霧氷(ムヒョウ)

霧氷(ムヒョウ)気温が
-15℃を越えるような厳寒の早朝、周りの樹木の枝は霧氷に覆われます。
この霧氷、空気中の水蒸気が急激に冷やされ、
結晶が木々の枝に無数に付き美しい霧氷になります。

風がなく晴れあがった早朝に発生しやすく、日が昇るとともに消えて行きます。
桜の花以上に、ほんのは数時間のはかない命です。
日が昇り、太陽の光に反射して木々の枝からハラハラと落ちながら、地上に着くまでに消えてしまうその美しさは一際美しいものです。

*霧氷(ムヒョウ)
気温が氷点下のとき、樹木や地物に、空気中の水蒸気や過冷却の水滴が吹きつけられて昇華または凍結してできる氷。生じ方により樹霜・樹氷・粗氷に分けられる。
《季 冬》 国語辞典[大辞泉]

「樹霜」
おもに水蒸気の昇華によって樹木などにできる針状、板状、樹枝状をした氷の結晶。冬の晴れた夜、地面近くが放射冷却によって気温が下がったときに地物や樹木の風上側に成長しやすい。

「樹氷」
おもに過冷却雲粒が冷たい樹木や地物に次々に衝突し、瞬間的に凍った白色不透明の根元が細く扇形のもろい氷で、その形から〈えびのしっぽ〉と呼ばれることがある。樹氷ですっかり被われた樹木はモンスターと呼ばれ、蔵王山、八甲田山などが特に有名である。樹氷のできる温度は普通-5℃以下である。

「粗氷」
過冷却雲粒が衝突してできるのは樹氷と同じであるが、半透明か透明に近い、堅い氷で、気温が0℃に近いときによくでき、粗氷はひょうのでき方に似ている。粗氷のできる条件よりもさらに気温が高く、霧雨や雨滴が付着すると瞬間的に凍りきれず、徐々に凍り透明な氷になる。これはとくに雨氷 glaze と呼ばれる。

コチラの記事も!

  • しばれた!2015年12月23日 しばれた! 日の出直後の十勝岳連峰 今朝はしばれました。 完全防備で朝のウオーキングへ。 美瑛町役場併設の『四季の塔』が霧氷に包まれています。 丘の上からは、霧氷に包まれた『四季の塔』が幻想的に顔を出している。 それにしてもしばれる!手袋をしていても指先の感覚がな […]
  • 霧氷2006年12月9日 霧氷 (霧氷 image:biei.info) 曇り空の割には冷え込みました。 午前6時10分:気温マイナス13℃、この冬初めて宿での二桁の 冷え込みです。 木々は霧氷に覆われ、すべてが巨大な冷蔵庫の中で急速冷凍をされたかの ような光景が広がっています。 […]
  • 今年一番のしばれ!2016年1月25日 今年一番のしばれ! つららが成長した。 間もなく月の入り 街灯一つ無い暗闇の空に、月の光が明るい。 昨日は満月で、今日は月齢 […]
  • 厳寒2008年1月17日 厳寒 バケツが破裂しそうです。08:10 16日、午後7時30分: ふと外を見ると、元旦以来姿を見ることがなかった十勝岳連峰の白い姿が暗がりの中で確認できます。 […]
  • 小型除雪機2008年3月5日 小型除雪機 1日に大雪に見舞われたとは思えない、ここ二~三日の春本番のような暖かさ! 外の気温は5℃もあります。 庭に出て見ると、至る所にネズミの足跡:ウサギではなさそうです。 昨日は全く無かった足跡が、今日の啓蟄に合わせて活発に動き始めたのか? 幸せな気分になる暖かな午後です […]
  • 青い池2009年8月12日 青い池 三日連続で30℃を超す真夏日が続いた美瑛町も今夜からはまた下り坂の予報。 今日は以前からお問い合わせを多く頂きながら、なかなか足を運べなかった白金の「青い池」の近況報告です。 場所は白金街道沿いで分かりやすく、自宅からは車で20分足らずのところにありながら、今年は初めて […]
  • 斑入りカヤツリソウ2012年6月18日 斑入りカヤツリソウ クレマチス 庭先の至る所に絡ませてあるクレマチス。 すでに数え切れないほどの蕾を持っていますが、今年のクレマチス一番花はどうやら玄関前の『ヘンダーソニー』のようです。 クレマチス『ヘンダーソニー』 このヘンダーソニーの開花を初めて見たときはワクワクしまし […]