中華デジタル顕微鏡「HY-1070 Microscope Camera」その性能は?

顕微鏡は中学の頃から興味があり、当時は関連書籍を古本屋で探したり図書館へ行ったりと、読みあさっていたのですが?
専門用語が難しくて、ある程度理解できるようになったのは、高校時代です。HAYEAR HY-1070 古本 古本 古本

しかし肝心の顕微鏡は大変高価で、初めて手に入れた中古顕微鏡『オリンパス GC号』は社会人になってからで、今でも現役で愛用しています。メンテナンスも楽しいものです。

オリンパス GC号

それから数十年が経ち、ふとした機会で中華デジタル顕微鏡『HAYEAR HY-1070 Microscope Camera』を購入!

 

使用半年が経ち、その性能のほどは?

本機は、5インチ液晶画面付で16MP SONY-CMOS 1/2(IMX206)を使用。
中華製品の怖いところは、同じ型番で使用部品が異なるものが売られているから驚きです。
HY-1070に関しても、海外通販で$50以上安く売られている商品はイメージセンサーがSONY製で無かったりと、良く注意して商品説明を読まないと大変なモノをつかまされる。
*疑問点は必ず納得するまで問合せをし、返答の無いセーラーには手を出さないことです。

では、SONY-CMOSを使っている正規商品の画像は?

さすがにまずまずの画像クオリティを持っています。
USB or HDMI 接続共に、3~4万円台の販売価格以上の画像品質をはき出します。

更にソフトウエアが優れている点。
顕微鏡像の静止画・動画撮影における、撮影・編集機能の充実した制御ソフトウェアが、メーカーサイトよりダウンロードできます。

日本や海外のメジャー顕微鏡販売会社が使用している同一基本ベースのソフトウエアで、それぞれの会社が独自の名称で使用しています。
今のところ耐久性は?ですが、総合的にはお買い得では無いでしょうか。

ただ低価格中華製品全般に言えることは、仕上げの雑さ。
ある程度のバリやキズ等は構わず販売されているので、高級感などは無い。神経質な方は予算を惜しんで購入すると落とし穴に落ちます。

注意点としては、同じ型番で異常に安く売れているショップは要注意!です。

備)
フリーの画像処理ソフトでお勧めは → FIji

 

コチラの記事も!

  • 水沢新生2006年4月29日 水沢新生 (道は続く image:biei.info) すっかりお気に入りに: もともと自転車好きの家内ですが、MTBを操るようになるとすっかり病みつきになってしまいました。 ママチャリでは飽きたらず、自然溢れる美瑛の丘を思いきり自由に走り回るにはMTBは好都合でした。 […]
  • 海神-HESHIN-2008年12月13日 海神-HESHIN- 海神[ヘシン] 街灯一つ無い自宅の周り。 いつもなら暗闇のなかで何も見えないのですが、昨夜は雪夜の外が明るく照らし出されて遠くの風景まで確認できます。 都会にいた頃には分からなかった月の明るさなのです。 特に満月の前後は自宅周りの暗闇の風景が明るく照らし出さ […]
  • FileZilla [フリーソフト vs 違法コピー]2009年11月20日 FileZilla [フリーソフト vs 違法コピー] 庭先 家の周りも日に日に白さが増して行きます。 年末になると「HPを作り替えるかな。」と毎年のように思うものの、年ごとに面倒になり、ここ数年はそのままで新年を迎えていますが、昨年に引き続き年内にサーバーの移転だけは行う予定でいます。 ところでホームページを […]
  • 十勝岳連峰雪化粧2013年10月14日 十勝岳連峰雪化粧 日が短くなりました。 今日の日の出:5時41分、日の入:16時49分。 夜明けと共に十勝岳連峰へ目をやると山肌が白っぽい! 雪化粧をしているようだ。 ここ1週間は案内で当麻、上川、東川町を行ったり来たりで少々バテぎみですが、今日は雪化粧した山を見て皆大喜び。 […]
  • 北海道観光マスター検定2011年11月23日 北海道観光マスター検定 21日から大雪となり、22日には美瑛町の最低気温がマイナス12.1℃を観測するなど、師走を前にして大荒れとなっています。 ブログにはほとんど手をつけなかったこの1ヶ月ですが、気候だけは足早に真冬の厳しさに向かっています。 晴れ間の広がった勤労感謝の日 今日はお […]
  • 神居古潭2007年1月3日 神居古潭 (神居古潭 image:biei.info) 札幌へ行く途中、神居古潭に立ち寄りました。 積雪量の少ないこの冬ですが、古潭周辺も例年よりかなり少ない。 冬場で橋の手前で通行止めになっており、訪れる人もなくシーンと静まり返っていました。 ※ […]
  • 成長した子キツネ!2019年7月10日 成長した子キツネ! 自宅の裏で、4月下旬に生まれた子キツネ。 すでに巣離れしていますが、生まれたところが懐かしいのか、ここ数日頻繁に庭先に現れます。 今日も裏庭へ回ると、サクランボの実を食べ眠くなったのか、のんびりとうたた寝をしているようだ?足音の異変に気づき、こちらを振り向きました。2ヶ月 […]