中華デジタル顕微鏡「HY-1070 Microscope Camera」その性能は?

顕微鏡は中学の頃から興味があり、当時は関連書籍を古本屋で探したり図書館へ行ったりと、読みあさっていたのですが?
専門用語が難しくて、ある程度理解できるようになったのは、高校時代です。HAYEAR HY-1070 古本 古本 古本

しかし肝心の顕微鏡は大変高価で、初めて手に入れた中古顕微鏡『オリンパス GC号』は社会人になってからで、今でも現役で愛用しています。メンテナンスも楽しいものです。

オリンパス GC号

それから数十年が経ち、ふとした機会で中華デジタル顕微鏡『HAYEAR HY-1070 Microscope Camera』を購入!

 

使用半年が経ち、その性能のほどは?

本機は、5インチ液晶画面付で16MP SONY-CMOS 1/2(IMX206)を使用。
中華製品の怖いところは、同じ型番で使用部品が異なるものが売られているから驚きです。
HY-1070に関しても、海外通販で$50以上安く売られている商品はイメージセンサーがSONY製で無かったりと、良く注意して商品説明を読まないと大変なモノをつかまされる。
*疑問点は必ず納得するまで問合せをし、返答の無いセーラーには手を出さないことです。

では、SONY-CMOSを使っている正規商品の画像は?

さすがにまずまずの画像クオリティを持っています。
USB or HDMI 接続共に、3~4万円台の販売価格以上の画像品質をはき出します。

更にソフトウエアが優れている点。
顕微鏡像の静止画・動画撮影における、撮影・編集機能の充実した制御ソフトウェアが、メーカーサイトよりダウンロードできます。

日本や海外のメジャー顕微鏡販売会社が使用している同一基本ベースのソフトウエアで、それぞれの会社が独自の名称で使用しています。
今のところ耐久性は?ですが、総合的にはお買い得では無いでしょうか。

ただ低価格中華製品全般に言えることは、仕上げの雑さ。
ある程度のバリやキズ等は構わず販売されているので、高級感などは無い。神経質な方は予算を惜しんで購入すると落とし穴に落ちます。

注意点としては、同じ型番で異常に安く売れているショップは要注意!です。

備)
フリーの画像処理ソフトでお勧めは → FIji

 

コチラの記事も!

  • 老眼鏡2011年10月1日 老眼鏡 最高気温:12℃、雨交じりの寒い10月のスタートです。 半世紀もの間メガネとは無縁の生活を送ってきたのですが、今年に入ってからどうも文庫本や辞書の小さな文字が手元でかすむようになる。 週末になるといつも入る家電量販店の新聞折り込みチラシ。 商品の写真や特価表示はい […]
  • 心拍数管理2013年8月20日 心拍数管理 雨の降らないカラカラ天気から解放されたかと思えば、今度は毎日のように雨!天の神もいたずらが好きらしい。 昨日、ウォーキング途中で突然のどしゃ降り。 とにかく町中心部を離れると雨宿りをするところがない。大慌てで1.5㎞ほど先にある橋の下まで。 もちろん「今日も大気の状態 […]
  • 新作バック2011年3月4日 新作バック 昨日は道央方面で大雪となりました。 明け方からドンヨリとした曇り空でスタートした美瑛町ですが、午前10時を過ぎることから穏やかな日射しに覆われてきました。 5月下旬に見事な花を咲かせてくれる家の周りのタイムも顔を出し始め、庭先の根まわり雪も日ごとに大きく広がっています。 […]
  • 職業用ミシン2011年2月18日 職業用ミシン 数日前から暖かな日が続いています。 今日も午後0時30分の気温は0.2℃とすでにプラス。屋根から次々と雪が滑り落ちていますが、今夜は一変して急激に寒くなる予報が。 いろいろな用事や雑用でブログも一ヶ月ほど見向きもしなかったのですが、昨日何となく wordpress の […]
  • ヘッドランプの交換2010年6月8日 ヘッドランプの交換 旭川市 昨日車で走行を始め3ヶ所目の赤信号で停車した時、前車のバックボディーに自車の前照灯の光が右側しか映し出されていません。 「おや! […]
  • 手づくりの品2009年1月20日 手づくりの品 月に一度ほど大雪が降るのですが、この冬は本当に暖かな日が続いています。 大寒の日の最高気温がプラス1℃。 この厳冬期に最高気温がプラスにまで上がるのは、今まであまり記憶にありません。 庭先からの自宅 先日降った雪もこの暖かさでどんどん解けています。 そのよ […]
  • Steve McCurry 『South Southeast』 と出会う ・・・2017年11月15日 Steve McCurry 『South Southeast』 と出会う ・・・ 個人開業医の待合室のラックの中に、大型写真集が。 Steve McCurry(スティーブ・マッカリー)の『South Southeast』が並んでいる。 氏は、ナショナルジオグラフィック誌(1985年6月号)の表紙を飾った「アフガンの少女(Afghan […]