身の回りには、極上の美が!

 

自然界にはまだまだ多くのナゾを秘め、解明されていない(今後ナゾが解けるのか?)事象が多く、ナゾ多きものに限ってとびっきりの美しさを放つ。

雪の結晶もしかり!

なぜ六角形なのか? なぜ同じものが一つもないのか? ・・・

六角形の平面写真ばかり想像しがちなわれわれも、真剣に目を凝らせば、立体的で複雑に成長をしている結晶に目を奪われる。

ただその極上の美しさを見つけるには、時間帯・気温等の条件を始め、真剣に探さなければ決して見つからない!
ましてや、標高も低い庭先で見つけるとなると。

地上に落ちてくるまでには、蒸発や、先端が融けたり、ぶつかり合いなどで、大半は美しい形を見ることができない。それでもキラリと光る結晶が目を凝らせばあるもので、誰にでも極上の美しさに出会えるのです。

コチラの記事も!

  • 雪の結晶2014年3月11日 雪の結晶 しばれた朝、寒い! 午前6時:-17℃、三月中旬にしてこの厳しい寒さ! 太陽が顔を出すと雪面がキラキラと輝き始めた。 しばれる朝に見られる雪の結晶が陽の光を反射してキラキラ輝く光景です。 結晶はかなり壊れている! 雪面の結晶 […]
  • 猛烈寒気襲来2012年1月12日 猛烈寒気襲来 上空には数年に一度の猛烈な寒気が襲来し、今朝の北海道はしばれました。 庭先は? -21.5℃ 午前6時までの最低気温は陸別で -28.2℃(この後、29.1℃まで下がる)を観測、朝食を済ませ自宅庭先(午前6時50分)の気温を見てみると […]
  • 初雪2007年10月13日 初雪 昨夜から北海道の上空1,500mにはマイナス7℃以下という平地でも雪を降らせる寒気がシベリアから南下して来ました。午前2時過ぎから降り出した雪は、湿った重たい雪で花々がその重みに必死に耐えています。 猛暑の続いた夏。そして天候不順の秋。雪虫の姿を見ることもなく、今年は昨年度よ […]
  • ひな人形2012年2月12日 ひな人形 この週末は冬の祭りやイベントが集中していますが、今日は空知方面へ出向かねばなりません。 午前8時過ぎには自宅を出て今日は道央道で目的地へ。 自宅から国道に出て暫くすると吹雪出したかと思うと5分も経たないうちに “猛吹雪” […]
  • 美瑛町の戦争史跡2009年4月22日 美瑛町の戦争史跡 雪解け後、木々の新緑が芽吹く前の寒々としたびえいの丘は何も覆い隠すものが無く実によく見通しが利きます。 三愛の丘からは少し離れた小高い丘の上(橋立山)に、夏場茂みに隠れて姿を見ることができない監的壕(かんてきごう)もこの時期はすぐに確認ができます。 ふと監的壕を見て。 […]
  • ミヤマカケス2005年10月23日 ミヤマカケス (カケス image:biei.info.) 初冬に向けて野鳥の姿が増え始め、朝から餌の取り合いが始まるようになりました。カケスもリンゴや栗をくわえては木の枝に止まり足で固定しながらつついています。 週間天気予報でも、いよいよ雪だるまのマークが現れました。 10:30 気 […]
  • 大雪2005年1月31日 大雪 (大雪.image: […]