酒粕 VS こぼれ梅

21日(木曜日)の午後、お客様と旭川市の酒造メーカー【男山】へ出かけました。

私のお目当ては蔵元直売の「酒粕」:
北海道では今まではあまり見向きもされなかった酒粕が、ダイエットブームの波に乗り今では品不足のところまであるとか。変われば変わるものです。
生まれ故郷京都(関西地方)では粕汁は子どもの頃から寒い冬場には欠かせない一品でした。

到着するとまず延命長寿の湧き水をいただく。
そして酒粕があるかどうか尋ねると、「ありますよ。新しいのも」
新しい酒粕?

Highslide JS

復古酒の酒粕

それがこの【復古酒の酒粕】でした。

Highslide JS

復古酒の酒粕

さっそく、復古酒の酒粕を使った粕汁をつくってみました。

Highslide JS

復古酒の酒粕を使った粕汁

通常販売されている板粕より香りは少ないが甘みがありなかなかこれも美味しい。
粕汁は具材の味が引き立ち、寒い時期には欠かせないわが家の贅沢です。
粕を取り出し調理を始めるとパァーと広がる香り。粕汁好きにはたまらない食欲を誘う香りなのです。
蔵元の酒粕は、小売店やスーパーで購入する品とは香りからすべてが違うのです。

そして毎年楽しみな冬期限定販売酒と蔵元限定酒を購入。

Highslide JS

蔵元限定酒:春の誘ない(いざない)

香りと共に、当日皆の話題にたまたま出た【こぼれ梅】のことを思いだしました。
これも北海道ではほとんど見ることはありません。
と言うより、いつも帰省の折に買い求めるだけで、北海道内で真剣に探し回ったことはありません。やはり京都の伏見、兵庫県の灘や伊丹などの酒所でないとあまり販売はされていないようですが。

こぼれ梅:みりんの絞り粕

「こぼれ梅」は酒粕のように、こちらは本みりんのしぼり粕のこと。
こぼれ梅はもち米の為柔らかくもっちりとしていて、その芳じゅんな酒の香りとほのかな甘さが特徴です。
こちらは酒粕と違ってそのまま食べるもので、昔から素朴な菓子として人気がありました。
機会があれば一度食べてみてください。1つ2つ・・・食べ出すと止まりません。

京都では、祇園さん、天神さん、弘法さんの縁日の軒下には必ず並んでおり、今でも200~300円程度で買えるはずです。

そしてこぼれ梅と言えば、今は亡き上方の天才落語家と呼ばれた二代目 桂枝雀(かつら しじゃく)さん。
ご存知、師匠十八番の落語の一つに「鷺とり」があります。
枝雀ファンならこぼれ梅を見たことが無くとも名前だけはご存知のはずです。
笑いとともににその名が天下に知れ渡りました。

コチラの記事も!

  • 木綿屋男山本家 男山株式会社2007年1月4日 木綿屋男山本家 男山株式会社 (男山酒造り資料館 image:biei.info) 粕汁の大好きな我が家。 定期的に「板粕」を買いに男山さんに出かけます。 300年以上の歴史と文化を継承し、日本を代表する北海道旭川市の酒造メーカーです。 当日はVR撮影をさせていただきました。 → […]
  • 大峨山明覚禅寺 [旭川市東鷹栖]2009年10月24日 大峨山明覚禅寺 [旭川市東鷹栖] 午前5時、薄明るくなってきた自宅周りは濃い霧に包まれています。 「朝霧の時は晴れ!」 言葉通り、この土日は絶好の行楽日和、晴天の予報。 午前10時、自宅から44㎞ほど先にある大峨山明覚禅寺(旭川市東鷹栖)へもみじ狩りに出かけました。 旭川市東鷹栖へ向け 午前 […]
  • 旭橋 北海道三大名橋2015年12月21日 旭橋 北海道三大名橋 今日も気温が高く、国道に出ると路面にはほとんど雪がない。 ただ日陰や高架橋・橋の下ではブラックアイスバーン状態で危険!スピードは控えめに。 霧に包まれた旭川市内 車を走らせ旭川市に入ると視界が悪くなり、濃い霧に覆われてきた。路面状況だけではなく、この時期は視界もあ […]
  • 旭川大雪観光文化検定2013年11月11日 旭川大雪観光文化検定 午後1時:気温0℃ […]
  • 美しい道 ロマンティック街道 [神楽岡通]2013年10月5日 美しい道 ロマンティック街道 [神楽岡通] 旭川市神楽岡から緑が丘ニュータウンにかけて約3㎞に渡る美しい道。 緑のトンネル:プラタナス並木で、『ロマンティック街道』の愛称を持つ。 昭和46(1971)年ごろから植栽され、プラタナス並木としは国内最大級ともいわれている。 すべて葉が落ちた冬から芽吹きを迎える春、そ […]
  • 美しい道 旭川市西神楽5線2013年9月28日 美しい道 旭川市西神楽5線 秋の雲が! 週に何度も自宅 - […]
  • 花藤 [パノラマ]2010年6月10日 花藤 [パノラマ] 午後2時:気温26℃、すでに今日も夏日となっています。 北海道もいよいよ本格的な花の季節: そのスタートを切る花のイベントといえば【花フェスタ】です。 今年も6月9日(水) ~ 13日(日)にかけ、『花フェスタ […]
3 comments to “酒粕 VS こぼれ梅”
  1. Pingback: 英国“生け垣”物語 | 美瑛町360日

  2. お変わりありませんか。

    笑いのある生活は病気知らず。
    落語は日本が生んだ最高の文化ですよね。
    最近になって、中学生時代から好きな枝雀さんの落語を暇があればまた聞き始めました。

    子ども時代の、懐かしい地元の言葉が出てくる度に笑いが止まらない。
    関西弁(京都弁)!やっぱりいいな。
    今の罵声を浴びせるだけのうるさい漫才・芸能界に比べて、同じ笑いでも質が違いますよね。
    年を取り、ますます落語再発見です。

  3. 久しぶりに拝見しました。
    ただいま「ちりとてちん」に家族ではまっています。
    本物の落語が聞きたいねーと話していたところ。
    耳だけは肥えて来ているかもねぇ。
    やっぱり本物は良いですね。

コメントを残す