水無月

やっと二日ほど晴れ間が広がったかと思えばもう下り坂に向かい、今日は朝から強風が吹き荒れています。
周期的な天気変化は秋らしいと言えば秋らしいのですが。

明け方の気温も一気に下がり始め、庭先の「水無月」がピンク色を帯び何ともいえない色合いに変化をしてきました。
水無月はとても美しいノリウツギの園芸品種で、20~30cmの大きな円錐状の花穂全体が装飾花になっています。
※ ノリウツギは両性花と装飾花がある。

ところでノリウツギには面白い思い出があり、道内に移り住んだ当時、野道を散歩していた折りに通りがかりのご夫婦が「サビタが綺麗に咲いている!」と言われ、「サビタ」それは何?と。
振り向いても分からず、「サビタとは何ですか?」と尋ねると、「ノリウツギ」のことでした。
北海道では「サビタ」と呼ぶのだと知ったのは14年も前のこと。
逆にノリウツギと言っても地元の方にはピンとこないようです。
と言うより、分かる方は少数。

広辞苑を引くと、

 
のり‐うつぎ【糊空木】
ユキノシタ科の落葉低木。各地に自生。高さ約3メ-トル、葉は楕円形で対生または三輪生。夏、茎頭の大きな円錐花序に、多数の白色結実性の小花と、アジサイに似た少数の白色大形装飾花をつける。枝が中空なためパイプ・ステッキを作り、樹皮から製紙用の糊をとる。ノリノキ。サビタ。
引用:「広辞苑」

確かに、サビタとでています。

さてその不思議な呼び方(名)の語源はと調べると、一説には「アイヌ語が語源」との説もありますが詳細は未だ不明のようです。

 
アイヌ名:「サビタ・ラスパ」
アイヌ語ではラスパは:槍の柄と穂先をつなぐ棒「継ぎ手」のことだそうですが、サビタの由来は、やはり不明とのことです。
引用:「アイヌ民族の有用植物」北海道立衛生研究所

また、山間の沢などに多いことからサビタの語源はそのあたりからきている。もともとは「サワフタギ」だったらしい。それが次第になまって「サビタ」になったのだという (辻井達一,1995,日本の樹木 都市化社会の生態誌) 解釈もあるようです。

     

話がどんどんそれて行きますが、上記に名前のでてきました「北海道立衛生研究所」:
美瑛町からそうたびたび行くことはできませんが、北海道大学の北隣にあるのが北海道立衛生研究所。
そしてその敷地内にある植物園が「北海道立衛生研究所薬用植物園」です。

足を踏み入れると、札幌市中心部でこれだけの植物を見ることができる薬用植物園があることに、まず驚きます。

手入れが行き届いた園内には、自然の宝庫北海道でも普段あまり見ることのできない山菜や類似毒草など、誤採取にも役立つ貴重な植物も多く、私などアイヌ民族に興味を持つ者には必見の「アイヌ民族の有用植物」:アイヌ民族が生活に使っていた植物コーナーが設けられているなど、北海道ならではの雰囲気を持つ貴重な植物園です。

ぜひ、足を運んで見られてはいかがでしょうか。 ただ公開日時が短く限られていますのでご注意を。
短いとなれば尚更見て見たくなるのが人情ですが、北海道の財産ともいえる期待を裏切らない植物園です。

 
道立衛生研究所薬用植物園 一般公開日
◆ 期 間:5月から9月まで第1及び第3金曜日
◆ 時 間:13時30分 ~ 15時30分
◆ 連絡先:食品薬品部薬用資源科 電話 011-747-2746
  また定期的に「薬草観察会」も行っています。
  詳しくは、上記連絡先まで。

また、近くに北海道医療大学薬学部付属薬用植物園・北方系生態観察園がありますので間違われないように。
こちらは開園時間が 9:00 ~ 17:00 なので、ここを見学して時間調整をしながら道立衛生研究所へ向かわれると良いでしょう。

本題に戻って、
サビタもそうですが、その土地ならではの言葉とは面白いものです。
そしてその冬、以前ブログでも書いた「手袋を穿く(はく)。」 手袋は穿くのだと知りました。

庭先の水無月の8月1日から本日までのスナップを。


Highslide JS

8月1日の水無月


Highslide JS

8月11日の水無月


Highslide JS

8月20日の水無月


Highslide JS

8月27日:本日の水無月

午後2時を過ぎて小雨が降り始めました。
雨の強くなる前に、ジャム用のブルーベリーを採ることにしました。


Highslide JS

ブルーベリー

曇り14:00 気温/19℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 神無月2007年10月1日 神無月 今年も日々の記憶も消えゆく中でいつの間にか9ヶ月が過ぎ、今日からは10月。北見ではもうすでに雪虫が飛んだそうです。 「光陰矢のごとし」 特に年を重ねてくるとそのスピードがより加速して行くようで、とにかく一年の早いこと。 10月初日はまずまずの天候に恵まれ、朝から十 […]
  • 新四国八十八ヶ所霊場 [深山峠]2010年10月4日 新四国八十八ヶ所霊場 [深山峠] 生憎の時雨模様の日曜日。 今日は第一回「美瑛センチュリーライド」の二日目。ステージ2の残り100㎞を駆け抜けますすが、大きくは天候も崩れない見込みです。 美瑛センチュリーライド 落ち着いて声援を送ることもできないので車内から拍手!をしながら出先へ向かいました。 […]
  • ジューンベリー2013年7月12日 ジューンベリー バラの一番花も終わり。 バラの一番花も終わり、この一週間は花がら摘みに追われていました。 とても美味しいジューンベリーの実。 数日前より5月下旬に開花したジューンベリーが食べ頃を迎え、1日3食:旬の味を食卓へ。あまりに量が多いので知り合いにもお裾分け。 […]
  • 霧の女神 【フクジュソウ】2015年3月21日 霧の女神 【フクジュソウ】 例年より雪解けが進んでいます。 先週の暴風雪で庭先には木々の枝が飛び散り、未だ荒れ放題のまま。 先週の暴風雪で荒れた庭先 その中で陽当たりの良い場所では雪も無くなり、早春を告げるフクジュソウが開花。 庭先の一番花:福寿草 フクジュソウは霧の […]
  • あいぬ物語2013年12月22日 あいぬ物語 ここ二日ほど朝方の気温が氷点下10℃を下回っています。 今日(冬至)の最高気温予想は-5℃。これから年明け1月の大寒に向けては寒さが最も厳しい厳冬期。 集中して読書などをするフリーな時間は、どうしても外気温がグングン下がり始める午後10時を過ぎてからになる。そこで活躍す […]
  • チノミシリカムイノミ2008年5月24日 チノミシリカムイノミ アイヌ民族の伝統儀式「チノミシリカムイノミ」(聖なる地でのお祈り)が旭川郊外の嵐山で行われました。 「アイヌ文化の森・伝承のコタン」 嵐山 → 伝承のコタン QTVR映像 → チノミシリカムイノミ […]
  • 連作障害[嫌地]2016年6月7日 連作障害[嫌地] カボチャの定植準備が始まる。 夏日直前まで気温が上がるなか、自宅前ではカボチャの定植準備が始まり、マルチシートが張られて行きます。 カボチャは連作障害が出にくいため、同じ場所での連作が可能です。 北海道の中でも旭川、美瑛周辺はカボチャの大産地で、あまり気にされ […]

コメントを残す