町 [杉山平一]

8月も明日31日を残すだけとなりました。
降り続いていた雨も明け方に上がり、今日も蒸し暑い日となっています。

今週太平洋側に大きな被害をもたらしている大雨は、今現在まだ警戒が必要です。
小さい頃、雷の大きな音に震えていると世の中で怖いものは「地震・雷・火事・親父」とよく母親が言っていました。
※ 親父(おやじ)=台風のこと。「大山風(おおやまじ)」

昨日・今日とTVでは大雨で被災された方々の速報が流れ続け、大雨災害の恐ろしさはもちろんのこと、それ以上に今まで通りの生活に戻るまでのこれからのご苦労がいかばかりか。
早く「元通りに!」
災害が起こる度に誰もが胸を締め付けられる思いです。

皮肉にも明後日の9月1日は防災の日(ぼうさいのひ)
1923年9月1日の関東大震災に因んで制定された記念日です。

美瑛町・上富良野町でも毎年2月に「十勝岳の噴火に係る総合防災訓練」が行われていますが、われわれのように阪神淡路大震災を体験したものからすると、町内の方々の防災意識はかなり低いと言わざるを得ません。
「この辺は地震などまず来ないから ・・・ 」と。

万が一「地震が起きたらどうしますか?」との問いに:
「そのときゃ、外に逃げるさ!」と笑って答える方ばかり。

たとえ自分が死ぬまでの間に災害に見舞われなくとも、「もしも災害が起きたら・・・」と日頃から用心することは無意味なことではありません。
「備えあれば患えなし」
いざというときの混乱を少しでも静めることができるように。

「その時はその時さ!」
などと言えるうちは幸せ。
内閣府 防災情報のページ

阪神淡路大震災は未曾有の地震でした。
そしてその大地震の記憶と共に杉山平一氏の詩がいつまでも心に残ります。


Highslide JS

町 「詩集阪神淡路大震災」第2集

【町】

歪んだり

潰れたり

ぐちゃぐちゃになったり

これは水に映った町

ではないのか

風よ 吹くな

ひとよ、石を投げるな

水面が端正にしずまるまで

(平成7年12月「詩集阪神淡路大震災」第2集)

曇り14:20 気温/26℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • いっしょうけんめい2013年11月21日 いっしょうけんめい 午前6時55分:気温3℃ […]
  • 麦稈(ばっかん)ロール[麦わらロール]2007年7月26日 麦稈(ばっかん)ロール[麦わらロール] ジャガイモのイメージが強い美瑛町ですが、ジャガイモ以上に作付け面積が大きいのが「小麦」です。 今年も先週あたりから秋まき小麦の収穫が始まり、丘のあちこちでロールの姿が見られます。 ※ […]
  • またも 爆弾低気圧!2008年2月25日 またも 爆弾低気圧! マイナス24℃ 風が収まり、晴れ上がった今朝は寒さの直撃! 午前6時の気温:マイナス24℃。 北海道はまたも暴風雪が直撃: 23日から風が強まり、24日に変わる頃からは先週に引き続き暴風雪が吹き荒れました。 今回の低気圧は本州にも大きな被害をもたらしました。 道内 […]
  • 日の出ラベンダー園2006年7月9日 日の出ラベンダー園 (上富良野_日の出ラベンダー園 image:biei.info) 今年も昨年に続き知床人気なのか、美瑛・富良野周辺の観光名所はここ近年らいの賑わいはあまりないようです。 ここ上富良野の町営「日の出公園」も今は早咲きラベンダーの見頃で、他の品種のラベンダーはまだ1週間以 […]
  • ザ・ウィンザーホテル洞爺2008年8月4日 ザ・ウィンザーホテル洞爺 函館(朝市)からは洞爺湖経由で美瑛町に戻ります。 その洞爺湖町には、沖縄県に次ぐサミット会場(主要国首脳会議)として日本全国いや世界中にその名が知れ渡った「ザ・ウィンザーホテル洞爺」があるところで、少し寄り道をして立ち寄ることにしました。 ザ・ウィンザーホテル洞 […]
  • 森の神様 [胡桃沢(くるみざわ)]2009年1月9日 森の神様 [胡桃沢(くるみざわ)]  フルスクリーンパノラマ この時期は大雪山系のなかでも旭岳周辺と十勝岳温泉方面に出かけることが多く、今日は旭岳への案内を済ませた後、先日に続き天人峡方向へ向かうことに。 旭岳・天人峡の分岐点から天人峡温泉方面(松山林道:道道213号)へ約3.5㎞ほど進むと、「森の神 […]
  • クロユリ:フリチラリア [F.カムチャトケンシス]2005年5月30日 クロユリ:フリチラリア [F.カムチャトケンシス] (フリチラリア.image: […]