, ,

エコケチ大作戦

雪どけ後、自転車をフル活用し始めてもう三週間。 今や主役は自転車 今や車は必要最小限の使用に限り、それ以外は一切使いません。 すでに運転に気をつけなければいけない年齢でもありますので。 地元でカーシェアリングシステムがあ
,

あと僅か

残り僅かな期間、ホームコースへ 1ヶ月先は自転車で走れるかどうか分かりません。 時間の無いときのホームコース:藤野地区です。 自宅から反時計回りに1周:約23㎞。 (時間のある時は3周) 前半11㎞は上りが続き楽なコース
,

一汗かいて

十勝岳連峰をバックに写真を1枚 7月最終日は夏日となりました。 何となく仕事疲れか体調がスッキリしません。 このような時には、逆に思いきって自転車で外へ飛び出します。 短時間で回れるいつものコース:約23㎞を50分程かけ
,

MTB

(キャノンデール ジキル 900SL image:biei.info) 雪の季節を前にして最後MTBでのツーリングに出かけました。 今年はほとんどロードバイクばかり乗っていたせいか、フルサスのあまりのしなやかさに思わずま
,

十勝岳初雪

(初雪 image:biei.info) 練習に出かけると、雲間から雪を被った連峰が姿を現しました。 コースを変更し、約30㎞を走り戻ってきました。 宿の準備と昼食もいそいで済ませ、急きょ空き時間を撮影タイムにすることに
,

ニオ

(ニオ image:biei.info) お盆の期間中30度を超える日が続くとは: 今年の北海道はほんとうに暑い! 日新ダムを目指し、帰りのコースは新栄の丘を通り抜けて宿へと戻りました。 麦わらロールに続き、美瑛の丘では
,

真夏日

(真夏日 image:biei.info) 8月に入り北海道も猛暑が続いています。 冬場の氷点下10~20度の気温になじんだ身体には、プラス25度以上という気温はズッシリと身体に応えます。 舗装路の照り返し、紫外線の強さ
,

美瑛滑空場

(images:biei.info) 夏休みに入り美瑛町も観光シーズンのピークを迎えています。 しかし今年は自転車で美瑛の丘を廻る観光客の数がめっきり少ないように思います。 時々地図を片手に道が分からず声をかけられること
,

白ひげの滝

(白ひげの滝 image:biei.info) 空き時間:1時間。 何となく眠い! しかし寝るのはもったいない。 眠気頭にヘルメットを乗せればいやでも自転車モードに切り替わりました。 いつもの白金温泉_白ひげの滝までスタ
,

水沢新生

(道は続く image:biei.info) すっかりお気に入りに: もともと自転車好きの家内ですが、MTBを操るようになるとすっかり病みつきになってしまいました。 ママチャリでは飽きたらず、自然溢れる美瑛の丘を思いきり