冬道

今日の「日の出」は午前7時2分、「日の入り」は午後3時59分。
昼の長さは約9時間。

写真は、19日土曜日:日の入り時刻の美瑛町内JR富良野線踏切手前の様子。
写真より少し前の状況で)
遮断機音が鳴りだしましたが、遮断機はまだ下り始めていません。T字路右方向から対向車の姿も見えます。日没直後で路面もすでにアイスバーンでツルツル路面状態です。
まだ遮断機音が鳴りだしたばかりなので、停止もしないで急いで踏切を通り抜けてしまいますか?
JAF事故回避トレーニング「このとき、あなたは何に注意しますか?」ではありませんが。


Highslide JS

危険がいっぱいの冬道!

昨日も日の入り時刻の帰り道(午後4時)、上記写真とほぼ同じような状況で。
踏切の遮断機が下りる手前で前車がスリップしながら左右にふらつき電柱にぶつかりそうになりました。交差点や踏切の手前は発進・停車の繰り返しで路面はツルツル。
遮断機音が鳴り始めているのに通り抜けられる(距離)と判断したのか、結局急ブレーキをかけ停止しようとして挙動を失ったようです。危ないところでした。

このように踏切で遮断機音が鳴り始めているのに通過しようとするのは論外ですが、冬道の:特に交差点での停止判断は非常に難しいのです。
大都会のように交差点に必ず歩行者用信号機が併設してあれば、青の点滅で道路信号機が黄色に変わるタイミングがつかめ停止しやすいのですが、田舎では歩行者信号機のあるところなど限られています。それより交差点に片側(主道路側)にしか信号が無いところも多くあるのです。
なぜ片方なのがよく分かりませんが、全く無い方がお互いに安全確認をするような気もしますが?


Highslide JS

冬道の安全運転のポイント!

夏場なら前方信号機が黄色に変われば十分に停止できる距離であっても、冬道のツルツル路面では停止より通過する方が安全な場合も多い。
それだけ冬道の運転は夏より何倍もの危険が潜んでいるのです。

思わず他人事でもヒヤリとした昨日でした。

そして今朝は冷え込みました。
庭先の温度計も、自宅周りこの冬一番の最低気温:マイナス16℃(午前6時)になっています。木々も凍りついて、少しでも触ればポキッと折れてしまいそうです。


Highslide JS

しばれる朝


Highslide JS

しばれる朝


Highslide JS

しばれる朝


Highslide JS

しばれる朝

晴れ09:05 気温/-11℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 「フィッシングメール」にご注意2015年12月3日 「フィッシングメール」にご注意 当方宛に届いた『フィッシングメール』 先週より住信SBIネット銀行から悪質な『フィッシングメール』にご注意ください。 とのメール案内が届いていた。 そして本日、なんと当方アドレスにも『住信SBIネット銀行本人認証サービス』なる怪しいメールが届いた。 「こんに […]
  • 華やかな杏色のバラ : ポルカ [Polka]2014年7月25日 華やかな杏色のバラ : ポルカ [Polka] 近隣のスーパーや青果店で杏(あんず)の実(生あんず)を販売する店はまず見当たらない。欲しいときは、本州から通販で取り寄せてジャムなどに加工している。 当然のこととして杏の実など見たこともない子どもたちも多く、遊びに来ていた子どもが庭先でバラのネームプレートを見ていると、「 […]
  • 冬型事故2011年12月22日 冬型事故 旭川へ出かける途中の国道237号。 前方で赤色灯が点滅しています。 多重事故発生! […]
  • 葉月 [はづき]2011年8月1日 葉月 [はづき] 夏の交通安全運動(年7月15日 ~7月24日)も終わり、いつの間にか8月に。 昨日(31日)の正午過ぎ、お隣東川町で6人乗りのワゴン車が対向車線にはみ出し、電柱に激突。1人が死亡する痛ましい事故が起きました。 北海道で特に交通死亡事故が多発するのは7~8月。 […]
  • 日照時間2009年6月15日 日照時間 6月に入ってからはお陽様がどこへ行ってしまったのか? 1日(月)から今日までの1日当たりの日照時間は旭川周辺では2.5時間と、雨と曇りの日々が続いています。 日中を通して晴れ間が覗いたのは10日(水)「花フェスタ 2009」の初日だけ。 2009 […]
  • 敷島の滝2008年10月13日 敷島の滝 「もう紅葉はあまり期待できないと思います。」 しかしどうしても行ってみたいと、この秋二度面の天人峡温泉へお伴することになりました。 現地に着くとすでに裸木こそ目立ちましたが、名残の紅葉を十分に楽しむことができました。そしてせっかく来たのだから、東洋のナイアガラ「敷島の滝 […]
  • Steve McCurry 『South Southeast』 と出会う ・・・2017年11月15日 Steve McCurry 『South Southeast』 と出会う ・・・ 個人開業医の待合室のラックの中に、大型写真集が。 Steve McCurry(スティーブ・マッカリー)の『South Southeast』が並んでいる。 氏は、ナショナルジオグラフィック誌(1985年6月号)の表紙を飾った「アフガンの少女(Afghan […]