小さな主役、脇役たち


Highslide JS

ドンヨリした空から小雨が降り続く。

二日おきに晴れと雨の繰り返しで、低温傾向の今年の六月。
その影響で、庭先ではあちこちで普段見ることのないキノコ類が顔を出している。

バラはちらほらと蕾の萼割れが見られるようになった品種もありますが、昨年に比べると開花は遅くなりそう。
この時期に開花の始まる庭先の小さな草花たも、晴れ間が続くのを待ち望んでいます。


Highslide JS

タマザキサクラソウ (現在草丈、約18㎝)

上記はサクラソウ科サクラソウ属の多年草である「タマザキサクラソウ」
ヒマラヤ原産で標高1,500 ~ 4,000mあたりに生息するだけあり、寒さに強く強健。北海道でも比較的育て易く、あちこちで植栽されています。
その名の通り、まんまるの花序を出す。(白花品種もある)


Highslide JS

アッツザクラ


Highslide JS

セラスティウム これからビッシリと花が咲きます!


Highslide JS

エリゲロン(洋種アズマギク)

エリゲロン(カルビンスキアヌス種)はたまたま園芸店で見たときに、植物の耐寒性の指標となる数値である「ハーディネスゾーンナンバー」がとラベルに記載されていたので購入した。

 
学名:Erigeron (エリゲロン)
別名:洋種アズマギク、ゲンペイコギク(源平小菊)
科名:キク科
属名:ムカシヨモギ属(エリゲロン属)
分類:宿根草(耐寒性多年草)冬期落葉種
草丈:10 ~ 40㎝
花径:1 ~ 2㎝
開花期:春から秋(寒冷地域)
原産地:北アメリカを中心とした世界各地
ふやし方:株分け、種まき
※ 耐寒性は比較的強い

自宅庭先では場所を選ぶところが有り、購入年は旺盛に茂っていても、雪解け後全く芽の出ないところが何カ所もあった。
よく調べてみると、キク科ムカシヨモギ属には、約200種ほどの一年生または多年生植物が含まれるようで、種類によって形態や性質は多種多様。
よって耐寒性も様々で、日本で販売されているものはカルビンスキアヌス種(ゾーンナンバー:8 ~ 11)が多いようで、-11℃以上の地域がベストのようです。

これでは寒冷地には不向きで、越冬できなくても不思議ではない。
しかし-20℃にもなる美瑛町でも、植栽場所や陽当たりなど、うまく環境が合えば毎年越冬し自宅庭先でもよく育っています。
雪どけ後には細かく枝分かれしてよく茂り、株を覆うようにして花を咲かせ大株になります。何と言っても、バラとの相性は抜群です!


Highslide JS

ミヤコワスレは間もなく見頃!

こちらは小さくはありません。
30cm程度の草丈になる「ミヤコワスレ」で、そろそろ見頃を迎えています。

曇りのち雨12:25 気温/13.9℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • また雪!2013年4月22日 また雪! 昨夜から雨が降り出し、深夜には雪へと。 昨日は雪が無かったのに。1分ほど霰(あられ)が降った後。 また雪! せっかく咲き始めた福寿草もまた雪を被りました。 しかし気温は高め(午前5時:+0.2度)なので、午前中には解けるかな? 北国のガーデニン […]
  • 雪道の自転車走行は危険がいっぱい!2017年11月19日 雪道の自転車走行は危険がいっぱい! (危ない!.image: […]
  • エンレイソウ2008年5月16日 エンレイソウ 先日のミヤマエンレイソウ(深山延齢草)に引き続き、まるで白バラかと思うような美しい花を咲かせた八重咲きのエンレイソウ。 […]
  • 北海道、青森は赤飯が違う2004年12月11日 北海道、青森は赤飯が違う (甘納豆赤飯.image: […]
  • つらら2007年2月21日 つらら (つらら image:biei.info) 気温:マイナス0.5℃。 気温が0℃前後で推移すると屋根からの雪融け水がポタポタとしずくを垂らしながらでも、つららになって行き、その長さが見る見る長く成長して行きます。 暖冬とはいえ、宿の裏ではまだまだ背の高さほどの積雪量があり […]
  • デュアル・モード・ビーグル2004年12月28日 デュアル・モード・ビーグル 道路とレールの両用車両「デュアル・モード・ビークル」(DMV)を、JR旭川駅―旭川空港間や富良野方面へ導入の動き。 NIKKEI NET:地域経済ニュース […]
  • 赤とんぼ2009年8月18日 赤とんぼ 天候に恵まれない8月。 週間天気予報では明日から週末にかけてまたずらりと傘マーク。その後、週明けからはグッと気温も下がり天候不順のこの夏も、終わりが目と鼻の先まで近づいています。 気がつけば日増しに庭先の赤とんぼの数が増えてきました。 トンボの羽は何とも神秘的 […]