色彩計画表


Highslide JS

少しずつ賑やかになってきた!

厳しかった冬の雪害で大きく痛めつけられた今春の庭先の植物たち。まだまだ殺風景な光景ですが少しずつ彩りが増し賑やかになってきました。

今日は午後から雨! 午後4時:外の気温は11度。

ガーデニングにとっては一番大切な時期なのに庭仕事をする時間がとれない。
空き時間にチョコチョコ作業する程度では美しい庭など到底維持できません。分かっていてもそれができないのがもどかしい。
たとえ短時間出たとしても、まず気になるのが雑草。結局わずかな時間は雑草との格闘で終わってしまう。

今年もわが家なりの計画と庭づくりの図面を作成したものの、肝心の時期に作業ができなければ絵に描いた餅。仕方のないことですが、荒れた庭を想像すると心が痛みます。

午後の空き時間。
外は雨なので雑草取りはあきらめ園芸書籍を見ながら今後のイメージだけでもふくらますことに。
そこで手持ちの書籍の中でも頻繁に取り出す数冊をご紹介します。


Highslide JS

Penelope Hobhouse on Gardening

まず、『 Penelope Hobhouse on Gardening / ペネロペ・ホブハウス著 』
とにかく何年たってもこの本は見ていて飽きない。ここまで詳しく丁寧に解説されている書籍は和書にはない。


Highslide JS

The Eagle Court

イギリスを代表するガーデンデザイナー:ペネロペ・ホブハウスの著書はどれも花々の配置や色の組み合わせを勉強したい方々には一押しのものばかり。色彩をコーディネイトする指針として力強い味方になります。


Highslide JS

The Middle Garden


Highslide JS

The Kitchen Garden


Highslide JS

The Pale Borders

この on Gardening も、様々なガーデン Planting イラスト(色彩計画表)が詳細に掲載されており、コロニーの分からない植物名(学名)は『 園芸植物大事典 / 小学館 』で調べて納得しています。
まさに配植ポイントはコロニー配分と色彩バランスの良し悪しできまるだけに、高度な園芸知識が要求されます。


Highslide JS

園芸植物大事典 / 小学館(全三巻)

ところで色彩計画表と言えば『ガートルード・ジーキル (Gertrude Jekyll)』。

19世紀後半にイギリスで草花を自然にあしらった色彩豊かなコテージ・ガーデンが生まれる。
その現代イングリッシュガーデンの典型とも言えるこうした庭のスタイルを造り上げたのが『 ガートルード・ジーキル 』その人です。


Highslide JS

ガートルード・ジーキル(Gertrude Jekyll)

そのジーキルが晩年を過ごした家:マンステッド・ウッド(Munstead wood)。
そのマンステッド・ウッドの自宅に四季それぞれに色別のテーマを持つ花壇をデザインした。
そこで描かれたのが「色彩計画表」。

 
庭をデザインすることは
植物を絵の具にして
絵画を描くことである
 
Gertrude Jekyll


Highslide JS

ジーキル色彩計画表 (「イングリッシュガーデンの源流」:学芸出版社)

もちろんそのまま日本(北海道ではまた違う)に当てはまる訳ではないが、これらはご自分の立地条件に合った色彩計画表を作成するための最良の手本となるでしょう。
人の手が加えられていないかのような自然な庭づくりを目指している方には必読の書です。


Highslide JS

色相環図(北国のガーデニング知識検定公式テキスト)

 
色相環(しきそうかん、英: hue circle、color circle)   
 
隣接色同士は近似色と呼び、環の反対側同士は補色と呼ぶ。
近似色の組み合わせは統一感を出しやすく、失敗の少ない組み合わせ。ただ、同じ色ばかりでは単調になりがちなので、同じ色でも濃淡の違う種類を組み合わせたり、補色関係にある色をアクセントとして少し取り入れると雰囲気が変わる。
 
補色同士の組み合わせは、お互いを引き立て合う効果があり、くっきりした印象を受けますが、バランスが悪いと派手になってしまうので、多用する色と控えめにする色とにはっきり分けるとまとまりやすくなる。
 
[組み合わせによる印象]
* 隣接色同士 → 温和
* 暖色同士  → 明るさ
* 寒色同士  → 落ちつき
* 補色同士  → 鮮明な印象
* 白色    → 補色関係の組み合わせの中で、両者を調和させる効果
 
 北国のガーデニング知識検定公式テキスト

曇りのち雨16:50 気温/11℃ (.all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • 雪どけ2007年4月1日 雪どけ (雪代水 image:biei.info) (フキノトウ image:biei.info) (春の息吹 image:biei.info) 4月に入りました。 一日中曇りの予報が出ていましたが、時折晴れ間も覗く日曜日となりました。 しかし最高気温は3度と平年より低めです […]
  • 満開2007年5月25日 満開 (サクランボ image:biei.info) (23日/二日前 image:biei.info) サクランボの花が満開になりした。 今年の五月はどうなっているのか? この一ヶ月毎日強風が続いています。 時として乾燥した丘からは砂嵐のように砂を巻き上げ、駐車中の車も埃だ […]
  • 夏日2005年7月12日 夏日 (夏日.image: […]
  • 飲酒運転根絶の日2016年7月13日 飲酒運転根絶の日 7月13日(水)は、『飲酒運転根絶の日』です! TV・ラジオからは、朝から晩まで『飲酒運転根絶』の呼びかけが続いている。 われわれも北海道に移り住んで、すでに20年以上が経過。 移住当初まず驚いたのは、「酒を飲んで運転するのは、当たり前!」の是認文化。 […]
  • 進まない“冬囲い”2010年11月15日 進まない“冬囲い” 午前5時30分:薄暗い庭先の気温を見るとマイナス1℃。 長い冬を前にして、日ごとに気温がマイナスを示すようになってきました。 うっすらと雪化粧 今朝はうっすらと雪化粧。 予報では今日の最高気温は1℃と寒い一日となりそうです。 昨日までは最高気温が5~10℃ […]
  • 大雪2005年12月17日 大雪 (大雪 image:biei.info) 午後6時を過ぎる頃から雪の降り方が激しくなってきました。 外にあるベンチの上に積もった雪の高さが見る見るうちに高くなって行くのが分かります。 とにかく早く降り止むことを願うばかりです。 19:20 気温/-10℃ […]
  • 放射冷却現象2011年12月2日 放射冷却現象 師走に入り、今朝は放射冷却現象により冷え込みました。 この時期一番気温が低くなるのは日の出前の午前6時前後。外の気温を見てみると-12.5℃と、今シーズン二度目の二桁超えの厳しい冷え込みの朝となりました。(本日の最高気温は-4℃:真冬日の予報。) 雪が少ないここまで […]