遺恨あり~明治十三年 最後の仇討

昨夜放送されたテレビ朝日ドラマスペシャル「遺恨あり~明治十三年 最後の仇討
今、録画を見終わりました。


Highslide JS

遺恨あり~明治十三年 最後の仇討


Highslide JS

遺恨あり~明治十三年 最後の仇討


Highslide JS

遺恨あり~明治十三年 最後の仇討

武士の時代から法治国家へと激変した明治という時代。
維新のもたらした価値観や倫理観とは?

大御所 北大路欣也さんはもちろん、主人公のいちずな青年役を演じた藤原竜也さん。見事でした! ただただ引き込まれました。

見逃された皆さんはまだ先の話で、6月15日(水)にDVDが発売されるそうです。
それよりテレビ朝日さんへ ・・・
「ぜひ 再放送!」をお願いします。

 
明治13年 最後の仇討ち [臼井六郎(うすい ろくろう)事件]
仇討ち禁止令(明治6年)が出されてから7年目のことであった。
 
幕末、勤王・倒幕の思想に反対し、江戸幕府の存続を支持した佐幕派(幕府を補佐する)の父:臼井亘理(うすい わたり)を母・妹とともに、反対派急先鋒の千城隊士(かんじょうたいし)数名に襲われ惨殺される。(臼井六郎:10歳)
事件後、干城隊士はお咎めなし。臼井家は新政府に反逆したとして国賊扱いにされた上、減禄処分となる。
亘理の息子・六郎は仇討ちを決意。
 
家族を襲った一団が干城隊で、父母惨殺に直接手を下したのは隊士の「一瀬直久(いちのせ なおひさ)」であった事を知る。
 
歳月が流れ、1880(明治13)年12月17日:六郎(22歳)は、この時:東京上等裁判所判事に出世していた一瀬を東京・京橋三十間堀の旧秋月藩主黒田邸(現、銀座6丁目)にて、13年来の仇:一瀬に向かって短刀を突き立て殺害。
 
殺害後、自首した六郎は死罪を免れ終身刑に処せられる。
1890(明治23)年の大日本帝国憲法公布による大赦[たいしゃ=恩赦の一種で、政令で定めた罪について、有罪の言い渡しの効力および公訴権を消滅させること]の施行により罪一等を減ぜられ、明治24年獄中生活約10年で釈放された。
 
1917(大正6)年11月に60歳で病死。
 
*【秋月:あきずき】= 現福岡県甘木(あまぎ)市
豊後街道の宿場町・市場町として発展した黒田氏の城下町。
1876(明治9)10月26日の「秋月の乱(士族の反乱)」でも有名。
 
*【干城隊:かんじょうたい】
菊池武彦を首領として結成された秋月藩半公半私の士族隊。
維新後、長州の「奇兵隊」をまねて結成されたが廃藩置県で解散。後に秋月の乱を引き起こす「秋月党」の母体となる。


Highslide JS

臼井六郎事件


※ 『明治黎明期の犯罪と刑罰』 小泉輝三朗著

※ TVドラマでは妹は生きていますが、史実では妹も殺されている?
上記東京裁判所文書では、「妹に傷を負わせ ・・・・ 」とありますが?
また両親を惨殺された当時の年齢も諸説あるようです。

曇り22:30 気温/-5℃ (all images:biei.info)

コチラの記事も!

  • レッド・ドラゴン2011年3月26日 レッド・ドラゴン 映画 レッド・ドラゴン (Red […]
  • トガニ 幼き瞳の告発2014年1月10日 トガニ 幼き瞳の告発 庭先 上空に第一級の寒気! 気象台は日中でも水道管の凍結などに注意を呼びかけている。 […]
  • ゆれながら咲く花2015年3月26日 ゆれながら咲く花 空が春の色に包まれ、今日から一週間は気温もグンと上がるようだ。 学校も春休みになり、時期を合わせたかのように再放送されている韓国ドラマ『ゆれながら咲く花』 何回再放送されても、良いドラマはついつい観てしまう。 […]
  • リサ・バティアシュヴィリ & ティーレマン/ドレスデン国立管弦楽団2013年11月15日 リサ・バティアシュヴィリ & ティーレマン/ドレスデン国立管弦楽団 昨夜、午後11時が過ぎから楽しみにしていた録画を観ることに。 NHK BSプレミアム(11月11日:午前0時20分 ~ […]
  • クリストフ・エッシェンバッハ2012年5月10日 クリストフ・エッシェンバッハ 平年より早く開花したサクランボの花 2週間も早くサクランボの花が開花するなど、今年はどうも庭先の植物の開花状況がいつもと違う! 叡山スミレなども平年より早く開花。 厳しい冬の寒さで痛めつけられた草木も多く、後片付けや手当にまだまだ時間がかかりそうなのですが […]
  • シンプリー・レッド [Simply Red]2010年3月15日 シンプリー・レッド [Simply Red] 暴風が去ったばかりなのに、12日夜から13日にかけ、今度はまる24時間以上暴風が吹き荒れました。 それにしても何年かぶりの強い風が吹き荒れ、それが24時間以上も続くとさすがに体験の少ない観光客の方々にとっては、怖い週末となったことでしょう。 13日(土)の午前9時前、少 […]
  • 真実の行方2011年3月7日 真実の行方 いつものように空き時間に録画を見終わりました。 ベトナム戦争終結から36年。 アメリカのベトナム帰還兵とその子ども世代に現れた被害の実態を手がかりに、世代を越え今なお終わることのない枯葉剤被害について考える今回のETV特集「枯葉剤の傷痕を見つめて ~アメリカ・ベトナム  […]