本物にたどり着かない芸術

久しぶりにカメラと向き合い、楽しさを再確認。
今や写真は銀塩時代以上に、加工・編集等で仕上りはどうにでもなる。まさに「複製技術時代の芸術作品」の著作でも知られるヴァルター・ベンヤミンの云う『本物にたどり着かない芸術』。

私は、芸術などとの意識は皆無。ましてや営利目的でもない。
撮り終えた写真から喜怒哀楽がよみがえり、過去の悲しみが込みあげてくる一枚を見れば、自分の紛れもない当時の生き様が納められている。生き様の詰まった写真集なのです。

好きなものを撮る楽しさはもちろん、自分の行動をコントロールするのに大いに役立っている。

加工に関しては、明らかに「どうも色が違う」など、自分の記憶色と異なる時は近づけようとはしますが、基本はカメラ任せの「撮って出し」。

昨日の写真で使ったレンズは、2003年に購入したタムロンSP AF 180mm F/3.5 マクロレンズ。
大きく・ごつくて、フードを付ければレンズだけで30㎝にもなるが、仕上り画像を見て久しぶりに「写真は楽しいな!」を実感。

昼前、用事があり道の駅 びえい「丘のくら」へ出かける際、長らく持ち出さなかったカメラを携えました。

コチラの記事も!

  • ヤマユリ2011年8月13日 ヤマユリ 十勝岳連峰主峰「十勝岳」の火口までがクッキリと見える、何週間ぶりかでの快晴のお盆。 カサブランカ 8月に入りいろいろな種類のユリが咲き始めていますが、極めつけはやはり 『ヤマユリ』 […]
  • 芽吹き2010年4月12日 芽吹き 午前5時:気温マイナス3℃ 庭先は解けだした雪もガチガチに凍りつき、あちこちで霜柱が立っています。 午前8時、庭先から望む陽のあたった十勝岳連峰はまるで氷の塊のように光り輝いています。 ツルツルの表情をした十勝岳連峰 庭では氷点下の寒さにもめげず、いっせいに […]
  • ピノキオ2010年5月24日 ピノキオ 気温が20℃を超えるとあれよあれよと、サクランボの花が一気に満開間近になりました。 天気は良いのですが強風が吹き荒れる庭先 庭に出ると、ちょうど 『ピノキオ(チューリップ)』 […]
  • グーグル革命!2007年1月21日 グーグル革命! グーグルマップ_Google map 「グーグル革命の衝撃」あなたの人生を“検索”が変える! […]
  • 野鳥観察2008年12月16日 野鳥観察 小さな庭先の木々の下に何ヶ所か設置したバードテーブル。 このところ騒がしいぐらいに活況を呈しています。 順番待ち しかしこの冬は毎年一番多く姿を見せるヒヨドリの姿が少なく、どうも野鳥の現れ方もいつもの年と違っているようです。 今もシジュウカラ、アカゲラ、ミヤ […]
  • ホヤ・カルノーサ [サクララン]2005年3月11日 ホヤ・カルノーサ [サクララン] (ホヤ:サクララン.image: […]
  • 砲弾発見2003年6月7日 砲弾発見 美瑛町南西部は明治40年から終戦まで、旧陸軍第七師団美瑛演習場が広がっていた場所です。 戦後民間に開放され今は美しい畑が広がっていますが、6月町内から相次いで砲弾が見つかりました。 さらに付近住民からも砲弾の提出があり、自衛隊で処理を行いました。 ◆ […]