ムシトリナデシコ [虫取り撫子]


(ムシトリナデシコ.image: biei.info.)

ムシトリナデシコはヨーロッパ原産の一年草です。
日本に入ってきたのは、江戸時代末期のことだったそうで、花が美しく観賞用に導入されたそうです。現在は、どこにでもごくふつうに見られるほか、栽培もされています。

寒さに当たらないと花芽ができないため、ふつう秋まきにしますが、道内では春まき。病害虫もほとんどなく、手をかけずに花が楽しめます。
茎の先端に小さい花が集まって咲きます。茎の途中・途中にねばねばがあって、それに虫が集まってきます。別名にシレネという名前があります。これも唾液という意味があり、ねばねばから来ています。

学名:Silene armeria
和名:ムシトリナデシコ [虫取り撫子]
英名:
科名:ナデシコ科
属名:マンテマ属
草丈:10~60㎝
花径:1~3㎝
性状:一・二年草
原産地:ヨーロッパ、地中海沿岸、アジア、アフリカ
ふやし方:種まき、挿し木、株分け

コチラの記事も!

  • 放射冷却現象2011年12月2日 放射冷却現象 師走に入り、今朝は放射冷却現象により冷え込みました。 この時期一番気温が低くなるのは日の出前の午前6時前後。外の気温を見てみると-12.5℃と、今シーズン二度目の二桁超えの厳しい冷え込みの朝となりました。(本日の最高気温は-4℃:真冬日の予報。) 雪が少ないここまで […]
  • 待ち遠しい収穫2006年6月28日 待ち遠しい収穫 (イチゴ.image: biei.info.) (サクランボ.image: biei.info.) (ブラックベリー.image: biei.info.) (ブルーベリー.image: […]
  • チオノドクサ2013年5月14日 チオノドクサ チオノドクサ:キジカクシ科(ユリ科)ツルボ属 今週も天気はすっきりしない予報が出ています。 とにかく晴れ間が姿を現さない。毎日ドンヨリとした曇り空から時折小雨が降る日ばかり。 そんな天候の中でも植物はあちこちで芽を吹き始めています。 なかでも早春に星形の可愛 […]
  • 北海道、青森は赤飯が違う2004年12月11日 北海道、青森は赤飯が違う (甘納豆赤飯.image: […]
  • 雪害2006年12月6日 雪害 (積雪荷重 image:biei.info) 相変わらず降り続いています。 湿った重い雪が降り続くと積雪荷重や沈降力により、木々の枝が折れたり、 ビニールハウスが倒壊するなどの雪害が気に掛かります。 積雪が重力により沈む際に雪の中のものが折れたり曲がったり。 積雪沈降力 […]
  • 湿雪2009年1月22日 湿雪 今日は歯の治療日で町に出かけました。 今朝は気温が下がり-11℃。 美瑛町中心部へ向かうには途中で丸山橋(美瑛川)を渡らねばなりません。 この丸山橋がくせ者で、橋の両端ともに下り坂で大きくカーブをしており冬場は危険な箇所の一つです。 ちょうど前の車が一時停止の標 […]
  • 春の色2009年3月1日 春の色 穏やかな弥生3月のスタートです。 午前中は時折小雪が舞っていましたが、午後からは空も明るさもすでに春色。 旭川 美瑛町役場付近 慌ただしく出かけ、戻るとすぐに除雪を行いながら […]