挿し芽

とかく不吉で嫌われる13日の金曜日:今日はその日。
春一番?なのか、自宅周りは朝から強風が吹き荒れています。


Highslide JS

春を告げる 根回り雪

雪解けを前にして庭先では根回り雪(ねまわりゆき)の輪が日ごとに大きくなってきました。今日のように気温がプラス(12:30現在 +2.9℃)になり、更に風が強いと雪解けが一気に加速します。

と同時に春先は雪解けによる災害(特に山での雪崩)も多く、侮れない時期でもあります。
10センチの雪解けは40ミリの大雨に匹敵するように、急激な雪解けが起きた場合には平地での融雪洪水の危険も孕でいます。

ただ春を待つこの時期は、長いトンネルもようやく終盤にさしかかり目前に出口の明るさが見えてくるように、毎年毎年変わらず独特の感情がこみ上げてくるものです。
まさに今はウキウキ・ソワソワ。

家内もこの時期は、室内の出窓ところ狭しと挿し芽の作業に追われています。


Highslide JS

挿し芽:ここはゼラニューム & 宿根リナリア

毎年、春から秋まで庭で美しく咲き続けてくれた草花や庭木。
そして冬が訪れ:
寒冷地で越冬出来ない種類は室内に取り入れて保護育成していましたが、そろそろ春に向けての作業開始です。

まずゼラニュームと宿根リナリアの挿し芽の準備にかかります。
昨年秋までは庭に30鉢ほど育てていましたが、室内に取り入れるにも限度があるため、花色違いのゼラニューム5鉢、リナリア1鉢に選別し室内で育てていました。
その親株からの挿し芽で、今日はゼラニューム20芽、リナリア5芽を挿し芽にしました。
6月初旬頃には花が咲きます様にと。 (我が家のガーデナーより)

晴れ時々曇り121:40 気温/2.9℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 新芽2009年3月31日 新芽 次々に新芽が! 3月12日に挿し芽をした、ゼラニュームと宿根リナリアから元気よく新芽が出て来ました。 庭先は雪どけが進んでいますが地面はまだまだ凍結していてカチカチ。 窓辺だけは一足早く春の訪れです。 (by […]
  • 十五夜2005年1月25日 十五夜 (十五夜.image: […]
  • 春の色2008年3月3日 春の色 春の匂い:つららの壁の向こうは […]
  • エゾモモンガ2008年5月2日 エゾモモンガ エゾモモンガ 昨日、川村カ子トアイヌ記念館にてエゾモモンガの木彫りを買いました。 アイヌの人々にとってはエゾモモンガは、「子供の守り神」という意味で アッカムイと呼はれているそうです。 森の中を神出鬼没に、一瞬のうちに現れたり姿を隠したり、その素早い身の […]
  • 雪の果て2011年4月3日 雪の果て 春は足踏み 雪解けの進んだ丘に昨夜から ぼたん雪(名残の雪) […]
  • 正しい姿勢2012年2月15日 正しい姿勢 大荒れの天候! 外は大荒れで、明朝までは猛吹雪の模様! しかし通勤通学など、日常生活は時間内に出かけなくてはならないことばかりです。 生命の危険を伴うような悪条件で無い限りは、雪や猛吹雪が気になるようでは北海道では暮らせません。 もちろん外部要因だけでは無く […]
  • 虹2006年8月17日 (虹 image:biei.info) 連日真夏日が続いています。 今日も停滞している前線の影響で、朝からぐんぐん気温が上がり更にプラス高湿度。涼しいはずの北海道を当て込んで来られた観光客の皆さんは、この暑さにぐったりといった様子です。 今にも雨が降りそうな雲行きの仲、 […]