町 [杉山平一]

8月も明日31日を残すだけとなりました。
降り続いていた雨も明け方に上がり、今日も蒸し暑い日となっています。

今週太平洋側に大きな被害をもたらしている大雨は、今現在まだ警戒が必要です。
小さい頃、雷の大きな音に震えていると世の中で怖いものは「地震・雷・火事・親父」とよく母親が言っていました。
※ 親父(おやじ)=台風のこと。「大山風(おおやまじ)」

昨日・今日とTVでは大雨で被災された方々の速報が流れ続け、大雨災害の恐ろしさはもちろんのこと、それ以上に今まで通りの生活に戻るまでのこれからのご苦労がいかばかりか。
早く「元通りに!」
災害が起こる度に誰もが胸を締め付けられる思いです。

皮肉にも明後日の9月1日は防災の日(ぼうさいのひ)
1923年9月1日の関東大震災に因んで制定された記念日です。

美瑛町・上富良野町でも毎年2月に「十勝岳の噴火に係る総合防災訓練」が行われていますが、われわれのように阪神淡路大震災を体験したものからすると、町内の方々の防災意識はかなり低いと言わざるを得ません。
「この辺は地震などまず来ないから ・・・ 」と。

万が一「地震が起きたらどうしますか?」との問いに:
「そのときゃ、外に逃げるさ!」と笑って答える方ばかり。

たとえ自分が死ぬまでの間に災害に見舞われなくとも、「もしも災害が起きたら・・・」と日頃から用心することは無意味なことではありません。
「備えあれば患えなし」
いざというときの混乱を少しでも静めることができるように。

「その時はその時さ!」
などと言えるうちは幸せ。
内閣府 防災情報のページ

阪神淡路大震災は未曾有の地震でした。
そしてその大地震の記憶と共に杉山平一氏の詩がいつまでも心に残ります。


Highslide JS

町 「詩集阪神淡路大震災」第2集

【町】

歪んだり

潰れたり

ぐちゃぐちゃになったり

これは水に映った町

ではないのか

風よ 吹くな

ひとよ、石を投げるな

水面が端正にしずまるまで

(平成7年12月「詩集阪神淡路大震災」第2集)

曇り14:20 気温/26℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • いっしょうけんめい2013年11月21日 いっしょうけんめい 午前6時55分:気温3℃ […]
  • 遠野物語2011年4月5日 遠野物語 遠野物語:柳田國男全集第2巻 久しぶりに柳田國男全集第2巻の遠野物語を開いていると、中から17年前に訪れた岩手県遠野市のメモ書きが出てきました。 今回の地震では、遠野市は幸いにも被害が比較的少なかったようですが、市をあげて避難者の受け入れや被災地の復旧に携わ […]
  • 巨大地震・津波2011年3月12日 巨大地震・津波 昨日報告書を書いているときでした。 急に目まいのような感覚が襲ってきました。 「アレ ・・・ !」 天井を見ると照明器具のコードが揺れています。 「地震! […]
  • 第45回衆院選2009年8月30日 第45回衆院選 今日は、第45回衆議院議員選挙の投票日。 午後6時のTVニュースによると本州はどこも前回を上回る勢いとのことですが、道内は午後4時現在で道選管が発表した道内の標準投票区の投票率は51・09%と4年前の前回選挙に比べ、この時点では0・76ポイント低いようです。 ふと庭 […]
  • 東北地方太平洋沖地震2011年3月12日 東北地方太平洋沖地震 昨日発生いたしました「東北地方太平洋沖地震」におきまして、 犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された方々やご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また未だ不明の方々の捜索が一刻も早く行われ、どうぞ無事でありますように。 これが本当に日本の光 […]
  • アイヌ民族の歴史  榎森 進(著) 他2017年11月9日 アイヌ民族の歴史 榎森 進(著) 他 アイヌ民族の歴史 榎森 進(著) 「アイヌ! と只一言が何よりの、悔辱となって憤怒に燃ゆ - 言葉本来の意味は久しく忘れられて、ナンたる悔辱の代名詞になってゐることであらう」  *違星北斗 […]
  • 旭川大雪観光文化検定2013年11月11日 旭川大雪観光文化検定 午後1時:気温0℃ […]

コメントを残す