第25回 那智・美瑛火祭


Highslide JS

午前6時:きれいな空です!

雨が降らない!
美瑛町も局所的には夕立が発生している箇所もあるようですが、自宅周辺は7月初め以来全く降らない。町道を車が走るたびに砂埃が巻き上げられ周辺はホコリまみれ。
早く一雨欲しい。

今日、24日は「第25回 那智・美瑛火祭」の当日です。

1988(昭和63)年、十勝岳が噴火し美瑛町には避難命令が出された。
そこで十勝岳の平穏と町の発展、家内安全を祈願して1989(平成元)年より行われるようになった祭り。

今朝午前6時:その十勝岳(連峰)の様子は?
庭先から見る連峰は厚い雲が徐々にまとわりつきながら刻々と姿を隠して行くところです。


Highslide JS

雲から頭を出す十勝岳


Highslide JS

十勝岳連峰


Highslide JS

十勝岳連峰

十勝岳連峰のオプタテシケ山(2,012m)と美瑛富士(1,888m)の間はまるで巨大な滝が流れ落ちているかのような凄まじさ。その光景を見ていると一瞬にしてわが身を吸い込まれてしまいそうな感覚に襲われる。


Highslide JS

巨大な滝が流れ落ちているかのような!

6月16日(日)の十勝岳山開き以来、今年はまだ山頂に登っていません。

美瑛町は深田久弥の随筆『日本百名山』のうち、十勝岳(美瑛町のシンボル)、トムラウシ山(2009年7月の夏山山岳遭難事故で全国的に知られました。)、大雪山(山の名前ではない:周辺火山群の名称。):白雲岳と、三山を有する登山愛好家人気の地でもあります。

自宅から十勝岳登山口である「望岳台」へは車で30分弱。
いつも登るときは、あちこちで写真を撮りながら、途中休憩も含め3時間~3時間30分ほどで山頂へ。今年の夏は行けそうにないので、紅葉時期に行きたいな。

 
山名とアイヌ語
 
十勝岳(標高 2,077m 活火山)
山のアイヌ時代の名ははっきりしないのが多いが、松浦図にあるヒエノホリ(piye-nupuri。美瑛の・山)はオタツテシケ(オプタテシケ山)の西南にある処から見て十勝岳のことらしい。
 永田地名解に「イワウ・ヌプリ iwau-nupuri。硫黄山。ピイエ川の水源なるを以てピイエの川流濁りて脂の如し。故にピイエと名く。高橋図に西オプタテシケとあり」と書かれた処から見ると、イワウヌプリの称もあったのであろうか。
 
オプタテシケ山(標高 2,012m)
名前の由来はアイヌ語でop-ta-teshke(オプ=槍・タ=そこで・テシケ=はねかえった)。
アイヌ語で「槍がそこにそり立っている山」または「槍がそれた山」など諸説がある。
 
大昔、神様が恋争いをして投げた槍が、それて跳ね返ったという伝説があり、その伝説にちなんで付けられた名前がオプタテシケといわれています。
 
弟子屈町 屈斜路湖南部にある山は「オプタテシケヌプリ(標高 504m)」
 
美瑛富士(標高 1,888m コニーデ型火山
2,013年現在、火山活動は見られない。
大雪山国立公園に指定されている山の上部は森林限界で高山植物が見られる。
 
トムラウシ山(標高 2,141m 火山)
山頂には噴火口もあるが、現在は完全に活動を停止している。
ナキウサギの生息地になっており、山域は1,934年(昭和9年)に大雪山国立公園の特別保護地区に指定。
 
トムラウシ:川名、山名。
アイヌ語で「花の多いところ」を意味するとも、「水垢が多いところ」の意だともいわれる。
 
山田秀三は、松浦氏の十勝日誌でも、登加智留宇智之日誌でも、トンラウシなのであるが、語義は書かれていない。トンラはめったに聞かない語として。
バチラー辞典では、トンラ「川底にある一種の水草」の項と、新得町役場ではミズゴケのある川、あるいは湯花のある川といわれたことから、
「自信はないが、トンラ・ウシ『tonra-us-i トンラ(一種の水草)・が生えている・もの(川)』という意ででもあったろうか」と記述している。
 
(山田秀三著作集、地名アイヌ語小辞典 知里真志保著)

本日の火祭りは、御神火の松明をもって十勝岳望岳台から町内までリレーで駆け下り、町内で大松明に点火後、美瑛神社に御神火が納められます。

大松明は、午後7時30分丸山公園をスタートしますので、ぜひ勇壮なお祭りをご覧ください。

晴れ06:00 気温/19℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 遠野物語2011年4月5日 遠野物語 遠野物語:柳田國男全集第2巻 久しぶりに柳田國男全集第2巻の遠野物語を開いていると、中から17年前に訪れた岩手県遠野市のメモ書きが出てきました。 今回の地震では、遠野市は幸いにも被害が比較的少なかったようですが、市をあげて避難者の受け入れや被災地の復旧に携わ […]
  • 美瑛町俵真布2008年6月17日 美瑛町俵真布 用事で、久しぶりに朗根内(ろうねない)経由で俵真布(たわらまっぷ)へ出かけました。 今日は暑くもなく比較的爽やかな火曜日です。 朗根内から俵真布へ 用件を済ませて、美瑛町立俵真布小中学校前で車を止めました。 俵真布 […]
  • アイヌ語地名を理解するには2011年9月29日 アイヌ語地名を理解するには 空き時間は他のことが山積みで今月はほとんどブログに手をつけていませんが、久しぶりに! 午前5時30分:気温11℃ 朝焼けをバックに十勝岳が快晴の空に映えたのもつかの間、お日様が顔を出し始めると景色は一変。10m先も確認できないほどの濃霧にあっと言う間に覆われたました。 […]
  • 霧の女神 【フクジュソウ】2015年3月21日 霧の女神 【フクジュソウ】 例年より雪解けが進んでいます。 先週の暴風雪で庭先には木々の枝が飛び散り、未だ荒れ放題のまま。 先週の暴風雪で荒れた庭先 その中で陽当たりの良い場所では雪も無くなり、早春を告げるフクジュソウが開花。 庭先の一番花:福寿草 フクジュソウは霧の […]
  • ハマナス2008年6月21日 ハマナス 濃い霧が立ちこめて視界の悪い夜明けとなりましたが、午前6時を過ぎる頃から少しずつ見通しが良くなってきました。 朝霧と時折吹く強風で植木鉢が倒れています。 6月も下旬、これから庭先が一番華やかになる時期です。 記録的な雪どけの早さに始まった今年は、五月の思いもよ […]
  • 季節は駆け足で!2011年10月2日 季節は駆け足で! 寒い! マイナス33度の強い寒気が流れ込み、昨夜からの雨は冷たい雨となりました。 先月22日(木)大雪山系:旭岳で初冠雪を観測し、そして今朝、室内から十勝岳を見ると雪化粧! 雪化粧の十勝岳連峰 午前5時の庭先の気温は0.5度、午前7時には1.5度と若 […]
  • GARMIN GPS [DAKOTA 20]2013年10月21日 GARMIN GPS [DAKOTA 20] 朝から小雨が降り続いている週初め。 庭先の草花も雨に打たれ、木々は落葉が目立ち始めました。 間もなく平地にも積雪が! 先日十勝岳温泉で登山者の姿を見ていると、ザックに(登山用)GPSを取り付けている方々が目立つ。ここ数年で登山・ハイキング時に様々なGPSを持参する […]