神の住む里 「神居古潭」


(神居古潭.image: biei.info.)

石狩川沿いの神居古潭(旭川市神居町)で「第47回こたんまつり」が開かれました。
同地区は数々のアイヌ伝統が残されている景勝地として有名な所。
当日は秋晴れと重なり大勢の市民が訪れ、アイヌ民族文化保存会のメンバーによる伝統にのっとった儀式が披露された。

* 神居古潭:アイヌ語で「神の住む里」:
 JR旭川駅からも近く、美しい自然の残る景勝地で観光名所にもなっている。

 旧神居古潭駅舎スライドショー →こちら

コチラの記事も!

  • アイヌ伝説と神居古潭2017年11月18日 アイヌ伝説と神居古潭 (道の駅びえい「丘のくら」.image: […]
  • 旧神居古潭駅舎[きゅうかむいこたんえきしゃ]2007年10月18日 旧神居古潭駅舎[きゅうかむいこたんえきしゃ] 旭川への買い物帰り: 3年ぶりに紅葉時期の神居古潭へ寄り道をしてみました。 紅葉もピークを少し過ぎたあたりで、久しぶりの晴れ間に木々も生き生きとしてます。 ここは神居古潭にある【旧神居古潭駅舎:きゅうかむいこたんえきしゃ】です。 昭和44年9月30日、函館本 […]
  • 神居古潭2007年1月3日 神居古潭 (神居古潭 image:biei.info) 札幌へ行く途中、神居古潭に立ち寄りました。 積雪量の少ないこの冬ですが、古潭周辺も例年よりかなり少ない。 冬場で橋の手前で通行止めになっており、訪れる人もなくシーンと静まり返っていました。 ※ […]
  • 身の回りには、極上の美が!2020年2月21日 身の回りには、極上の美が!   自然界にはまだまだ多くのナゾを秘め、解明されていない(今後ナゾが解けるのか?)事象が多く、ナゾ多きものに限ってとびっきりの美しさを放つ。 雪の結晶もしかり! なぜ六角形なのか? なぜ同じものが一つもないのか? ・・・ 六角形の平面写 […]
  • ご当地検定合格発表2011年12月15日 ご当地検定合格発表 この1週間はまとまった雪が降り除雪に追われる毎日でしたが、今日も朝一番は雪はねから始まりました。 重たい雪に汗だく! 昼休みのほんの一瞬の晴れ間を見つけ庭先へ飛び出し、2度目の雪はね開始。 昨夜は-1℃と気温が高かったので雪が重たい。サラサラ雪なら楽なのですが、長 […]
  • 篠突く雨 [しのつくあめ]2010年7月24日 篠突く雨 [しのつくあめ] 今日まで7月の日照時間は何時間あっただろうか? ここ数年7月になると毎年のように連日雨が降り続く年が続いています。 本州から美瑛町に移り住む前は、「北海道には梅雨は無いから!」と言われて来たものですが、どっこい『蝦夷梅雨』なるものが存在することを知り、特にここ数年は毎年 […]
  • 十勝岳初雪2006年10月9日 十勝岳初雪 (初雪 image:biei.info) 練習に出かけると、雲間から雪を被った連峰が姿を現しました。 コースを変更し、約30㎞を走り戻ってきました。 宿の準備と昼食もいそいで済ませ、急きょ空き時間を撮影タイムにすることにしました。 […]