夕張 第2弾

三弦橋


夕張を訪れたもう一つのお目当ては、【夕張シューパロ湖 三弦トラス橋】を見ることでした。三弦橋(さんげんきょう)は、北海道夕張市のシューパロ湖に架かる旧森林鉄道の鉄橋です。(正式名称:旧森林鉄道夕張岳線第1号橋梁)
この鉄橋の存在を知ったのは、約7年ほど前にお泊まりいただいた夕張出身のお客様からのメール。
その中に添付されていた写真がシューパロ湖に架かる三弦橋でした。いつかは行ってみたい!
そしていつの間にか月日は7年が過ぎてしまいました。

当日は、富良野 → 桂沢湖 経由でひとまず夕張市内(宿から車で約3時間弱)へ向かい撮影ポイントの目処をつけて同じ道を引き返しました。
とにかく夕張市内に入るまでは、いたるところで工事や採掘などが行われており、まるで砂埃の中のドライブ。

2006年6月20日、北海道夕張の後藤健二市長(当時)は定例市議会で、
総務省に対して財政再建団体の申請をする考えを表明して早いものですでに1年が経過しました。
駆け足で訪れた夕張ですが、やはり交通の便の悪さと、坂が続く谷間に長く集落が延びているため、一見して何かにつけ不便だろうなと思わざると得ません。
市であるにもかかわらず、北海道地方村町のような寂しくて閑散とした雰囲気があり、一部を除いて人影を見ることもあまりありませんでした。
しかし市に入ると突如大きなホテルなどが姿を現し、ここは市であると存在感を誇示しているようでした。
炭鉱住宅夕張市内に入ると、映画「幸せの黄色いハンカチ」でおなじみの「黄色のハンカチ」がシャッターの多く閉まった商店を横目にしながら、所々の商店前ではためいていました。
同じ自営業者として、商売をされている方々の現状の深刻さが痛いほど伝わってきます。

美瑛町も大きな赤字を抱え喘いでいます。
隣同士、何かできることはないのか。道内の問題は北海道が一丸となって元気になるよう頑張らねばなりません。

気分を変えてせっかく来たのだから、映画の撮影現場へ行ってみようかと国道を注意しながら走っていましたが、場所が分からず今回は諦めることに。
(帰宅後調べてみると、幸いなことに 幸せの黄色いハンカチ広場(と言う名称)はすでに休館に入っていました。 休館期間:10月22日~4月25日)

しかし国道沿いには映画を彷彿とさせるような炭鉱住宅が点々と目につきます。写真を撮ったここの住宅もほとんどは空き家のようですが、住宅裏には新しい家が建っており、現在でも愛着をもった住民の方々が暮らしている。
通りすがりのドライバーさんに聞いてみると、賑わいのあった古き良き夕張の
雰囲気を求めて、ここを訪れる観光客も多いそうです。
三段滝晩秋から初冬に欠けての北海道の
日没は早い!
日も傾いて来たので、帰路につく準備を始めました。
夕張市 → 三笠市 → 芦別市 → 富良野市 → 美瑛町 と各市をまたいで、
来た道を戻ります。
途中、三笠市の桂沢湖を過ぎ、芦別市に入る通称夕張国道(国道452号)沿いに紅葉の名所:三段滝公園があります。
時間はちょうど午後4時20分。間もなく日が落ち、周りは灯り一つ無い闇の世界になります。トイレ休憩を兼ね下車し、カメラ・三脚を担いで大急ぎで三段滝へ向かいました。

紅葉はすでに終盤。大半の葉は落ちています。誰一人いない滝の周りを撮影し終わると、一路富良野から自宅へと車を走らせました。

三段滝 QTVR映像[4.2MB]

晴れ16:20 気温/13℃

コチラの記事も!

  • 三菱石炭鉱業大夕張鉄道:南大夕張駅2007年10月25日 三菱石炭鉱業大夕張鉄道:南大夕張駅 久しぶりに北海道遺産の旅へ: 目的地は宿から片道約130㎞、「空知の炭鉱関連施設と生活文化」として2001年(平成13年)に北海道遺産として指定さた夕張・炭鉱遺産の南部地区にある三菱大夕張鉄道:車両(みつびしおおゆうばりてつどう:しゃりょう)を訪れました。夕張 […]
  • ザ・ウィンザーホテル洞爺2008年8月4日 ザ・ウィンザーホテル洞爺 函館(朝市)からは洞爺湖経由で美瑛町に戻ります。 その洞爺湖町には、沖縄県に次ぐサミット会場(主要国首脳会議)として日本全国いや世界中にその名が知れ渡った「ザ・ウィンザーホテル洞爺」があるところで、少し寄り道をして立ち寄ることにしました。 ザ・ウィンザーホテル洞 […]
  • 江差町 [江戸の歴史と文化を伝える]2008年8月2日 江差町 [江戸の歴史と文化を伝える] NHKの大河ドラマ篤姫もいよいよ面白くなってきましたが、松前町を後にして悲運の徳川幕府軍艦「開陽丸」を目指し江差町へ向かいます。 江差町は北海道の南西部に位置し、北海道文化発祥の地ともいわれ、江戸期のニシン漁最盛期には「江差の五月は江戸にもない」といわれるほどの繁栄を極め […]
  • 松前城 [北の小京都]2008年7月29日 松前城 [北の小京都] 28日(月)から2泊3日で道南:渡島・檜山支庁へ出かけました。 函館、松前、江差を駆け足で廻った様子を順不同で紹介をして行きます。 昨日函館へ向け出発。 しかし函館に着く頃にはどしゃ降りの雨となりました。 道北は晴れていても、道南は毎日雨続きの空模様で改めて北海道の […]
  • 道東 峠巡り2007年8月25日 道東 峠巡り 今日は以前から計画していた【津別峠】まで、往復約 550㎞ […]
  • 函館朝市2008年8月3日 函館朝市 早いもので今日はもう自宅に戻る日です。 帰路につく前、函館朝市を見学することにしました。 魚介類、野菜、青果、乾物、惣菜まで函館の新鮮な食材が揃い、古くから市民の台所として愛され続ける函館朝市は、はこだて自由市場・中島廉売と共に函館の三大市場です。 函館朝市 […]
  • 札幌[さっぽろ]ホワイトイルミネーション2007年1月3日 札幌[さっぽろ]ホワイトイルミネーション (札幌JRタワー image:biei.info) 明日で最終日となる「さっぽろホワイトイルミネーション」の大通会場へ思いきって出かけました。 駅前通など他の会場は、2月12日(月:振替休日)まで点灯されています。 間もなく日没。 日没前後のJR札幌駅前です。 […]
2 comments to “夕張 第2弾”
  1. お二人ともお変わりないご様子で、仕事の忙しさが目に映るようです。
    小さな公園らしきところから写真を撮りましたが、橋が水に沈む前にもう一度、どこか間近に見られる場所があれば行ってみたいと思っています。

  2. こんにちは、ご無沙汰しています。
    今年も残りわずかですが、予報どおり天気は大荒れのようで、そちらは如何でしょうか。
    大夕張のシューパロ湖に架かる三弦橋を見に行かれたのですね。付近は、ダムの嵩上げ工事で雑然としていたと思います。いずれその工事が終われば、その橋も水の中に沈む運命となります。
    こちらは相変わらず儲からなくなりつつも忙しさだけが増して、目をしょぼつかせながらパソコンの前で夜遅くまでマウスをクリックしています。佐藤さんは、先日も検定の際に現場へ手伝いに来て貰いました。
    それでは、年末のお忙しい中、失礼致しました。良いお年をお迎えください。

コメントを残す