手袋をはいて、いざ雪かき

除雪道具今月はよく雪が降ります。
降れば朝は除雪がつきもの。
玄関前には愛用の「雪はね」道具!を揃え、さっそく手袋をはいて(穿く、着く)、ママさんダンプの活躍です。
写真(右側:黄色の道具)の雪を運ぶ雪押しのことを「ママさんダンプ」と呼んでいます。

そしてまたまた本州の方には訳の分からない言葉:手袋を「はく」。
こちらでは手袋を穿くのです。車のタイヤを夏から冬タイヤへ「はき替える」の“はく”です。
手袋をはめる・つけるぐらいの軽い気持ちでは、マイナス20度はのりきれません。すき間のないようにしっかりとはくのです。

美瑛町の年間降雪量(平均値)はどの位は分かりませんが、隣の旭川市の昨年度(’03年)の平均降雪量は616㎝。
宿の周りでは一晩に30㎝以上の降雪のある日もありますが、旭川市の数値よりは少ないような気がしますが。

雪の朝:仕事はまず除雪から始まります。
気温が低く、サラサラの新雪なら写真の柄の長いスコップで軽々と除雪ができます。玄関周りなら毛足がプラスチックでできた箒ではき飛ばすだけです。
しかし気温が高く、重い雪となるとやはり丈夫なスコップを使わないと歯が立ちません。また温度変化が激しくなり、雪が氷のように堅くなった時にはツルハシが登場します。

最近ホームセンターなどの店頭でよく並んで売られているのが「スノープッシャー」。スノープッシャーは柄の先がブルドーザーのようになっていて、雪をすくうのではなく押しのけるようにして使うので、力がいるのではと思いきや、以外に楽々と雪かきができるので驚きです。

「ママさんダンプ」 は北国の定番:
除雪しながら、雪捨て場などに雪を運ぶ場合にはスノーダンプという道具が登場します。
上記のように「ママさんダンプ」と呼ぶのが一般的ですが、新潟県の会社の特許商標のため、厳密にはどれでもこの商品名は使えないとのことです。
しかしわれわれは同じような形のものを見れば、どれもそう呼んでしまいます。
新潟のメーカーが開発の際に「力のないお母さん(ママさん)でも、ダンプカーのようにたくさんの雪を楽に運べるように」と考案され、「ママさんダンプ」という商品名がついたそうです。
現在では、他社から素材もさまざまな、同型タイプのものがいろいろ販売されています。

コチラの記事も!

  • 水落し2005年1月12日 水落し (宿の庭.image: […]
  • カタクリ2007年4月24日 カタクリ (カタクリ image: […]
  • ムシトリナデシコ [虫取り撫子]2005年7月6日 ムシトリナデシコ [虫取り撫子] (ムシトリナデシコ.image: […]
  • Warp Stabilizer [見やすい映像に]2011年8月20日 Warp Stabilizer [見やすい映像に] 用事で北海道新聞旭川支社に出かけました。 新聞社近くのコンパーキングに車を預けて。 土曜日でもあり、自転車で国道を走る姿が多く見受けららます。 旭川へは国道237号を使用しますが、三桁の国道のため道幅も狭く追い抜き時は気を遣います。 久しぶりにデジカメで前方 […]
  • 初雪2005年10月25日 初雪 (初雪 image:biei.info) ついに来ました。 雪虫が雪をもたらしたのか、寒冷前線の通過とともに25日の道内は断続的に雪が降り出しこの冬の初雪となりました。(旭川・美瑛では平年より2日遅れ) 今月3日(月)の十勝連邦初冠雪以降、急速に朝晩の冷え込みが厳しくな […]
  • ジャガイモの花2005年7月19日 ジャガイモの花 (ジャガイモの花.image: biei.info.) お客様の朝食の準備をする前に、宿の裏のジャガイモ畑へ。 雪解け後の低温と天候不順のため例年より遅く、今まさに 『ジャガイモの花』 […]
  • カムイワッカ湯の滝2005年8月16日 カムイワッカ湯の滝 世界自然遺産に登録された知床: その知床において車で行くことが出来る最終地点に 『カムイワッカ湯の滝』 […]