フェルディナンドビシャール


(オールドローズ.image: biei.info.)

美瑛でのバラづくりの最難関は、やはり越冬対策です。
品種によって耐寒性に多少幅があるものの、すべてに共通することは、定植した年の越冬です。

雪の降る前に切り戻し、雪の間は掘り起こした株を寝かせて雪の中に埋めます。寒風からいかに守るかが大切です。
庭先の土壌は水はけの悪さも手伝って、定植初年の越冬後に芽を出さないこともあり、未だに失敗を繰り返す品種もあり悪戦苦闘しています。

このオールドローズも芽の出てくるのが遅く心配していましたが、一度芽が吹き出すと50日前後で花が咲きました。

学名:Rosa hybrida
別名:バラ
英名:rose
科名:バラ科
属名:バラ属
性状 落葉低木(耐寒性) 半つる性
原産地:北半球各地(園芸種)

コチラの記事も!

  • 魅惑のバラ類2004年1月1日 魅惑のバラ類 (バラ.image: biei.info.) バラ [バラ科 バラ属 […]
  • ショートケーキ[ミニバラ]2007年7月12日 ショートケーキ[ミニバラ] (ショートケーキ. […]
  • ハマナス2005年8月1日 ハマナス (ハマナスの実 image:biei.info.) 北海道は、ハマナス、オオタカネバラ、カラフトイバラなどの原種のばらの自生地でもあります。 ハナナスは北海道の花にも指定されているほか、道内各地の市町村の花にもなっています。 何といっても栽培の容易さと、花や果 […]
  • トランクウィリティー:純白の花びらの美しいERが、庭先での一番開花に!2018年6月19日 トランクウィリティー:純白の花びらの美しいERが、庭先での一番開花に! 異常な寒さが続いていた先週。 今日はいきなりまた夏日となり、気温変動の激しい6月となっています。 賑やかになりだした庭先 ジョセフィーヌ:早咲き大輪系(パテンス系 旧枝咲き・弱剪定タイプ) スイセイ2号:八重咲パテンス系 ト […]
  • ヒペリカム2016年7月18日 ヒペリカム ヒペリカム(オトギリソウ科/半常緑~常緑低木) 昨夜から降り続いた雨も明け方には上がりましたが、午後からはまた雨の予報。 庭先の草花もしっとりと濡れ、元気を取り戻す株もあれば、雨に打たれ倒れてしまうものも。 シャスタデージー:一雨降って、元気を取り戻し […]
  • 「サハラ’98」 色彩の魔術師!2016年7月10日 「サハラ’98」 色彩の魔術師! バラ一番花も終盤 昨夜からまた雨模様。 雨が小康状態になり、時折薄い日が差し込み始めた。 庭先に出ると、手入れを怠っていたので、散ったバラの花びらで株元が埋まっている。 昨年より開花の遅かったバラ一番花も、すでに終盤! なかでも一際異彩を放っているのが […]
  • シランの開花する頃2016年7月7日 シランの開花する頃 シランの開花する季節となりました。 シランの開花が始まる季節となりました。 園芸分類では「山野草」で、紫色のランなので「紫蘭(シラン)」の名前があります。 シランの開花する頃は、美瑛でも毎年うだるような暑さ?の続く日が多いのですが、ご多分に漏れず天気予報では、 […]

コメントを残す