横断した時の懐かしさがこみ上げてきました。とくに富良野、美瑛のお花畑の雄大さが忘れられず、また見たい景色の一つです。
     このたびは、私のサイトを紹介していただき光栄です。Cubicを初めて6年ほど成りますがなかなか満足な物がとれません。このごろはCubicの延長で超大パノラマに凝っています。時間があれば、またのぞいてください。

コメントを残す