ミミズ


(ミミズ.image: biei.info.)

粘土質の土を掘り起こし、腐葉土をすき込みながらの土づくり。
やっとここ4~5年でミミズが増えてきました。

ミミズは「大地の腸」と呼ばれ腐敗物から土を作り出す名人で、今の肥沃な土はミミズが4億年の歳月をかけて作ったとされるくらい有益な小動物です。

日本でよく見られるのは大きなフトミミズと釣りに使われるシマミミズです。
フトミミズは長さが30cmくらいのもありドバミミズという俗称もあるようです。もっと大きなものはジュズイミミズで、これなどは60cmの達するものもあるそうです。
土づくりはもちろん、近年このミミズの力を借りて生ごみを減らそうとする動きが活発です。ミミズは生ごみを食べてフンを出しますが、このフンが有益なのです。

ミミズのフンは、通常の土壌に比べ、チッソ約5倍、リン約7倍、マグネシウム約3倍、カリ約11倍、カルシウム約1.5倍も多く含むといわれます。
しかし何より、ミミズのフンには、その形状に優れた秘密があります。ミミズのフンは顆粒状で、乾いていても濡れていても、ふかふかと弾力のある状態を保つことができます。空気と適度な水分を保ち、粒と粒のすき間が根の伸び進む道を確保するわけです。

またミミズの体内には、食べたもののpHを中和する働きがあり、フンが中性なのはもちろんのこと、作物収穫後もpHバランスを崩さないので、連作が可能になります。
しかも、ミミズのフンは全く無臭で、生ゴミの臭いも吸収してしまいます。
驚異のミミズパワーです。

コチラの記事も!

  • 七草粥 [七種粥]2010年1月7日 七草粥 [七種粥] 大雪も峠を越え一安心する暇もなく、昨日からは強風が吹き荒れています。丘の至る所に木々の枝が飛び散り、風の強さを物語っています。 頭を出した十勝岳! 午前8時分過ぎ、強風の中「十勝岳」が雲の中からひょっこりと頭を出しました。今年のお正月は、3日に少し晴れ間が広がったも […]
  • カサブランカ2007年8月15日 カサブランカ 昨夜は今年始めて熱帯夜となりました。 暑さのなか、今庭中がユリの香りに包まれています。中でも[カサブランカ]が次々と純白の花を咲かせ始めています。 今年のカサブランカは、花丈:2m、花の大きさは約20cmもの大きさになりました。 オリエンタルハイブリッド系ユリの代表種であ […]
  • [道の駅] びえい 丘のくら オープン2007年5月1日 [道の駅] びえい 丘のくら オープン ([道の駅] びえい 丘のくら image:biei.info) 早いものでもう5月です。 買い物の帰り道、道内で97番目の"道の駅”として美瑛町に先月28日(土) オープンした「びえい […]
  • 「歩きスマホ」が、やめられない!2016年7月28日 「歩きスマホ」が、やめられない! 雨の木曜日。 道内では大雨に見舞われているところもあり、土曜日にかけまだ警戒が必要です。 昨日スーパーで買い物をしていると、後ろからドンと衝撃が。 「歩きスマホ」の小学生でした。 謝る言葉もなく、また画面を見ながら店内奥へ消えて行った。 まったく減 […]
  • 雪の果て2011年4月3日 雪の果て 春は足踏み 雪解けの進んだ丘に昨夜から ぼたん雪(名残の雪) […]
  • 大寒2007年1月20日 大寒 (国道237号 image:biei.info) 暖かな大寒を迎えました。 気温こそ氷点下ですが、日射しが身体にあたるとポカポカと暖かく気持ちの良い土曜日となりました。 食料品の買い出しに旭川のショッピングセンターまで。 往復約60㎞の道のり。 本州の方と距離のことは話す […]
  • 羽衣の滝2008年10月8日 羽衣の滝 自宅周辺の紅葉の名所も終盤を迎えています。 土砂崩れで長い間通行を制限されていた天人峡温泉「羽衣の滝(日本の滝百選のひとつ)」までの散策路が先月から通行できるようになり、今日は案内を兼ねて紅葉狩りに出かけました。 旭岳が姿を現し始めました。 明け方は濃い霧に包 […]